SLEEPー睡眠ー

    つい先週の記事からたった5日の超ハイペース。いったいどうしたことか?
    いつもだったら次は何かな〜と、鼻くそでもほじってビール飲みながらケロさんのブログに茶々入れてるころなんですが、今日は違います!

    先日ふぐり玉ちゃんから「お久しぶり〜ところでフリーエネルギーとかどうなってます?なんかそちらのブログ。読んでるけど複雑怪奇になってきてますね。ついていけな〜い。。(^^;」と催促のメールが、、、
    読者の皆さまもそんな風にお思いとおもいます。
    でもこれが私から言わすと、フリエネも言霊も脳考察も宇宙も何もかんも同じ、同一線上なんです。
    フリエネするには意識の力のコントロールが必要でしょ、意識の力は脳考察が要でしょ、脳考察には宇宙概論でしょ、宇宙知るには波動学でしょ。
    てなわけで、今日はSLEEPー睡眠ー考です。

    まずは<夢の真実(夢考察ブログ)>のめびりん∞∞さんから前記事へのコメント。
    --------------------------
    「座頭鯨の歌」

    山田さんこんにちは^^
    脳の断面図や、データなど、ここは研究機関かっ?って位凄いことになってますね。
    図があるととっても解りやすいです。ありがたいです。

    早速、座頭鯨の歌を聴きました。
    脳みそど真ん中に集まってきました。座頭鯨の声が。
    薄っぺらい曲なのか太っとい曲なのかようやくわかってきた様な気がします。
    座頭鯨の歌を聴いてから、数分間おでこの右側がジリジリジワジワ。

    あとちょっとしたオッ?!があったのでご報告。
    お昼休みに昼寝をしていたら夢をみました。
    で、夢から覚める瞬間、脳の中心から表層脳?に向けて意識が広がっていく(移動していく?)感覚をハッキリと感じました。
    窓際に寝ていたのでまぶた越しに明るくなりました。

    そこで終わると面白くないので、また脳の中心に意識を移動させて(収縮させて)みました。まぶた越しの明るさかなくなり真っ暗闇に。
    ただそれだけなんですけどね^^; オッ?!話は以上です。
    ---------------------------

    というコメントを頂きました。
    始めは意味が飲み込めず、何のことを言っているんだろうと思いましたが、というか普通、少なくとも私は、寝る、起きるはスイッチ一つだけでして、
    この人どーなっとるんだろう、と思い、えすぱー女房に尋ねると、、、
    「アッこれ解る!みんなそうなってるんじゃないの?」と。
    いいえ違います。私はちがいます。
    で、まず読者の皆さまに質問ですが、寝た自分を観察できるか、できないか?、、、このデータを集めたいです。よろしくお願いします。

    で、この結果を待っているだけではなかなか話が進まないので、以下の実験をしてみました。
    ちなみに、以下の実験は意識体と肉体の関係性、つまりかなり器用な脳の使い方ができる人じゃないと危険ですので、真似はしないでください。

    まずえすぱー女房をベッドに横たわらせ、目をつむって貰いました。部屋の明かりは点けたままです。
    そしてめびりん∞∞さん言う処の意識を移動させて(収縮させて)もらいました。
    五感以上の発達した方々はこの「収縮」を理解出来ると思われますが、私を含め普通この感覚は持っていないと思いますので、一応私なりの解釈として、脳の構造的推察です。(ちなみにこれより実験結果の前までの文章はビーちゃん、ホリー、かもめと接続したまま書いてます。後記)

    意識体は松果体を通して脳と接続しています。
    松果体は受胎後わずか3週間ほどで完成し、子供の頃は大きく、思春期を過ぎると不活性化し、概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌します。また、そのリズムと交感神経副交感神経のシフトを司ってます。
    これはそれぞれ受胎後18週以内に意識体が降りる為の準備と、大人になり物質世界で生き抜くための準備、また、時間を持たない意識体に対する時間的リミッターであると考えています。
    意識体及び松果体は潜在意識を司ります。というより潜在意識そのものです。
    一方顕在意識の要は海馬。海馬は脳内で唯一大人になっても細胞数を増やし、脳の発達とともに量(大きさ)を変えてゆきます。
    それは、海馬の都合で情報処理にオーバーフローを起こすことで、扁桃体を刺激します。すると扁桃体が海馬の細胞数を増やす命令を出します。
    これが海馬自身の活動が途切れることなく、海馬自身を成長させるメカニズムのようです。
    余談ですが、このことで脳は老化しない、頭脳は成長し続ける、ということがご理解頂けると思います。
    前記事<BRAIN ー脳ー>でも説明しましたが、この海馬が頭脳の中心、PCで言えばCPUです。
    ただ、大脳の各階層(第一〜第七)もそれぞれCPUを持っています。
    そして第一階層のCPUの中に第二階層のCPUが、第二階層のCPUの中に第三階層のCPUがというように入れ子の構造を成し、故に次元という観念で考察しないと理解できません。
    このことは、過去記事<新宇宙観、陰謀論からの脱却〜アセンションの意味後編vol.3>でも表わしたように上位次元は下位次元にフラクタル内在するということと全く同じ意味を持ちます。脳を考察することで宇宙も解ってくるわけです。
    各階層での出力結果を最終次元(8次元)である海馬が纏め、決定を下すというメカニズムと推測できます。
    また、現代の最新脳科学では後頭部の視覚野とMT野が4層構造をしていることが突き止められています。
    この部位は私が言うところの第一階層〜第四階層(表層脳)に含まれるというわけです。
    ただ、海馬とは最表層脳と大変縁が深く、嗅周皮質や嗅内皮質を介し大脳の内側に丸まった部分で大脳皮質に直結しています。
    このことは深層脳を意識し海馬が発達活性化するまでは、第一階層の大脳皮質がその役割を代行しているということで、言い換えれば、こころを使い深層脳を刺激し海馬が活性化し始めて第五階層〜第七階層が発動するわけです。
    弥勒世界に於ける人類の次元上昇とはこのことを指すのです。
    社会の決めごとや集団意識の洗脳から離れない限り海馬は活性化しないのです。
    そして過去記事<正十四面体_波動基礎理論>で書いたように、フリーエネルギーを完成させるためには六角形の面に直交する力、意識が必要です。この意識力の源が深層脳の活性化なのです。
    海馬3
    図_海馬3

    さて、という前置きがあった上での実験結果です。
    2012/6/26 19:30 <えすぱー女房>
    「睡眠時の脳活動部位推定実験」
    意識を脳の中心に移動させること約1分、えすぱー女房は表面上入眠しました。しかし、私との会話は継続しています。
    決して狸寝入りではありません!
    私が指で瞼を強制的に開けると、えすぱー女房は『まだ光を感じる』と言いました。
    この時瞳はいわゆるレム睡眠である急速眼球運動と寝息を示しました。
    私は『もう少し中心に寄せてみて』と指示します。
    するとえすぱー女房は『暗くなった』と言いました。
    この時点(実験開始後3分経過)で、視覚野第4層から離脱できたようです。
    同時に触覚が徐々に喪失してゆきます。
    私がえすぱー女房の唇や手を触わり、『感じたら言って』と言いました。
    3分30秒位までは会話の中の『感じた』という返答にリアル感があったのですが、4分を過ぎた頃から『まだ光は感じない?』とか、『気分は大丈夫?』などの私の質問に対し、触覚の有無の答えのみ30秒から1分のディレイが出てきたのです。
    ちなみに信じ難いとは思いますが、それ以外のえすぱー女房の全ての答えは覚醒時のレスポンスがあったのです。
    このことは視覚よりも触覚の方がやや深い層で解析しているか、入眠自体が一度に同じ階層に起こるのではなく、部位ごとに入眠するかのいずれかであることが推察出来ます。
    また、会話は恙無く成立していることから、言語野、聴覚野は入眠していなかったと言え、過去記事で日本語は表層脳を使うということから考えても、入眠のメカニズムは部位ごとに進行してゆくと言えると思います。
    実験開始から約7分経過したところで会話のレスポンスが悪くなってきました。言語野が入眠を始めたようでした。
    これ以上は情報が得られそうになく、危険を伴うので強制終了させるため『どうもありがとう、起きようか。意識を広げて!』と声をかけました。
    この時私はえすぱー女房の瞼を指で開けていました。瞳は意識のない状態を示す瞳孔が開いた色をしていました。
    声をかけた瞬間覚醒時同様のレスポンスで瞳は意識のある普通の瞳に戻ったのです。
    と言うことは、えすぱー女房は寝ていたのではなく、聴覚以外の各部分脳と縁を切っていたと言えるのです。

    あまりの驚くべき結果を前に二人で暫し呆然としていました。
    えすぱー女房としてはこれが普通と思っていた自分の特異性に気付き、私としては自分で言い出した脳科学が眼前で実証されたことに驚きました。
    何に付けても、めびりん∞∞さん。貴女のコメントがなかったらこの実験はなかったでしょう。どうもありがとうございました。

    実はえすぱー女房を使った実験はその夜も行なわれました。
    「夢を客観視する」という実験です。
    これについても驚くべき結果がでたのですが、如何せん記事が長くなってしまうので、次回に繰り越したいと思います。
    最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    麻酔

    わぁ、今回の記事も面白いです。
    私が5歳の時に経験した手術前に
    麻酔がだんだん効きはじめた時の感覚に
    似ていたのでコメントしました。

    5歳の時に交通事故にあいまして
    左のおでこの部分の陥没を治す手術でした。
    なので多分あたま中心か全身麻酔だったと思います。

    麻酔科医から、麻酔の注射後かぞえられるだけ
    数を口にだして数えてといわれました。

    最初はハッキリ数えていましたが、
    だんだん呂律がまわらなくなり、
    ことばがでなくなりました。

    腕を触られている感覚もいつのまにか
    なくなりましたが、
    手術室の明るさはわかりましたし、
    先生が母に麻酔が効きましたねと
    話している声などバッチリ聞こえてました。

    反応できないけど、
    周りの状況はけっこうかんじていて
    これから何がはじまるのかなとか考えてました。
    そのうち、スッと暗くなり
    あとは覚えていません。

    以上です。

    逆かもしれませんが

    山田さん、みなさんこんにちは。

    最近脳トレを始めてから、眠りに入る瞬間、眠りから覚める瞬間を意識していたので、丁度気になっていたところでした。

    私、夢はコントロールできると思っていました。で、最近、それが逆に表層脳なのかな、でも感覚は夢だしなぁ、と自問自答していたところです。

    と、いうことで、私の話は逆にレム(浅い)睡眠の状態なのかもしれませんが、一応書き込みさせていただきます。

    最近、眠りに入る瞬間(深く落ちる瞬間?)が自分の中でははっきりしてきたような気がするんですが、その後の夢の中でもたまに脳トレしています。

    頭の中の音階の位置での感触とか、起きている時そのままに。で、そうじゃないでしょ、こうでしょ、とか試行錯誤しています。

    その他の夢は最近覚えていないですが、目覚める瞬間、暗い→明るいは意識していないですが、以前より切り替えが明確な気がします(単に寝起きが良くなったという?)

    その夢の中の脳トレの感覚と同じように、学生の頃、どうしても解けなかった数学の問題を夢の中で試行錯誤して解いて、その手の解き方を夢の中で理解して現実に生かすとか、夢の途中で目が覚めて、どうしても続きが見たくてもう一度寝ると続き開始とか、夢の中での展開変えたくて(これは夢の途中で)無理やりストーリーを変えちゃうとか・・・

    自分の中では夢と分かっているけど、自分で考えたりできる。
    これってレム睡眠だから、と今まで思ってきました。

    ただ、最近眠りの開始と終了が感覚(?)として明確になってきて
    数学の問題解いた時のことを思い出してたのです。どっちなのかな?って。

    あと、夢とは違うのですが、最近の夢から覚めて五感が戻る感覚が
    似ていると思い出したことなので、一応お伝えします。

    妄想かもしれませんが、私、お喰い初め(生後100日のお祝い)の記憶があるんです。
    それって、最近の睡眠の「真っ暗な無」から覚めた瞬間の感覚で、頭に花飾りをつけてもらって光と共にまわりの大人たちが自分を見ている光景が飛び込んできて「嬉しい~」って思った瞬間なんです。

    母に言うと「写真で見てるからでしょ」と笑われますが。
    その後の大人達が会話している様子も少し覚えている感覚があります。

    長くなってすみません。めびりんさんと同じか逆か分からないままです。


    二つ目の瞼

    山田さん、はじめまして。

    いつも楽しく拝見させてもらっています。
    さて、今回の記事にある質問に対する私の回答ですが、寝た自分を何度か観察したことがあります。 私の場合、朝早く目覚めてしまったときなどに目を閉じていると瞼ごしに感じる光が二つ目の瞼を閉じたかのようにフッと消え、真っ暗な闇になる事があります。 この状態がしばらく続くと闇が夢に変り、しばらくの間は夢とは別に意識があり夢を見続けるとやがて客観的な意識は消え自然に睡眠に入ってしまいます。 また、意識して夢に影響を与えようとした場合、夢が消え現実の視覚に戻ってしまいます。 なんとか入眠と夢をコントロールしたいのですが難しいですね。

    それから、今回の記事とは関係ないのですが地下水脈を探すのにダウジングロッドを利用できないでしょうか? 子供のころ、近所のおじさんがその昔水道局の局員が使っていたという2本一組のダウジングロッドをもっていて、それを手にして道路を横切ると下水管があろう場所の上で手に持ったロッドが左右に開き水道管の場所を示すところを見せてもらった事があります。 半信半疑だった自分もロッドを借りてその効果を体験させてもらった事を思い出し、地下水脈探しに利用できないかだろうかと思いました。 でも、下水道などが埋設してある場所では地下水脈と上下水道の区別ができないだろうから使用できる範囲が限定されるか...

    何がヒントになるかわかりませんので思わずコメントしてしまいました。
    山田さん、協力者の皆さん、これからも頑張ってください。
    それでは。

    No title

    おはようございます。 またもや進展していますね。。すごい~~

    少しで歩いていました。関西方面や近県の神社をめぐっていました。

    投稿のコメント拝読し、シンクロを感じたのは京都大原の呂川、律川で、呂律の語源かな? と家人が気づきました。 水のお役目とは意識していませんでしたが、三千院奥の音無の滝でつたないマントラを奏上して、清らかな水の息吹を浴びてまいりました。 京都は本当に水の町ですね。 かもし→はたし などと思いながら鴨川を眺めていました。

    本日の夢の記事で、 昨日行った近県の磐永姫の祠の帰り、疲れたのでバスで目を閉じていましたら、スクリーンの映像がみえてきました。意識ははっきりありました。楽しそうに
    複数の男女がハイキングをしている映像で顕在意識ではまったく知らない人達が、美しい川のほとりの岩や花のあるところで笑っていました。 とうの本人は 大分疲れて
    まったく無の状態で居ました。 こちらに書かせていただき自分の記録に残したいと思います。 (幻影と思い流れてしまいそうなので)。。

    山田さん、はじめまして
    ほとんど理解出来ていませんが毎回必死に読ませていただいてます

    で、
    関係があるのかないのかすらわかりませんが…
    私は寝る前に催眠誘導CDを聴いて体の力を抜くようにしています。そんな時たまにですが視界の端(眼を閉じている)が光る事があります。眼を開いても光源はありません
    最初は驚いて心臓がバクバクしていましたが、最近はなれてきました
    一体なんなんでしょうか?
    気のせいだと言われたらそれまでですが^^;

    見当違いでしたらすみません

    またまた興味深い睡眠のお話をありがとうございます!

    自分の体験とは違うのかも知れないですが
    自分の場合は、「半覚醒状態」だと思っていました。

    かなり眠い時に、目を閉じると、意識は有りますが、暗い画面がいつの間にか
    いくつものビジョンとか情景が移り変わりする状態。
    最初は、そばにいる人と、普通に会話する事も出来ますが、
    その答えのタイミングが微妙にズレたり、
    ビジョンの方の会話が優先して口から出て来て
    それを言っている自分にビクッ!として目を開ける事も有ります。

    その状態になっている時は
    自分の場合、入眠せず、意識が残っている時は
    そのビジョンや会話を覚えていられますが
    そのまま入眠すると、入眠後の夢の記憶だけが残り
    ビジョンの記憶は消えてしまっているような気がします。

    脳トレのおかげ

    山田さん、小麦さん実験お疲れ様です^^
    私の名前が・・・コメントが・・・記事に載ってる!!!!っと、
    朝からハイテンションになりましたよ(笑)
    今回も図付でありがたいです♪

    私、普段は今回の様な事がなかったので気づけたんですね。
    思い切ってコメントしてよかったε-(´∀`*)

    >五感以上の発達した方々

    私ノーマルだと思っていますが、脳トレで変化してきてるのかしら・・。あの自然と拡張する感覚はあれっきりでして(;´∀`)
    小麦さんみたいにやろう!と思って出来たことではなく、たまたまなんです(;´∀`)
    やはりえすぱー女房、小麦さんだからできたことですね。

    お次の”夢を客観視する”は明晰夢を見る方にはもってこいの内容ですね。
    私はいつも夢の中では必死なので客観視するなんてできないだろうなぁ。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    寝た自分を観察できるか、できないか?
    の答えになってないないかもですが、寝ていても外の音が聞こえている事はあります。

    また、寝転んでノートパソコンを触りながら、
    「せーんろは続くよーどこまでもー」と歌っていたのですが、
    (なんでそんな歌歌っていたのだか)
    何秒か寝落ちして夢をみたのですが、起きたら歌の続きを歌っていた事があります。

    よくミュージシャンが寝ながら演奏できると言っているのを聞いた事があるので、意外と普通の事かも知れないのですが、五感が段階的に眠りに入るというのと関係してるかなぁと思って書いてみました。

    時々、寝落ちするタイミングで物凄い轟音が聞こえてビックリして目が覚める事があるのですが、これもなんかのスイッチのオンオフのタイミングが合わなかったのかなぁとか思っているのですが。。。

    後、ベッドで横になっていて、目の前に壁が見えているのでてっきり目が開いていると思っていたら違ってビックリした事も。
    五感ってなんなのかさっぱりわからなくなる事があります。

    質問の意図からそれてしまってすみません。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    脳の起源 その2

    山田様
    懲りずにすみません。

    脳みそが出来るのは受胎から3週間とのことでひとつ答えがでましたが、
    例えば単細胞生物、多細胞生物、植物は脳がないのでしょうか?
    人間への進化過程においてどの部分が脳へ進化、変化したのか
    http://www.seibutusi.net/blog/2007/04/000188.html
    上記サイトによると動く物(どうぶつ)だからだと言っています。
    だとすると、「動きたい」という希望が脳を作ったのでしょうか。
    万物に意識があるとすれば欲望は動物にしかないのでしょうか?

    山田さんに答えを求めて困ってしまうかもしれませんが
    自分はどうしてもそこのところが「みそ」に思えて仕方ありません。
    求めなければ与えられないとどっかで聞きました。

    山田さんの魅力は私にとって、そのあくなき探求心。なにかぼんやりと誰もが
    気になったことを徹底的に思考して人を説得してしまう。そんな魅力が
    が人を呼ぶんだと思います。
    それがフリーエネルギー????

    確かに山田ファミリーのみなさんは山田さんに対しての協力を惜しまない人ばかり
    に思えます。またその協力することによりお互いのエネルギーが相乗効果して
    山田ファミリーネットワークができる。
    それって脳みそそのものだったりして。

    偉そうなこと言ってごめんなさい。
    探求心に乾杯です。

    Re: 麻酔

    shihoriさま
    > 麻酔がだんだん効きはじめた時の感覚に
    > 似ていたのでコメントしました。
    > 腕を触られている感覚もいつのまにか
    > なくなりましたが、
    > 手術室の明るさはわかりましたし、
    > 先生が母に麻酔が効きましたねと
    > 話している声などバッチリ聞こえてました。
    > 反応できないけど、
    > 周りの状況はけっこうかんじていて
    > これから何がはじまるのかなとか考えてました。

    この時点で手術が始まっちゃったら辛いですよね。
    shihoriさんのケースは平気だったようですが、中には駄目な場合もあるかもしれません。
    脳の使い方は人それぞれですから医学はそういうところを追求して欲しいものです。


    今回の考察を終えて気がついた重要な問題があります。
    気付かれた方も多いと思いますが、
    『脳死問題!』
    です。
    脳波測定法を改善しないといけないかもしれません。
    ただ更なる検証を重ねないと解らないことが多過ぎます。
    そこで、医療、特に脳科学分野にお就きの方でご協力頂ける方からのご連絡をお待ち申し上げます。
    結論を述べるには時期尚早ではありますが、今回の実験により、脳死による臓器移植は殺人の可能性を少なからず含む結果が出てしまったと言えるでしょう。
    高度な変性意識を計測しない限り人類は神の領域を超えてはいけないのではないでしょうか?

    山田貢司

    Re: 逆かもしれませんが

    ももすけさま
    > 最近、眠りに入る瞬間(深く落ちる瞬間?)が自分の中でははっきりしてきたような気がするんですが、その後の夢の中でもたまに脳トレしています。
    > 頭の中の音階の位置での感触とか、起きている時そのままに。で、そうじゃないでしょ、こうでしょ、とか試行錯誤しています。
    > その他の夢は最近覚えていないですが、目覚める瞬間、暗い→明るいは意識していないですが、以前より切り替えが明確な気がします(単に寝起きが良くなったという?)
    > その夢の中の脳トレの感覚と同じように、学生の頃、どうしても解けなかった数学の問題を夢の中で試行錯誤して解いて、その手の解き方を夢の中で理解して現実に生かすとか、夢の途中で目が覚めて、どうしても続きが見たくてもう一度寝ると続き開始とか、夢の中での展開変えたくて(これは夢の途中で)無理やりストーリーを変えちゃうとか・・・
    > 自分の中では夢と分かっているけど、自分で考えたりできる。
    > これってレム睡眠だから、と今まで思ってきました。

    いいえ!レムじゃないです!
    というかレムとノンレムの分け方に問題ありです。正しくは複数次睡眠です。
    詳しくは次回の記事で発表しますが、夢の内容からそれが推測できるはずです。

    > 妄想かもしれませんが、私、お喰い初め(生後100日のお祝い)の記憶があるんです。
    > それって、最近の睡眠の「真っ暗な無」から覚めた瞬間の感覚で、頭に花飾りをつけてもらって光と共にまわりの大人たちが自分を見ている光景が飛び込んできて「嬉しい~」って思った瞬間なんです。

    私は物心ついたのが30過ぎなので比較になりませんが、えすぱー女房は凄いです。
    産道通った記憶があるそうです。

    確証はないのですが

    自分は大した経験も記憶もないので
    生意気な意見でしたらすみません。。。


    万物に意識があるということは

    意識と脳は別物であり
    脳のある生物の場合、意識が脳を活用しているにすぎない

    意識(魂)が胎児に宿るのは「つわり」の時で
    母体はある意味異物に抵抗する

    肉体が滅ぶと約49日間、意識体として現世にとどまる(成仏する場合)

    ヒトの意識のベース位置は
    「ハート!」と言って指す[胸]である

    転生するときは
    高次元意識体と相談して自分で両親を選び、記憶を消して胎児に宿る

    「卒業」したら転生しなくなる

    じゃないかなぁ~
    と思っています


    自分は脳トレを始めてから二回だけ
    超リアルな夢をみて飛び起きました

    たまたまかなぁ??

    脳死問題

    山田さま

    ご返信ありがとうございました。

    脳死問題とあって、そうだなとおもいました。
    なにをもって脳死とするかが問題ですね。コアな意識はあるのに(まだ中にいるのに)表面的なことで死んだと認識されるこわさを感じました。

    ちなみに、先の交通事故で
    病院に担ぎ込まれた時の記憶も
    あるのですが、
    その時の映像がなぜか
    自分の周りを浮いているような
    目線でした。横たわる自分は
    お気に入りのドラえもんの下着を
    着ていたのですが、それを
    スタッフの切るよという声とともに
    ジョキジョキ切られてしまい、
    あああー‼とおもったシーンを
    上から見ていて、
    私は寝ている自分と
    対面するかたちで浮いていました。
    とにかく慌ただしい雰囲気だったのを覚えています。
    いま思うとあの時完全にカラダの外にいたなとおもいます。
    いつのまにか戻ってましたけど。

    あと、0歳の時の記憶は断片的に
    あります。
    昼寝から目が覚めたら、
    まわりに誰もいなくて
    ただ天井を眺めている記憶とかですが、
    部屋のレイアウトとか
    寝てる位置が母の証言と一致したので、あれは0歳のときだったんだなとわかりました。
    あと、母がお産入院中に撮った写真を見て(私は映ってなくて、親戚のお祖母さん達がお茶してる写真)
    ああ!このばあさんたちに抱っこされて誰?と思った!と思い出したり。顔はよく見えなかったけど、
    着ている着物がみんなだいたい同じ色で、わーわーかしましく話しながらお茶している音を覚えています。

    それを他の人に話したりすると
    嘘でしょー?とか言われるので、
    そうなのかな?写真みて勝手に想像しただけなのかな?と思ったりしてましたが、
    なんとも思わない写真もあるし、
    記憶は鮮明だし、いまは想像ではないとおもっています。

    それにしても小麦さんの産道はスゴイですね!(◎_◎)
    さすがにそこまでは記憶にないですσ(^_^;)
    ずっと流れを覚えているわけではなく、
    断片的に記憶があるかんじです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 二つ目の瞼

    ジョリわんさま

    コメントどうもありがとうございます。

    > さて、今回の記事にある質問に対する私の回答ですが、寝た自分を何度か観察したことがあります。 私の場合、朝早く目覚めてしまったときなどに目を閉じていると瞼ごしに感じる光が二つ目の瞼を閉じたかのようにフッと消え、真っ暗な闇になる事があります。 この状態がしばらく続くと闇が夢に変り、しばらくの間は夢とは別に意識があり夢を見続けるとやがて客観的な意識は消え自然に睡眠に入ってしまいます。 また、意識して夢に影響を与えようとした場合、夢が消え現実の視覚に戻ってしまいます。 なんとか入眠と夢をコントロールしたいのですが難しいですね。

    やはりいらっしゃいますね、こういう方。
    大脳後部視覚野のスイッチがオンオフを繰り返したわけですね。
    どうも本格的睡眠と視覚野のオフには関係性がありますね。
    貴重な情報どうもありがとう。

    > それから、今回の記事とは関係ないのですが地下水脈を探すのにダウジングロッドを利用できないでしょうか? 子供のころ、近所のおじさんがその昔水道局の局員が使っていたという2本一組のダウジングロッドをもっていて、それを手にして道路を横切ると下水管があろう場所の上で手に持ったロッドが左右に開き水道管の場所を示すところを見せてもらった事があります。 半信半疑だった自分もロッドを借りてその効果を体験させてもらった事を思い出し、地下水脈探しに利用できないかだろうかと思いました。 でも、下水道などが埋設してある場所では地下水脈と上下水道の区別ができないだろうから使用できる範囲が限定されるか...

    これは現在でも旧体然としている水道屋さんは使っているようです。私もやったことあります。
    水脈を見つけるというより、目に見えない何か全般を発見する技術で、潜在意識の力を利用したものです。
    誰でも可能なので仰るように地下水脈の検証に使えますね。
    綺麗な地下水脈をしっかりイメージすれば情報のコンフリクトも防げるんじゃないでしょうか。

    Re: タイトルなし

    銀白さま
    コメントどうもありがとうございます。
    > 関係があるのかないのかすらわかりませんが…
    > 私は寝る前に催眠誘導CDを聴いて体の力を抜くようにしています。そんな時たまにですが視界の端(眼を閉じている)が光る事があります。眼を開いても光源はありません
    > 最初は驚いて心臓がバクバクしていましたが、最近はなれてきました
    > 一体なんなんでしょうか?

    2つの可能性があるんじゃないでしょうか?
    1つは視覚野の錯覚。
    もう一つはクンダリーニ症候群、いわゆる覚醒前夜ではないでしょうか?

    Re: 見当違いでしたらすみません

    涙腺ゆるゆる星人さま

    > かなり眠い時に、目を閉じると、意識は有りますが、暗い画面がいつの間にか
    > いくつものビジョンとか情景が移り変わりする状態。

    ここで視覚野がオフしたんですね。

    > 最初は、そばにいる人と、普通に会話する事も出来ますが、
    > その答えのタイミングが微妙にズレたり、
    > ビジョンの方の会話が優先して口から出て来て
    > それを言っている自分にビクッ!として目を開ける事も有ります。

    聴覚野がオンオフを繰り返している状態ですね。

    > その状態になっている時は
    > 自分の場合、入眠せず、意識が残っている時は
    > そのビジョンや会話を覚えていられますが
    > そのまま入眠すると、入眠後の夢の記憶だけが残り
    > ビジョンの記憶は消えてしまっているような気がします。

    深い睡眠に入った時(最深層脳オフ)とそうでなかった時の差じゃないでしょうか。

    たぶん部分脳睡眠説を裏付ける現象ではないでしょうか。

    Re: 脳トレのおかげ

    めびりん∞∞さま
    > 私、普段は今回の様な事がなかったので気づけたんですね。
    > 思い切ってコメントしてよかったε-(´∀`*)

    いや〜、あのコメントなかったらこの記事なかったです。マジで。

    > はやりえすぱー女房、小麦さんだからできたことですね。

    目の前で起こっていることに目を疑いましたから、ホントどーなってるんでしょうね。

    Re: タイトルなし

    ○さま
    > 初めて座頭鯨の歌を聴いた後に、脳トレの音源を聴いたのですが、頭部の奥行きが広がるような、後頭部が斜め上奥に進むような感じがしました。その一度だけですが。脳トレでドキュンときてから、反応する場所がいつも右耳後ろの下の方です。シンクロを今まで以上に感じたり、空耳を三回聞きました。空耳の内容は私の名前を呼ばれたり、子どもに話しかけてる声が聞こえたり、おーい(^O^)という他愛ない感じの声が聞こえました(笑)

    明らかに効果が現れてきましたね!
    ただ、そういった空耳やこころの声を精査するのは、もう少ししてからの方が良いと思います。
    このまま海馬の活性化を続け、霊体記憶が沢山溢れ出すようになってからその声に耳を傾けてください。
    現段ではほとんど全てが誤情報ですから。
    次の記事(脳解析)
    その辺にも触れますから。

    Re: No title

    じゃむさま

    コメントどうもありがとうございます。

    > 寝ていても外の音が聞こえている事はあります。

    皆さまのご意見聞いていると、
    どうも聴覚野深層が一番寝難いようですね。
    最深層脳と関わりが深いのかもしれません。

    > 時々、寝落ちするタイミングで物凄い轟音が聞こえてビックリして目が覚める事があるのですが、これもなんかのスイッチのオンオフのタイミングが合わなかったのかなぁとか思っているのですが。。。

    それはビックリしますねー。
    もし再度そうなったら、前後の状況お教えください。

    > 後、ベッドで横になっていて、目の前に壁が見えているので」てっきり目が開いていると思っていたら違ってビックリした事も。

    これも前出に似ていますね、聴覚ではなく視覚のバージョンですね。
    これも後日談などお願いします。

    Re: 脳の起源 その2

    もももさま
    > 脳みそが出来るのは受胎から3週間とのことでひとつ答えがでましたが、
    > 例えば単細胞生物、多細胞生物、植物は脳がないのでしょうか?

    もちろんです。

    > 人間への進化過程においてどの部分が脳へ進化、変化したのか
    > 上記サイトによると動く物(どうぶつ)だからだと言っています。
    > だとすると、「動きたい」という希望が脳を作ったのでしょうか。
    > 万物に意識があるとすれば欲望は動物にしかないのでしょうか?

    進化論は全くの空想物語です。
    人類の脳は異次元生命体の介入による産物です。
    そして欲望とは受精するために欠かせない意識です。
    それが大きく進化し、様々な欲を産み出したのです。
    しかし、人類はそういった雑多な欲望から解放される時期に到達したようです。
    それが表層脳から最深層脳へのシフトであろうと考えます。

    Re: 確証はないのですが

    パインさま
    > 万物に意識があるということは
    > 意識と脳は別物であり
    > 脳のある生物の場合、意識が脳を活用しているにすぎない

    その通りです!

    > 意識(魂)が胎児に宿るのは「つわり」の時で
    > 母体はある意味異物に抵抗する

    これも正しいです。

    > 肉体が滅ぶと約49日間、意識体として現世にとどまる(成仏する場合)

    これは3.3次元幽界の消滅により意識体が高次に戻る時間を要しなくなりました。
    今はかかっても2日くらいです。

    > ヒトの意識のベース位置は
    > 「ハート!」と言って指す[胸]である

    そうです。

    > 転生するときは
    > 高次元意識体と相談して自分で両親を選び、記憶を消して胎児に宿る

    これも同意です。

    > 「卒業」したら転生しなくなる

    ここだけ私は違う考え方です。
    次元世界存続のため意識体はここ最下位次元に降りてきます。
    脳を使い上位次元の環境を整えるためです。
    いわば仕事をしに降りてきている。
    ですから「カルマ」というここの倫理観念から発生する概念は存在せず、仕事が終われば戻るだけ。
    さらに意識体の修行的考え方も下からのものの考え。
    意識体記憶は全ての善悪、全ての正邪を知っているから。

    こんんちは

    本文を読み、皆様のコメントを読んでいたら、同じような経験をなさってる方がいらっしゃったので、思わず書き込みをしたくなってしまいました^^;

    私も、じゃむ様と同じような経験がよくあります。
    寝ようと思って目をつむって暫くすると、天井を見ている事があります。
    あれ?まだ私起きてる?と思って目を開けて…
    開けるという事は、やはり目はつむってるんですよね。

    休日に居間で昼寝をしていると、家族がしゃべってるのが聞こえたり…この時は、体は寝てるけど、頭は起きてるんだな…という自覚があります(暫く聞いた後、また寝てますがw)。

    寝起き直前や寝入りばなに『バンッ!』とドアを思いっきり閉めた時のような大きな音がしてビックリして起きることも、よくあります。
    勿論、誰もドアの開閉はしてません。
    あの音はどこから聞こえるのか不思議です。


    次の『夢を客観視する』記事、楽しみにしてます♪

    Re: 脳死問題

    shihoriさま
    > ちなみに、先の交通事故で
    > 病院に担ぎ込まれた時の記憶も
    > あるのですが、
    > その時の映像がなぜか
    > 自分の周りを浮いているような
    > 目線でした。
    > 上から見ていて、
    > 私は寝ている自分と
    > 対面するかたちで浮いていました。

    これ完全な臨死体験ですね。

    > あと、0歳の時の記憶は断片的に
    > あります。
    > 昼寝から目が覚めたら、
    > まわりに誰もいなくて
    > ただ天井を眺めている記憶とかですが、
    > 部屋のレイアウトとか
    > 寝てる位置が母の証言と一致したので、あれは0歳のときだったんだなとわかりました。

    うらやましいです。私はなあ〜んにも憶えてないんです。

    > それにしても小麦さんの産道はスゴイですね!(◎_◎)

    えすぱー女房の頭んなかはどーなってるんでしょうねー。

    Re: No title

    めびりん∞∞さま
    > 私の中ではシックリくるサイトをご紹介します。(以前、夢の真実ブログでも同じサイトを紹介しております。)
    情報どうもありがとうございます。
    ざっと目を通しました。
    今は正にこのテーマが旬なので、影響されたく、ざっとです。
    でも今回の記事を書いて気付いたことはどうも大問題のようですね。
    実は今まで脳死のことなど考えたこともありません。
    ほんとに急遽ですが、この問題はヤバいです。

    Re: こんんちは

    amamiyaさま
    > 寝起き直前や寝入りばなに『バンッ!』とドアを思いっきり閉めた時のような大きな音がしてビックリして起きることも、よくあります。
    > 勿論、誰もドアの開閉はしてません。
    > あの音はどこから聞こえるのか不思議です。

    え〜っ!じゃむさんの爆音と一緒じゃないですか?
    何でしょう?
    これは考察する価値ありそうですねー。

    梅津かずお

    梅津かずおのマンガで、意識があるのに身動きもできず、脳死と思われて心臓を取り出されてしまう話がありました。

    怖いです。
    脳波と意識は全く違うんでしょうね。
    意識は脳波では測れない。

    怖い。

    寝る瞬間

    こんにちは

    今回のお話の後、コメントを読んでいて思い出したのですが、わたしもたまに寝る時に瞼の中がびっかびかに光る時が何回かあります。窓の外で雷でも光ったかというくらいに。でも目を開けたら暗闇です。
    あんまり深く気にしてないので普段忘れてましたが、同じ様な方がいらっしゃるんですね。
    寝る関係で言えば、居眠り時に意識がある状態で夢を見ます。パーテンションのあるCPUを両方実行してる感じでどっちがリアルかわからなくて面白いです。
    あと、寝る瞬間なんですがたまに意識をギリギリまで保てる時があります。その際、水が流れる様にどこかに流れていくのですが、その方向が後頭部の奥のあたりにむかって流れて行きます。そこって深層脳?のあたりですかね?
    まぁ、ギリギリの瞬間は意識が強くなると起きてしまうのですが、流れに身を(意識を?)まかせると、それはそれは気持ちがいいのです。
    まるで、頭から空に落ちていくかんじです。意識に地面は無いのでこの様な表現になっちゃいました。

    Re コメントありがとうございます。

    山田さん パインさん
    コメントありがとうございます。

    脳と意識は別物というのは正直無かった感覚です。
    考えていることすべては脳の中だけで行っているものとの感覚でした。
    たしかにパインさんの言う通りハートとか魂というと胸の部分ですよね。
    また、
    >脳のある生物の場合、意識が脳を活用しているにすぎない
    ということは脳をパソコンに置き換えた場合、オペレータが
    意識ということですよね???

    脳みそをも動かす意識とは、、、なんだか自分でもびっくりです。
    自分のことは自分がよく知っているというのはやっぱり間違いだったようです。
    人に理解されないことに腹を立てたこともありますが、それって意識が足りず
    脳みそを活用できていなかった、使い切れていなかったということに気づいたように思います。脳みそのポテンシャルはほぼ同様にみんな持っているにもかかわらず
    差が出てくるように見えるのは意識の高さ?(意識の高い低いがこの場合の表現に
    合っているかどうかは疑問ですが・・・)がその脳のポテンシャルを引き出すか
    どうかってことですよね。

    パインさんここでお聞きしたいです。
    では、高い意識を持っていたにもかかわらず脳を使いきれていない前出のこと
    反対ってあると思いますか?
    それは「高いと」思い込んでるうぬぼれでしょうか。
    高い意識=脳の活用上手という図式になるのかなぁー。
    是非コメントお願いいたします。

    玉蔵さんの「考えるな感じるんだ」というのは脳みそを動かしている
    意識があることを信じろというふうにあらためて聞こえてきました。

    考えて、考えて、考え通しても答えは見つからない。とりゃそうですよね。
    パソコンはオペレータから何か操作しなければ動きませんからね。

    これからは意識を強く持ち?んっ?そうではなく、 意識を意識して生きてゆこうと決めました。
    ありがとうございます。

    強風爆音

    強風爆音

    過去に2度あったことなんですが、
    寝落ちする頃に「ゴォー」というか「ビュ~」というような、風の音を聞きました。
    大きい音です。

    1度目は、
    しばらくただその音を聞いていて、次に
    「なぜ風の音がするんだろう。。。?」
    「窓が開いてるのか。。。?」と考えてました。
    そしたらじわじわと背中から自分が抜け出るような感覚が始まって、
    「うわーなんだこれー」とちょっと焦って、現実に目が覚めました。

    実際、窓も開いてなくて風も強くない日でした。

    2度目も寝落ちする頃、強い風の音に身を包まれましたが自分が抜け出るような
    感覚はなくそのまま寝ちゃいました。

    後日この事をエスパーな友達に相談したところ、
    「幽体離脱ではないようです。(僕が)自身の魂を感じた状態みたいです。」
    というような説明をしてもらいました。

    自身の魂と回路がつながった瞬間なのでしょうか?
    考えられる意識がまだある状態で起こったことです。

    あとは同じようなタイミングで、
    色鮮やかに流れていく光やら、
    格子状の緑の網の上にいくつかの惑星があって、
    惑星のある所では網が下に引っ張れているいる、そんな映像が見えたこともあります。
    夢ではないですね。
    そんな時は翌朝でもしっかり記憶に残っています。

    音に関しては、同じような経験されてる方もおられるようですね。

    Re: 梅津かずお

    すぽさま

    > 梅津かずおのマンガで、意識があるのに身動きもできず、脳死と思われて心臓を取り出されてしまう話がありました。
    > 怖いです。
    > 脳波と意識は全く違うんでしょうね。
    > 意識は脳波では測れない。
    > 怖い。

    しかし、ヤバいことに気付いちゃいましたよね。
    いったい今後どんな展開が待っているんでしょうか?
    いつものことですが、全く予想つきません。。。

    No title

    同じ体験されてる方がいて嬉しくなりました。

    寝ながら聞こえている時は比較的起きている状態に近いようにも思いますが、聞こえ方がいつもと異なっているように思います。
    エコーがかかったようなボリュームも若干大きいような。
    昼休み中等うつらうつらしている時なども、遠くで小さくなっている音と思われる音がはっきり聞こえる感じがします。

    壁が見えている件は、起きているけど脳内の映像をみているのかもしれないな、と思っていました。
    (確かめようがないので、よくわからないんですよねぇ。)
    というのは、眠りに入ってしまう前に、夢というか映像が見える事があり、意識は起きている時からまだ連続している状態なので、
    「何ですか?この映像?」
    てな唐突な映像が何コマか見える事があるので。
    そのまま夢見たり寝てしまったりすることもありますし、映像について考えて目が覚める事もあります。
    本当にごく短い時間の事ですけど。

    轟音は宇宙の音がいっぺんに聞こえてきたかと思ってました。
    フィルターが外れて、地球が回っている音とかそんなもんが聞こえているのかしらと(笑)
    でもamamiyaさんのドアのばんというのだとちょっと違う感じですね。
    何が聞こえているんでしょうねぇ。
    これも脳内の音って事もありえますよね。

    ただ、目や耳がなくても本当は見えて聞こえてるんじゃないのかしら?
    と思ってしまうんですよねぇ。
    だし、本当はもっと見えてて、もっと聞こえているんじゃないかしら?
    とも。

    後日談らしきものが書けなくて。こんなんですみません。

    バンッ!

    こんばんわ。
    私も寝入り際にバンッってかなり大きい音を聞いたことがあります。
    ここ数ヶ月以内に一回だけですが。
    同じ経験のある方がいらっしゃるのを知って驚きました。

    1Rの部屋に一人で寝ているので部屋には誰もいないですし、
    玄関を外から叩かれたのかと思ってビックリして目が覚めましたが、
    意識がシャットダウンされる瞬間なのかと思ってそのまま寝ちゃいました。

    話は変わりますが、妄想してる時って目は開いてますが、目の前の景色は
    全然見えなくなって、完全に違う情景を思い浮かべて見てますよね。
    昔から妄想は得意技?なんですが、あれは脳のどの辺を使ってるんですかね?

    初めてコメントさせていただきます。
    私も、皆さんと同じ様な経験があります。
    子供の頃、うたた寝をしたのですが、確実に寝ているはずなのに、意識があり、隣の部屋にいる人の会話が、起きている時よりボリュームが大きく聞こえ、まるで耳元で話しているのではないかと思うほどでした。うたた寝とはそういう物だと思っていました。
    それから、先日ですが、あまりの眠気に耐えられず30分ほど寝たのですが、バチン‼と額を平手で叩かれた様な衝撃と音がして飛び起きました。その日は私と娘しかいなかったため、娘にやられたと思いましたが、娘は別の部屋にいました。
    もう一つ。瞑想をしようと目を閉じ、深い呼吸をし始めると、ほぼ毎回、暗い視界であろう空間ギリギリいっぱいに白い輪がバーンと強い光を放ちます。一瞬のことで、もちろん目を開けても発光するようなものはありません。
    どれも何だかわからないままですが、答えが見つかりそうでワクワクしてきました!

    映画みたい!

    山田さんいつも興味深い記事をありがとうございます。

    こちらの記事を読んでてまるで「インセプション」という映画の話しかと思ってしまいました。第4階層まであったり、外部の人間が「キック」で起こしたり…。夢に対する検証結果がすごく楽しみです^^

    ところで音階脳トレやろうとしてるのですが、(たぶん)低いドと更に低いドが脳内で二重に響いてて、中々トレーニング出来ません;何となく仏教に関する音だなぁとは思ってますが、この組み合わせに意味はあるでしょうか…?;

    No title

    6月29日の反原発デモは、10万人を超えたようです!

    http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/06/post_5248.html

    ありがとうございますm(__)m

    山田さん
    ご返答ありがとうございます

    なるほどです!勉強になりますm(__)m

    確かに
    去年5月に叔母が亡くなったときは
    2ヶ月近く、見守られている感じがしていましたが
    今年、叔父が亡くなったときは
    翌日の夜に様子を見に来た感じがしましたが、その翌日には去ってしまった気がしました。


    もももさん
    ご指名ありがとうございます(*^^*)

    専門家でも何でもない自分が
    現段階で認識している範囲内ですが


    一般的に[意識]には
    顕在意識と潜在意識(無意識)があり、
    その境目あたりに変成意識(確か4Hzくらいの周波数で脳波はα波とθ波を跨ぐ感じ)があり
    その他、集合意識や名前がまだない意識やらで解明されているのは未だ1割程度かと…
    そして「高い意識」という表現は、割と顕在意識に対して用いる言葉ではないでしょうか?(今後は対象が拡がるかな?)

    顕在意識自体が意識全体の1割程度だと自分は思っていますので

    「高い意識=脳の活用上手」とは限らず、[自惚れ]と断定も出来ないと思います。
    ですから
    脳を多角的に使う事と
    意識の高い・低いは
    表現意義が違ってくるのではないでしょうか?
    意識の在り方や脳の活用の仕方には
    個性がある様ですし

    約9割を占める[無意識]の中にこそ
    答えや真実がたくさん詰まっている気がします(夢も含めて)

    偉そうに書いてますが自分も解らない事だらけで勉強中です(^o^;)
    間違いがありましたらビシバシと
    ご指摘をお願いしますm(__)m



    字、まちがえました。。。

    変[性]意識でしたm(__)m


    あと、転生ですが
    必ずしも未来に転生するとは限らないので

    時間は直線上ではないし
    どの時代に転生するかは自由度がある
    ですよね?

    寝入りばなの音&声

    山田さんおはようございます^^

    皆さんのコメント欄を見ていると嬉しくなります。
    皆さんもあるんですね~。ドアを閉める様なバンっ!とかパンッ!とか
    私もあります^^
    加えて男性の声(低い厳しそうな声)でオイッ!ってーのもあります。旦那?と確認するんですけど横でスヤスヤ寝てるしなぁ。おかしいなぁみたいな。
    普通に生活していても男性にオイッ!て言われる時もあります。
    帰ってきた~と小走りに玄関に行くとだーれもいない事が何度かあります(;´∀`)(これはまたちょっと違う話になりますね。)

    耳がダンボ?になる わかりますわかります~。
    妙な感じです。ヒヤヒヤする感覚・・・・波打つ感覚・・・
    うーん表現するのが難しいですが。

    銅貨さんへ
    私もインセプションを見た時、面白いと感じました。
    『夢の世界は現実世界の20倍速くなる。』
    20倍かどうかわかりませんが、夢の世界の方が断然時間の経過が速いです。例えば1時間しか寝ていないのに1日生活した位のストーリーだったり。

    轟音

    おはようございます。

    みなさんの寝入りばなの音の記事を読み、私も何度か同じ経験をしているので、これまで自分を観察して気付いたことを書いてみます。

    1、意識がブラックアウトする前後10~20秒くらい、かすかな歯噛みをします。
      これは口を閉じた状態で、歯の上下も数ミリ~5ミリ程度の動きなので最初のうちは自覚がありません。
      周囲の人も気付いてないと思います。

    2、何度めかの歯噛みとブラックアウトにインする瞬間(寝落ち)がちょうど重なった時、
      〈ガクッ!!〉と少し大きい歯噛みをします。
      この時の音と衝撃が頭蓋内に響き、〈轟音〉となって目が覚める。

    3、タイミングがあわなければ、そのまま寝落ち。

    最初のうちは私も「今のはなに?!」と、とても驚きました。
    それもだんだん慣れてくるとその時の自分を冷静に観察するようになってきて。

    じつは昨晩もこれで目が覚めてしまい、「あぁ、また寝そびれちゃった~」と言うまでに!(笑)

    歯噛みは毎晩ではなく、その日その時の体調などで出るみたいです。
    私個人の経験と観察なので、「あぁ、そんなにコワいものじゃないのね」程度にご自分を振り返ったり観察されたら、また違った新しいナニカが見つかるかも知れないですね。

    医療の現場では「聴覚は最後まで残る感覚器官ですから、(患者さんの)名前を呼び続けて下さい。」
    という話をなにかで聞いたことがあります。
    眠りにも、大きく関わってくるのかな~?。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    感覚の順番

    私も寝入りの時に、バンっとドアを閉める音や、
    男の人の『おいっ!』て言われる声聞こえます。

    寝入るときの感覚の順番なのですが、なぜか私は、一番始めに聴覚が閉ざされているような気がします。

    いつもTVをつけて寝るのですが、寝入る瞬間に、まったく無音の状態になります。

    『あれ、静かだな…TV消したっけ?』
    と思って、更に聴覚に意識を集中させるとやっとTVの音が聞こえてきます。

    また、また眠りが浅くなっている時も意識ははっきりあるのですが、無音になります。

    音がないと眠れないので、慌ててTVをつけようと起きると、
    ちゃんとついてて、音が聞こえました。

    人によって、感覚を遮断する順番がそれぞれあるのでしょうか。









    パインさま

    パインさま

    いつも貴重なご意見に感謝してます。

    可能であれば一度お話したいのですが、如何でしょうか?
    空メールをブログにあるアドレスにお送り頂けませんでしょうか?

    > あと、転生ですが
    > 必ずしも未来に転生するとは限らないので
    > 時間は直線上ではないし
    > どの時代に転生するかは自由度がある
    > ですよね?

    ↑この見方はスカラー場とベクトル場の相関関係を理解しないと中々出来ないです。凄いっす。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    居場所がなくなった意識

    私、全身麻酔の経験が5回あります。

    全部、周りのことはわかるし、意識はあるのに体が動かない」

    という状態(おそらく数分間)のあとブラックアウト。

    聴覚は最後まで残った感覚で、けっこう色々聞こえてるんです。

    が、一度だけ、意識を失わなかったことがあったのです。

    「1から順番に数字を数えてください」のあと、ろれつが回らなくなり、手術が始まるのですが、全部聞こえるし、全部見えている。

    不思議なのは、その時の目線。

    だんだん下がっていってしまい、ナースが使っている銀色のワゴンの脚が見えている。

    そのうち、さらに恐ろしいことに、感覚が戻ってきた。が、「痛い」が来ると思ったら、来ない。

    いや~な金属音でゾクゾクする、とか、私の体をぞんざいに扱う様が気持ち悪いとか。

    実際の体感覚は麻痺しているのに、聴覚や視覚が作り出してしまう感じ。

    ちなみに、私、右手のケガで薬指と小指の神経が断裂していて、あまり感じないのですが、たまに、すごーーーくかゆくなります。
    かいてもかいても、ものたりないのだけど。
    戦争で腕や足を失った人たちの感覚に似てるかも。

    で、感覚は鋭くなってゆくのに、体はどんどん鈍くなっている。

    結果、私の意識は居場所がなくなっちゃって、仕方がないので、自分の体の中をぐるぐるぐるぐる、まわっていたのでした。

    といっても、全身を血液のようにめぐっているのではなく、

    どこか、DNAとか?細胞とか?にダイブしたかんじ。

    行きも帰りも、螺旋。ぐるぐる。

    瞑想のときみたい。

    で、ここからは(いや、これまでも)ガイキチ話なんですが

    DNA?細胞?の奥には、おばあちゃんみたいな人がいて、選択をさせられた。

    (子供を死産した時だったので)
    「この子と一緒にいるか、それを渡すか」

    これは心の声で、実際におばあちゃんがしたのは、手のひらを上にして両手をさしのべ、「それ」を受け取る姿勢。

    渡した途端、急上昇して帰還。

    病院のベッドの上には、麻酔が覚める時間がきたとき、瞼だけ「カっ」と見開いたまま目覚めない私。

    自分の意識が体の、というか、脳のなかに戻ってからも、しばらくは寝ている感じ。

    目は見開いてるのだけど、実際に見てる景色は今度は上から。

    どれくらいの時間だったかはわからないけど、必死で私の瞼を押さえている夫さんの手の感触が温かいなぁ、と思ったら、目覚め。

    このときから、私は、「すべてのものはフィールドであって境目はないんだ」という変な実感を持つようになりました。













    No title

    はじめまして。
    興味深い記事にワクワクしながらいつも読んでいます。

    寝ることについて関心があり、以前「夢の真実」でも書き込んだことがあるのですが、
    入眠についての記事なら私もデータとしてお役にたてるかもと思い初コメントをしてみます。
    ここ最近、寝る時に目の奥に意識を集中させると寝やすいんじゃないかと思っていたのですが、どうもそれだけじゃない、なんだろうと考えていたところでした。
    記事を読んで意識を表層から深層へ向かわせて行くというのを読み、これだ!と昨日実践してみました。
    結果、すんなり入眠に持って行くことが出来ました。意識を全方位的にジワジワと中心に流して行くようなイメージです。少しずつ意識できるものごとが消えて行くような感じでした。
    途中、意識を失ったようで、いつのまにか視界に意味をなさない図形が現れては消え、を繰り返しているのを認識した瞬間意識が一部戻り、あ、自分今寝る直前だった、と気付きました。なるほどこうやるんだなーとそのまま寝ることにした次第です。

    爆音、ちょっとこれはただのストレスだったのかもしれないんですが、寝入る間際に耳の裏側、脳の方から暴風のような爆音が響いて、怖かったことを思い出しました。寝るのを怖いと思うくらい恐怖でした。そのころはいわゆる思春期で、怖いものがいっぱいの頃です。意識と脳の機能が大分ずれてたのかな?今ではもうありません。

    No title

    楽しく読ませていただいてます。以前、「森の魔法」の方でメッセージさせて頂いたものです。あの時は丁寧なお返事をありがとうございました。

    いつもは、解るような~解らないような~解らん、でも楽しーと読ませていただいてましたが、前回、今回の記事はなぜかすっと入ってきました。
    なので思わず書き込みしたくなりました。

    睡眠、というとこでは皆さんのような経験はないのですが(意識もしてなかったですー)、
    4年前に10日間の瞑想合宿に行ったことがあるんですが(6年前にも経験あり)、ある時、瞑想するのに目をつぶって、意識を息に集中して、思考の波を止めて行くなかで、
    瞼は当然閉じていたのですが、その瞼が一枚(?変な表現ですいません)ではなくて、
    閉じて、閉じて、閉じて・・・と何枚も閉じていく感覚があり、その度に少しずつ視界が暗くなっていって、その後に自分の枠組みが無くなり、どんどん広がってく感覚がありました。

    それでも目と、痺れが残った足の感覚だけが最後まで消えず、なんだかそれだけが自分として存在してるような感覚だったのを今でも憶えています。

    その合宿では、解らない事だけを質問できる指導者がいるので、「この体験は、変な方向に行ってないでしょうか?」と質問したところ(なぜこんな質問をしたかというと、中には、光が見える~宇宙を見た~!という人がいる(笑)ため、それは妄想か、変な方向に行ってますよ、と指導者が話していたのを聞いた事があったからです)、
    それで正しい、と。そして、その目や足の感覚も消えたら、ここ(胸を指差して)に「入っていきなさい。」と話されていました。

    その後、またその感覚にはなれず(笑)、あれきりなんですが、「入っていきなさい」というその意味が、「入って?入って、なんだ?」と、解るような解らないようなで、これもまた今でも憶えています。

    前回、今回の記事を読んでいて、あの「瞼を一枚一枚、何枚も閉じていくような感覚」は、今回の
    >入眠のメカニズムは部位ごとに進行してゆく
    というとこに似てるなあ、と思い嬉しくなりました。
    ずいぶん遠いけど、ちょっと近くなったぞバカボンファミリーの道!(笑)

    そうそう、何名かの方が「目を閉じていて、目の端が光る事がある」とコメントされてましたが、私も一時期よくありました。
    一回目の瞑想合宿のあと、数ヶ月間、時々目の端にフラッシュでもたいた様にピカッと。私の場合、目を開けていても閉じていても、だったのですが。
    あれ、なんでしょうねー。スピ系の人には「天使のフラッシュだよ!(きらきら~)」(ごめんなさいゲロゲロで 笑)って聞きましたが。はははは。


    今回の記事、上に書いたような事もありますが、
    21年前に母を脳死で亡くしているので、少し複雑な気持ちもありました。
    そうだったのかなあ・・・うん、そうだったか、ごめんね、というか。
    医師の方が読者にいらっしゃって、できるだけ早く、解明されると良いですね。

    つぎの更新も楽しみにしてます!

    おいっ!

    ヤバいです。あります。
    『おいっ!』って言われたことが。

    もう10年くらい前ですが、夏に多分風邪をひいたんだと思いますが、昼寝を
    していたら、顔の前で男の大きな『おいっ!』という声がして目が覚めました。

    その頃は金縛りにも2回あったし、足音も聞いたし、子供が布団の中を
    足元から顔の方にモゾモゾって上がってくる夢なのか現実なのか分からない
    経験をした(当時ウチに子供はいなかった)時期だったので、霊的な何かが
    作用したものかと思っていましたが、同じように『おいっ!』を聞いた方が
    いるのにビックリしました。。。

    因みにそれ以来、霊的?な経験は皆無です。

    Rid*さん 

    ごめんなさいね。

    お母さまを亡くされた時のこと、辛かったでしょうね。

    脳死を身近に経験した方もいらっしゃるのに、私の書いたことはとても軽率でした。

    本当にごめんなさい。

    意識と脳波の事は、どこまで解明されているんでしょうね。
    現代の医学が遅れているとはいえ、流石にあのマンガのようなことが起こらないだけの確信はあるはずですよね。 

    それにしても、現代の科学は遅れていますね。 いまだに自分たちの体の仕組みも全部わからないのですから。

    私は母と弟を亡くしているので、二人は今、どんなところにいるんだろう と、時々考えます。 もう生まれ変わっているかな。

    あちらの世界に帰った時に、あちらの住人が「お帰り~。お疲れ様。」とお祝いしてくれると、どこかで読んで、それが私にとってだいぶ救いになりました。

    Riz*さん、一緒にこのブログを元に、あれこれ探求しましょうね。





    扁桃体考察

    japonismeさま、アライさま、じゃむさま、Jokerさま、Kamuhiさま、めびりん∞∞さま、ハクツルさま

    皆さまコメントどうもありがとうございます。
    こんなにプライベートな情報がたった半日でこれだけ集まるというのも、もの凄いことじゃないかと思うのですが、ここでこういった話しを交換し合えばし合う程、世間の常識(例えば医療)などからかい離していくことを痛感します。
    同時に確固たる新理論を打ち出し、証明しなきゃいけないなぁと、身の引き締まる思いです。

    2012/6/30 23:15<かもめ、ホリー、ビーちゃん>
    視覚野の件については誤作動も多いようなのですが、視覚野聴覚野ともに入眠臨界時のクンダリーニ症候群様現象と言えるようです。
    意識体は松果体をインターフェイスに脳に接続し、松果体が作り出すリズムに縛られ神経を介し全身と繋がっているようなのですが、入眠と同時に扁桃体にも接続するようなのです。理由は夢を司る為のようです。
    また、深層脳使用時も睡眠時同様、意識体は扁桃体も接続点にするようです。
    そして扁桃体とは側頭葉奥にあり恐怖を司るパーツです(by最新脳科学)。
    恐怖は生命を守るためのリミッターです。しかし深層脳亢進状態では意識体が接続するため恐怖が減るようなのです。
    かなり前から「恐怖は無知の裏返し」とビーちゃんに言われていたのですが、人間とは正に智をもって恐怖を払拭するように出来ているようです。

    Re: 映画みたい!

    銅貨さま
    > こちらの記事を読んでてまるで「インセプション」という映画の話しかと思ってしまいました。第4階層まであったり、外部の人間が「キック」で起こしたり…。夢に対する検証結果がすごく楽しみです^^

    私も観ました。ほんと、そんな感じになってきましたね。

    > ところで音階脳トレやろうとしてるのですが、(たぶん)低いドと更に低いドが脳内で二重に響いてて、中々トレーニング出来ません;何となく仏教に関する音だなぁとは思ってますが、この組み合わせに意味はあるでしょうか…?;

    銅貨さんの場合はchachaiさんに相談した方が良いかもです。
    変性意識耳鳴りじゃないでしょうか?

    Re: 感覚の順番

    みほさま
    > 寝入るときの感覚の順番なのですが、なぜか私は、一番始めに聴覚が閉ざされているような気がします。
    > また、また眠りが浅くなっている時も意識ははっきりあるのですが、無音になります。
    > 人によって、感覚を遮断する順番がそれぞれあるのでしょうか。

    どうもそのようですね。
    睡眠はというより脳の使い方は人の数だけあるのでしょう。
    そういう意味でも脳科学が正しい方向で発展していって欲しいものです。

    Re: No title

    peaceさま
    コメントどうもありがとうございます。
    > 以前、夢の中で、一面の緑色の麦の穂畑にかぶっていた麦わら帽子を飛ばした
    > 夢をみました。翌朝、母に言うと、それよくないから、もう一回見直しなさいと言われ…。翌日、やり直しました(同じ場所に行き、飛ばした帽子をブーメランのように取り戻しました。)

    凄い、そんなことできるんですねー。

    > 今朝の夢で、引っ越しあとの部屋に入り、奥の窓を開けると、下の方に美しい渓谷があり、ハヤが泳いでいて、きれいだなと思っていたら、渓谷に移動してました。
    > 対岸に行こうと思うのだけど、“いつも夢で泳ぐと、距離短いと思ってもけっこうかかるんだよな~”と客観的に考え、泳ぐのを止め、また上の奥の部屋に戻っていました。
    > これも、夢の客観視になりますか?

    えっと、ちょっと意味が違うんです。まあ次記事を読めば驚くと思います。
    暫しおまちを。

    Re: 夢の中で

    みゅうたんとさま

    コメントどうもありがとうございます。
    > 眠りに入る時は 操作出来ないけど、覚醒直前は 操作出来ると思う。

    脳の使い方(個性)により様々なケースがあることに驚いています。
    貴重な情報ありがとうございました。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    すぽさま

    こちらこそ、気を使わせてしまってごめんなさい!
    すぽさんのコメントに反応したんではないんですよー。

    母はね、生前から実家である岩手に帰りたがってた人で、
    私たち家族は「もうおばあちゃんの所に帰してあげよう」って考えての決断でした。
    闘病生活もかなり長かったですし。母の双子の叔母だけは岩手に
    「仏壇の扉閉めて!ばあちゃんがつれてくから!」って、電話してましたけど。

    そういう事情があるお家もあるだろうし、今回の脳死のことに関しては反応それぞれでしょうね。
    でもそれはすぽさんや山田さんの記事にあててではなく、
    その方の「ボタン」が刺激されてしまったからなんじゃあないかなって私は思います。

    すぽさんもお母様、弟さんを亡くされてる、とのこと。辛かったでしょう。

    >あちらの世界に帰った時に、あちらの住人が「お帰り~。お疲れ様。」とお祝いしてくれると、どこかで読んで、それが私にとってだいぶ救いになりました。

    私、母っ子で、中学まで母と一緒にお風呂は入れる人で、
    亡くなってずいぶん長い間、母の死を受け入れられませんでした。
    それが、5・6年前かな?死んで以来、初めて母の夢を見たんです。
    その中の母は、死んだ当時の姿ではなくて、程よく年を取っていて、
    しかもものすごく元気で明るい人だったんです。
    私も年をちゃんと取っていて。

    母は優しく明るい人だったと姉達は言うけど、私の中の母はさびしい人で。
    でも夢の中の母は、本当にものすごく明るくて元気でたくましくって、
    あれが本質の母の姿だったのかなあ、と夢から覚めて考えたら、
    そこでやっと、母はもう大丈夫、私も大丈夫、と受け入れられたんです。
    夢なんで、なんの確証もないですけど、
    なんかそんな気がしますよ。

    あ、ちなみにすぽさん、私もブルーボトル、やってます(えへ)。


    山田さん、すぽさんへのお返事をどこに書いて良いか解らず、
    コメント欄に本文と関係ないことをずらずらと書いてしまって、すみませんでした。

    今回も大変興味深い記事と皆さんのコメントですね。

    数回だけ明晰夢を見たことがありますが、初めて見たときは感動して日記に書きました。その日記をひっぱりだして見ると、「夢の途中でこれは夢だと気がついて思いきって高いところから飛んでみた。飛ぶまでにちょっと怖くて時間がかかったが、飛び出してみると浮いて辺りの景色も見え、そして心の底からの喜びが湧いてきた。すぐに夢から覚めてしまったが、目が覚めてもしばらくその至福感が残った。自由になった喜びというか、今まで感じたことのない強い幸福感で体が包まれた感じだった。」
    こんな風で今もあの至福感はなんだったんだろうと思います。あの気持ちが一生続いたらなぁなんて思いますが、最近は全然明晰夢を見れません。

    また、たまに夢の中で音楽を聞きますが、かなりのボリュームでそのまま目が覚めても周りでは音がしてないので、あれはどうして聞こえるのかなぁと思っています。

    Re: 居場所がなくなった意識

    anさま
    > 一度だけ、意識を失わなかったことがあったのです。
    > 「1から順番に数字を数えてください」のあと、ろれつが回らなくなり、手術が始まるのですが、全部聞こえるし、全部見えている。

    それは恐ろしい体験されましたね。
    anさんからのこういった情報ほんと役に立ちます。ありがとうございます。
    分析力が凄いです。

    > で、ここからは(いや、これまでも)ガイキチ話なんですが
    > DNA?細胞?の奥には、おばあちゃんみたいな人がいて、選択をさせられた。
    > (子供を死産した時だったので)
    > 「この子と一緒にいるか、それを渡すか」
    > これは心の声で、実際におばあちゃんがしたのは、手のひらを上にして両手をさしのべ、「それ」を受け取る姿勢。
    > 渡した途端、急上昇して帰還。

    これぞ臨死体験ですね。
    anさんがおっさんな理由解った気がする。

    > このときから、私は、「すべてのものはフィールドであって境目はないんだ」という変な実感を持つようになりました。

    私はこういった経験や能力まったくないですが、
    皆さまからの情報、ビーちゃんやその他の意識体情報、思い出した情報、繋ぎ合わせると、やはり世界は場(フィールド)なのだ。と考えています。

    Re: No title

    サナさま
    コメントどうもありがとうございます。
    > 記事を読んで意識を表層から深層へ向かわせて行くというのを読み、これだ!と昨日実践してみました。
    > 結果、すんなり入眠に持って行くことが出来ました。意識を全方位的にジワジワと中心に流して行くようなイメージです。少しずつ意識できるものごとが消えて行くような感じでした。
    > 途中、意識を失ったようで、いつのまにか視界に意味をなさない図形が現れては消え、を繰り返しているのを認識した瞬間意識が一部戻り、あ、自分今寝る直前だった、と気付きました。なるほどこうやるんだなーとそのまま寝ることにした次第です。

    これ凄いです!言わばこれは『入眠脳トレ』ですね。
    深層脳を強化し最終的には海馬活性化を目指すわけですが、成り行き的に最表層脳を沈静化しなければならないわけですから、理に叶ってると思います。
    ただ、急激に意識の出し入れは危険があると思いますので、今晩は1回、明日は2回というようにじょじょに経験を重ねるべきです。

    質問よろしいですか?

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませていただいてます。


    質問よろしいでしょうか?

    私の場合なんですが、
    睡眠に入ってから、体は全く動かせない状態で、聴覚だけが機能している状態のときに、頭の中から音楽や歌が聞こえてきて それを聞こうとすると大音量になるんですが、
    この大音量のときに、頭の外側が痛いやら痺れるやらなんですが、音量を下げるのに 喉の辺りから心臓のほうに向けて意識を下ろしていくと音量が下がっていくんです。
    意識を下げきると音は消えます。
    この意識を上げたり下げたりしながら音量の丁度いいと感じた位置に意識を置くと安定した音量になるんです。

    そして、聞こえてくる歌と一緒に歌うように発声してみると、
    遅れて遠くの方から自分の声が聞こえてくるんです。
    発声した感覚に力をいれた感じになると音程がズレて聞こえます。

    これは一体何が起きているんでしょうか?


    突然に失礼しました。

    よろしくお願いします。


    Re: おいっ!

    Jokerさま

    > ヤバいです。あります。
    > 『おいっ!』って言われたことが。

    これ私もあるんです。
    光と轟音の意味は先ほど解りましたが、『おいっ』は未だです。
    ちょっと集中力が不足かな〜。
    次の記事までには何とかしたいと思います。
    でも、なんで皆日本語なんだろ〜?

    Re: 意識と放射線

    すぽさま
    > ビーちゃんたちは、どういう風に言っているのでしょうか。

    ぜーんぜん問題なしですよー、って言ってますねー。
    気にした者負けですね。

    それより電子レンジの方が悪いっす!

    Re: 夢

    時空の底さま
    > また、たまに夢の中で音楽を聞きますが、かなりのボリュームでそのまま目が覚めても周りでは音がしてないので、あれはどうして聞こえるのかなぁと思っています。

    音楽耳鳴りとメカニズムは似ていると思います。chachaiさんの出番かな?
    ただ、表層の聴覚野と耳のリミッターの関係性は、大麻の使用などで明らかに関連付けられます。
    ですので、睡眠中の聴覚野深部の活性化と側頭葉の問題であることは推測できます。

    「瞑想実験」

    Rid*さま
    コメントどうもありがとうございます。
    > その合宿では、解らない事だけを質問できる指導者がいるので、「この体験は、変な方向に行ってないでしょうか?」と質問したところ(なぜこんな質問をしたかというと、中には、光が見える~宇宙を見た~!という人がいる(笑)ため、それは妄想か、変な方向に行ってますよ、と指導者が話していたのを聞いた事があったからです)、
    > それで正しい、と。そして、その目や足の感覚も消えたら、ここ(胸を指差して)に「入っていきなさい。」と話されていました。

    「瞑想実験」2012/7/1 23:30<ホリー、うずめ、かもめ>
    今私もやってみました。
    始める前にホリーから「頭痛くなるぞー」といわれました。
    で、出来たかどうかといえば、出来ました。そして今、側頭葉の頭痛がしています。
    解ったことは、、、
    胸はフィールド的に海馬と繋がっているようです。
    なので表面から順に停止命令をしておいて、表層に戻ったら全く意味がないので、最後は海馬に落ち着くという意味でしょう。

    やってみて思うのですが、確かに変性意識の強化にはなりますが、そのまま入眠するのと違い、平たく言えば寝起きの悪いような状態を敢えて作り出します。なので頭痛があるのですが、脳は状況に応じてすぐ慣れていくので回をこなせば問題はなくなると思いました。

    > そうそう、何名かの方が「目を閉じていて、目の端が光る事がある」とコメントされてましたが、私も一時期よくありました。
    > 一回目の瞑想合宿のあと、数ヶ月間、時々目の端にフラッシュでもたいた様にピカッと。私の場合、目を開けていても閉じていても、だったのですが。
    > あれ、なんでしょうねー。スピ系の人には「天使のフラッシュだよ!(きらきら~)」(ごめんなさいゲロゲロで 笑)って聞きましたが。はははは。

    これも理由が判明しました。
    これは理論脳(PCで言えばCPU)を表層脳からそれ以下の階層に移すときのバグです。
    コンピュータに例えれば、第一階層が8ビット演算、第二階層が16ビット演算、第三階層が32ビット演算、第四階層が64ビット演算、、、、と続き最後の海馬が1024ビットだったとします。
    意識を中に集中しだすことで理論脳は高次へと切り替わります、しかし覚醒時に於いては視神経、聴神経などから途切れることなく随時情報は入力されます。
    その連なった情報に対し、演算の基本フォーマット切り替えタイミングに演算しきれない情報がバグとして発生することが、光や轟音として知覚されるのです。
    なので、天使はまったく関係ないです。

    わたしも?

    普通にねむりについて、
    ときどき夜中に、目をつぶっているのに
    まぶしい!まぶしい!と(部屋はもちろん真っ暗です)
    なったことがつい最近ありました。

    それから、夢についてですが
    私は今日の出来事を夢の中で、抽象的に処理しているという感じが
    最近多いです。
    情報を
    (目の前でおこったことや自分の中にある声や感情も)
    頭はリセットしてくれるために、働いてくれているような感じもすれば、
    目がさめてから、夢の映像を繰り返し思い出していると
    「あ、そういうことかぁ」と突然、気づきがきたり
    まったく抽象的すぎて頭ではとても理解できなくて
    だから心でリプレイすると、「そうかぁ」と心で「思う、感じる」という感覚でしょうか。
    そういった形で、メッセージを受け取ることがしばしばあります。

    もしかしたら、この記事にはなにも関係がないかもしれませんが・・・。

    どうもおじゃましました。

    自分もでした

    山田様、こんにちは。
    お返事ありがとうございます。

    コメントを興味深く拝見させていただいているうちに
    自分も同じ体験をしていましたので、また書かせて下さい。

    寝入りばなの、ドアのようなもののパタンという大きな音や
    聞き慣れない男性の「おいっ!」という声や似たようなニュアンスの掛け声は
    何度か聞いてます。

    ハクツルさんのように、私も歯噛みの感覚が気になっていて
    ハッと意識が戻った瞬間に歯に圧を強く感じてます。

    私の場合、パタンという轟音の時に、身体も反応して、片腕だったり、片足だったりが少し浮き上がってからパタンと布団に打ち付けられる状態になります。
    実際には、そんなに強く打たれてないのですが、轟音と同時になるので、
    かなり強い衝撃が残るのです。

    お久しぶりです。


    目の端がキラキラ。ふーん。と思っていたら、しょっちゅうあります。僕もバグだと思ってたのですが、やはりそーなんですね。

    それと、思いっきりくしゃみをしたときにしばらく視界全体がキラキラするのも視覚的なバグでしょーか?ちなみに8年ほど前から日中空を見てたりすると、くしゃみせずとも一面が光の粒子のようにキラキラ輝いてるのですが何のバグなんでしょうか?それと半透明のマルチョンが視界のあちこちを動きまわってます。大きさは直径1㎝未満です。外に出るとはっきりくっきり視えます。いまだにわからないし、何の害もないのでほっといてますが。6年ほど前に白峰悠天氏にそのことを伝えると、意味深にウムと頷いただけで結局分からずじまいでしたが笑

    こんばんは

    『バタンッ』『おい!』多いんですね~
    旦那や息子に話しても信じてくれなかったので、こんなに沢山の方が聞いた事あると、ヨカッタ自分だけじゃなかったと自信がつきました(笑)

    ところで夢なんてすが…1年以上夢日記をつけています(覚えている時だけです)が、6月16日に自分が呼ばれて宇宙(地中?)に移動する夢を見たのが最後、夢を見ないのです。
    見ないという事はないと思うので見てはいるのでしょうが、覚えてないのです。2週間以上も開いたのは初めてです。
    そんなに疲れてるわけでもストレスを感じてる感じもないのですが、日記をつけてる身としては、夢を覚えてないのはつまらないです…

    以前、山田さんがホリーちゃんとの話で『現実』の自分がいなくなる(死ぬ?)と夢はつまらなくなる、というような事を書いていらっしゃったのを思い出し、こういう事なのかな?と思った次第です。
    もしかしてあの夢は、『現実の私』がどうかなったのかな~なんて考えてました。

    なんだか妙な話ですみませんm(_ _)m


    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: No title

    anさま
    > 声紋分析のほうのブログに、勝手にリンク張りました。
    相互リンクはりました。
    よろしくお願いいたします。

    皆さまへ
    ちょっと家族で富士山行ってきます。
    数日リコメントが滞ってしまいますことをお許しください。

    山田貢司

    パインさんありがとうございます。

    山田様
    いつもすいません。もももです。

    山田さんコメント欄でパインさんにメッセージを送ることお許しください。

    パインさんのリ・リコメントを読んでからずいぶん考えてしまいました。
    「考える」こと事態が顕在意識であれば、考えない方がいいのか、玉蔵さんみたいに
    感じているだけでいいのかわかない今日この頃です。

    無意識の領域といってもピンときません。それが脳トレなのでしょうか?
    パインさんは無意識の定義(というと堅苦しい言い方ですが)はどのようにお考えですか?
    ここ何日か考えていたのですが
    例えば心臓の鼓動、動きは自分ではどうにもならないですよね。
    目をつぶる。鼻をつまむ。息をとめる。耳をふさぐ。これはできます。
    ですが、心臓は基本的に自分ではコントロールできないですよね。
    運動すれば早くなり、休めばゆっくりに脈拍が変わりますが、
    「変わる」ですが「変える」は普通できないですよね。
    もう一つ、夢を見ますがその内容は支離滅裂だったり、話や場面が飛んだりしますよね。それを自分の意のままにできたら、無意識ではなくなるのでしょうか?
    「覚醒」とよく山田さんがおっしゃいますが平たく言うと「気が付く」、
    知らないことを知る。脳の潜在意識を知るというか、潜在意識を垣間見るという方が
    いいかもしれませんが、それが夢ということ???

    顕在意識=自分の範囲、潜在意識=自分の範囲外とするなら、
    例えば街をあるいていて、いろいろな状況がありますよね、車が走っていたり
    道を歩く人がいたり、道端にお店があったり、それはそこにいる人やそれを
    作った人の意志ではありますが、自分が作ったものではないですよね。
    となればそこのその状況、見知らぬ街にいる自分は無意識の中にいるようなもの
    に思えてきています。今見えているものは自分の心を反映しているものという方がいますが、自分ではなくまた、あなた(2人称での相手)ではなく、彼らがおのおの造った現実世界が自分の範囲外であり潜在意識となる。っというように一つの仮説を立てました。

    自分の書いたものを読み返すと自分とあなた(複数形のYOUの意)しかない世界。
    光と影の世界。+と-の世界。2極しかない世界。
    随分せまーい世界にいるんだなーおれは、、、、。
    でも、光だって分光すれば虹色になるし、+にだってマイナスの要素はきっとあるだろうし、なんだって細分すれば違った見方ができるのだろう。
    まだまだかなぁー。

    山田さん、パインさんきっと追いつけると思いますで
    お二人の意識の外に置いといてください。
    宜しくお願いします。

    No title

    こんにちは。お返事ありがとうございました。
    あれから、「入眠脳トレ」寝る時だけ一日一回、とためしています。

    効果としてはかなり寝つきが良くなりました 笑
    あと、試した初日にはなかったのですが、2日目から独特な体感があります。
    脳みその真ん中あたりを起点として、垂直にぶわんぶわんフラフープ回してるような感じです。向きは決まって時計回り。なんやこれ?振り幅広げたりできるのかな?とか思ったんですが、あんまり変なことはせんとこうと感じるままにしています。その体感を感じたあと寝入ります。これって何が起こってるんでしょう?危険なものでしょうか?

    Re: 質問よろしいですか?

    みなさま

    コメントどうもありがとうございます。

    > 質問よろしいでしょうか?

    他の皆さまのご質問に答えていて、みなさんだけリコメせずすみません。
    ご質問の内容がポイントを突いているので、次の記事のネタにさせて頂こうと思っております。
    少々お待ちください。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: わたしも?

    rihoさま

    コメントどうもありがとうございます。

    > 私は今日の出来事を夢の中で、抽象的に処理しているという感じが
    > 最近多いです。
    > 情報を
    > (目の前でおこったことや自分の中にある声や感情も)
    > 頭はリセットしてくれるために、働いてくれているような感じもすれば、
    > 目がさめてから、夢の映像を繰り返し思い出していると
    > 「あ、そういうことかぁ」と突然、気づきがきたり
    > まったく抽象的すぎて頭ではとても理解できなくて
    > だから心でリプレイすると、「そうかぁ」と心で「思う、感じる」という感覚でしょうか。
    > そういった形で、メッセージを受け取ることがしばしばあります。

    顕在意識で側頭葉の更新された情報を睡眠中に再構築しているのだと思います。
    詳しくは次の記事にて書いてゆきます。

    Re: タイトルなし

    マチェーテさま
    > それと、思いっきりくしゃみをしたときにしばらく視界全体がキラキラするのも視覚的なバグでしょーか?ちなみに8年ほど前から日中空を見てたりすると、くしゃみせずとも一面が光の粒子のようにキラキラ輝いてるのですが何のバグなんでしょうか?それと半透明のマルチョンが視界のあちこちを動きまわってます。大きさは直径1㎝未満です。外に出るとはっきりくっきり視えます。いまだにわからないし、何の害もないのでほっといてますが。6年ほど前に白峰悠天氏にそのことを伝えると、意味深にウムと頷いただけで結局分からずじまいでしたが笑

    これまだ何だか解っていません。今後の課題ですね。
    えすぱー女房も似たようなものを度々観るそうです。
    バグとは関係ないと思います。

    Re: すぽさま宛のお返事を読んで

    つぶさま
    > 以前から放射能の影響について問題無しとの事、私は私自身の考察で腑に落ちつつあるのですが、まだ人を説得出来る程には分かっていません。

    次次回放射能について触れます、お待ちください。

    Re: タイトルなし

    amamiyaさま
    > ところで夢なんてすが…1年以上夢日記をつけています(覚えている時だけです)が、6月16日に自分が呼ばれて宇宙(地中?)に移動する夢を見たのが最後、夢を見ないのです。

    貴重な資料です。どうかお続けください。

    > もしかしてあの夢は、『現実の私』がどうかなったのかな~なんて考えてました。

    かもしれませんが、多分多次元脳の活性化のためじゃないでしょうか。

    Re: No title

    サナさま
    > 脳みその真ん中あたりを起点として、垂直にぶわんぶわんフラフープ回してるような感じです。向きは決まって時計回り。なんやこれ?振り幅広げたりできるのかな?とか思ったんですが、あんまり変なことはせんとこうと感じるままにしています。その体感を感じたあと寝入ります。これって何が起こってるんでしょう?危険なものでしょうか?

    危険まではいかないでしょうが、少しペースを落としてみてください。
    そこから解ることも多いでしょう。

    もももさま

    山田さま
    先日は貴重な会話をありがとうございましたm(__)m
    理屈に関係なく、いつも府に落ちます♪


    もももさま
    自分の勝手な解釈がたまたま山田氏との見解に共通項があるというだけかも知れませんので100%鵜呑みにしないでくださいネ(^^;

    [無意識の定義]とのこと。
    さまざまな諸説がありますが自分はザックリと「意識をフォーカスしていない部分全て」だと思います

    また、心臓の鼓動は呼吸法で(ある程度)変えられますし、[目をつぶる、鼻をつまむ、息を止める、耳をふさぐ]も無意識にやるときもあります

    潜在意識と夢の関係や潜在意識自体が
    解明の途中ですから
    早合点せずにひとつひとつ検証していきましょう

    二極化で成り立っていた時代は終わりを遂げ、全てが無限大の可能性が[現出してきている]時代に既に突入しています

    「ホログラム理論」が真実かも知れませんよ?!

    信じる信じないは自由だし
    他者を開眼させるのは烏滸がましいと自分は思っています

    「考えるな、感じろ!」とは
    第6感以上の部分に真実があるからだと思います

    日々の生活で色んなことがありますが、先ずはリラックスして全てを味わいませんか?
    そこから気付きが増すと自分は思いますm(__)m

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    No title

    ガビーン
    実験用のモーターが破損
    価格は36000円だと・・・
    しかし知らないということはいいこともあるもので、モーターの定格の数倍の条件でテストしていたわけです。
    ところがある条件下でテストしているときはまったく異常がなかったのです
    ところがノーマルテストで簡単に破損してしまった。
    それであれやこれや、この現象を考えました。
    ある条件下=物質 です
    まだ仮説の仮説だけど「物質は意識にハタラク」かもです
    だから意識は物質にハタラクが成り立ちます。
    これってすごくないですか物質が意識にハタラク

    構造ってやはり必要なのでは
    しみじみ思いました
    構造があるがゆえに意識もあると考えられます。
    そうでなければ、わけのわからん脳回路があるはずがありません
    ふと思いつきのように書き込みしました
    わけのわからん話ですいません。
    おじゃまでしたら削除願います。

    Re: 昨日はお邪魔しました。

    NSY3さま
    > 半重力の件、サイ学会?のビデオです。
    どうもありがとう!
    昨夜は思わぬ深酒でしたが、非常に内容の濃い会話ができました。
    まあ、下北で呑んでるミュージシャンそのものでしたが、、
    兎に角今後に繋がる意見交換でした。
    繋げましょう!

    Re: No title

    chachaiさま
    > 実験用のモーターが破損
    > 価格は36000円だと・・・

    なんと!ずあ〜んぬえん。。。。。
    そういった費用を何とか電磁力渦加熱で賄えるようプチ講演がんばります。
    次回は明後日三島に行ってきます。

    > ある条件下=物質 です
    > まだ仮説の仮説だけど「物質は意識にハタラク」かもです

    私も今そこにいってます。
    これはシンクロでも何でもなく、必然だと思います。
    全く違う角度から同様な考えに行き着く、これこそ確信になってゆく道ではないでしょうか。

    > 構造ってやはり必要なのでは
    > 構造があるがゆえに意識もあると考えられます。
    > そうでなければ、わけのわからん脳回路があるはずがありません

    多分そこを見つける為に脳考察を続けているんだと思ってます。

    プラチナ色と黄金色

    山田さん、こんにちは! 熊本ではありがとうございました。v-7
    山田さんのブログ面白いです! そして今私が活動していることにとてもリンクしているので、大変興味深いです。
    山田さんに質問です。私は部屋のなかですわっていると、視界にプラチナ色の光がちかちと見えるときがあります。またロイヤルブルーの色の光がちかちかとしているときがあります。初めは目の錯覚かなと思っていましたが、どうも錯覚ではないような気がしています・・・ お話相手の周りにも見るときもあります。光が見えるときは決まって楽し気持ちの時です。
    また睡眠時に今日あったことや、明日のことを考えたり、大切な友人の顔を思いうかべていたりなんかしている時に、目を閉じているのにまるで車のライトが急に目の前に現れまぶしくて目を閉じていまうような光を見るときもあります。なんだこれ?っとあまり気にせずにいました・・・
    やはりこの視覚の現象も脳のしわざなのですね?? 

    私のチャクラの開きかた

    1、座禅を組みます。
    2、背筋をピンと伸ばします。(頭の先まで)
    3、口から息を吐ききります。全身におもいっきり力を入れて吐き切ります。特に第三の目のあたりに意識を集中してください。
    4、鼻から一気に、第三の目のあたりに吸い上げます。
    5、第三の目に意識を集め、全身に思いっきり力を入り息を止めます(2~3秒)。ゆっくり口から息を吐き3に戻る。(何度かこの様に深呼吸します。)

    すると無意識に突入します。白い光が目の前ではじけ広がります。まんぜんと世界と一体化していく様な、恍惚感に包まれる様な感じで、考える事は出来なくなり、すべてを感じてるような状態です。

    山田さんの脳トレの感覚に近いと思うのですがどうですか?

    Re: プラチナ色と黄金色

    ゆかりさま
    > 山田さんのブログ面白いです! そして今私が活動していることにとてもリンクしているので、大変興味深いです。

    サウンドレゾナンスは実にタイムリーなソフトですよね。
    高度に発達させれば、人工知能の知覚ソフトになりそうですもん。

    > 山田さんに質問です。私は部屋のなかですわっていると、視界にプラチナ色の光がちかちと見えるときがあります。またロイヤルブルーの色の光がちかちかとしているときがあります。初めは目の錯覚かなと思っていましたが、どうも錯覚ではないような気がしています・・・ お話相手の周りにも見るときもあります。光が見えるときは決まって楽し気持ちの時です。

    えすぱー女房も良く言います。
    が、私この件まったく蚊帳の外なんですよ。
    脳メカニズム解析でもまだここまで解ってないですし、ロジック解ろうとする切っ掛けがまだないのです。
    これも近い将来思い出しそうなんですが、暫くお待ちください。

    > また睡眠時に今日あったことや、明日のことを考えたり、大切な友人の顔を思いうかべていたりなんかしている時に、目を閉じているのにまるで車のライトが急に目の前に現れまぶしくて目を閉じていまうような光を見るときもあります。なんだこれ?っとあまり気にせずにいました・・・
    > やはりこの視覚の現象も脳のしわざなのですね?? 

    そうですね。この辺りのことは解明できました。
    新記事がそれです。

    明日お目にかかれるそうですね。
    よろしくです!

    Re: 私のチャクラの開きかた

    オオムラさま

    コメントどうもありがとうございます。

    > 5、第三の目に意識を集め、全身に思いっきり力を入り息を止めます(2~3秒)。ゆっくり口から息を吐き3に戻る。(何度かこの様に深呼吸します。)
    > すると無意識に突入します。白い光が目の前ではじけ広がります。まんぜんと世界と一体化していく様な、恍惚感に包まれる様な感じで、考える事は出来なくなり、すべてを感じてるような状態です。
    > 山田さんの脳トレの感覚に近いと思うのですがどうですか?

    座禅による瞑想を詳しく知らないので何か言える立場ではありませんが、先日の瞑想実験での体験によれば、瞑想は深層脳を鍛えることに繋がりますが、その時に意図的に低次元脳のアクセスを切るわけですので、多少危険もはらむと思います。
    瞑想にしろ脳トレにしろ効果が上がり深層脳が活性化を始めると、どんな人でも一時的ですが所謂自信過剰な状態になります。意志が弱いと闇を作り、魔女になってしまいます。
    出来ることなら、表層脳を止めないで深層脳の活性化を目指すべきだと考えています。
    そういう意味では、大麻が普通に使えることが一番リスクが少ないのですが、、、

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: No title

    オオムラさま

    > 最初はフッ意識がおちるのでビックリしましたが(確かに危険)、やり終わると精神的にも肉体的にもリラックスし、すごく楽になる感じです。

    ある意味階層毎の再起動を行なうわけですから霊体を構成するそれぞれのフィールド(場、たぶんその中心がチャクラ)と階層脳との接続がクリーンになるのだと思います。
    そして瞑想には松果体との関係が最重要だと思うのですが、とあることから、松果体と乳歯の関係性が頭から離れなくなっています。
    はっきりはしませんが、もの凄く重要なことな気がして成りません。
    何か見つけたら追記します。

    > 山田さんのお話めちゃくちゃ楽しいです。応援していますよ。

    どうもありがとう。励みになります。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 失神

    AURORAさま

    > 先週超絶叫マシンに乗ったのですが、
    > 失神しそうになりました。
    > 失神するとき、意識が右後頭部から出ていきそうになったのですが、
    > 意識の出口は右後頭部なのですか ?
    > おしえてくださいm(^O^)m
    > 意識が出ていかないように、右眼のまわりをぐーって押さえてもちこたえました(笑)

    ん〜。これめちゃくちゃ大事なご質問です。
    記事は前後してしまいましたが、情報=意識=情報媒質=波動の入り口は前方やや左です。そこから右へ90度が出口です。
    ですから、自然に右目の周りを押さえたのでしょう。
    この入り口と出口の関係と言霊が一致するんです。
    たぶんこのことから波動の成分解析を進めることができると思うのです。
    それにつけても、AURORAさんのご経験談でさらなる確信に近づけました。どうもありがとう。

    今週、読者になった

    全くの素人です。

    私、たまに、貧血やら自律神経の関係か、起立性低血圧(いわゆる脳貧血)を起こすことがたまにあります。
    汚い話ですが 過度の便秘の末、下痢になるw前触れに 起こるのですが

    たぶん、もともと鉄欠乏性の貧血もあって
    下半身に血がいってしまって 脳に血がまわらなくなるとか、、、、

    最初の症状は、ずっと気持ち悪くてこめかみのあたりの頭痛がして、 やばいと うろたえて 帰らなくっちゃと思って 急に立ち上がると

    たぶん1分もないくらいか 記憶が無くなり  気がつく、といつも 立ち上がった地点より 少し移動した所に 座るか倒れているかして

    意識が起きていく時に、ぐわんぐわんと目が回るような感覚と頭痛がして
    視界が真っ白の眩しい光で 徐々に 視界のまわりが白いまま 周りに集まってきた人の顔がぼんやり見えます。

    ぼんやりとした視界のうちは、ぼんやり見えているだけで
    いつもなら 見えている人や物の事を考えるのに 胸の中に自分の意識があるような 自分が外の世界ではなくて まるで小さい自分が自分の体の内側にいるような籠っているような感覚があります。

    ぼんやり見え出して しばらくすると 思い出して あぁ まずい 立たなくちゃと
    話しかけてくれている人に返答するのですが、しばらくハッキリと目覚めるまで 遠くにいるような感覚で 耳も聞こえが鈍くなっている状態になります。

    立とうとしてもなかなか立てず足が痺れているように力が入らず
    しばらくすると収まるのですが、、、、

    あと、最近はないのですが、夫が言うには 寝ている間、今は5歳の息子の寝言に私が返事をしている事もあるそうです。

    そして、ちょっと関係なさそうですが
    私が小学校中学年くらいの頃、 母が言うには たぶん夢遊病らしいのですが。。。

    近未来的な 戦争みたいな夢で (銀河鉄道999の影響かもしれません)

    武器を持って 数字を いくつ数えたら 出なくちゃいけない(出撃?)みたいな夢で
    夢を見ている状態のままか 体は起きているけど 夢の世界観のまま 布団から出て階段を降りて 1階へ行き、母に
    「1から100まで数えて」 と泣きながら訴えてました。
    母と話している時の視界は 気持ち的には夢の世界の中ですが、
    くっきりと現実の母の姿 その時の部屋がしっかり見えています。

    小学生の頃はずっと夜泣きがあったし、内向的だったので
    あの時は、本当に社会的な事を わかってなくて その分、不器用だったのもあるかもしれませんが、その分、今よりも夢を毎日のように見ていました。

    ちょっと的を外してる内容かもしれませんが、、、、参考になれたらと思いました。

    私も 脳トレを勉強してみたいと思います。

    Re: 今週、読者になった

    まりっぺさま
    コメントどうもありがとうございました。
    > 私、たまに、貧血やら自律神経の関係か、起立性低血圧(いわゆる脳貧血)を起こすことがたまにあります。
    > 過度の便秘の末、下痢になるw前触れに 起こるのですが

    血液は現代医学上背骨で造られるということになっていますが、これ全然違います。
    血液は小腸で造られます!(千島学説が正しいです。)
    まりっぺさんの場合、過度の便秘が原因で小腸の活動を一時停止せざるを得ない状況の時、赤血球を造ることも一時停止するために起立性低血圧が起こっているのだと思います。
    普段から腹巻きをするとか、お腹を暖めるのが効果あると思います。
    あと、夢遊病も脳貧血と関係あると思います。
    波動学イヌサンストリマス~序章~
    検索フォーム
    プロフィール

    keinudidio

    Author:keinudidio
    いーろいろ音楽作ってきました、新参者も早55。
    しかし抱える女児二人。さらなり女房えすぱーでござい。
    乱世陰謀雨霰。手前の音楽つづけたものか?
    いやいや浮き世は人情でござい。宵越しの銭は持たないと、
    心に誓、逃げてく日銀。
    色即是空、空即是色。。。。。
    そんな男に私はなりたい。                   山田貢司

    波動学とは現行科学のジャンルを超えて理解することが多岐にわたる為、記事の始めから読み進めることを推奨いたします。

    山毛欅焉、凸品卍

    山田覚醒塾(波動学講習会)お申込要項、及びご連絡先
    keinudidio@protonmail.com
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    家、ie/Passport to Heaven