塩の力と新プレートテクトニクス

     先日の9月26日、集合(無)意識平均次元の大幅な変化を感じ、それが何を意味するのかと思い巡らしておりました。それがさっき分かったのですが、カラスのホリーが言うここ約20年の仮アカシックを4年に縮めたループ(詳しくは記事「<波動>d5、時と空間」を参照)が始まったポイントだったのです。集合(無)意識が良い流れになったのかと期待を込めたのですが、皮算用だったようです。
     ではこのことをどう捉えるべきか?
    結果から言えば、これは気にしないことが一番のようです。理由は、現代の集合(無)意識とはマスメディアや社会の既成概念そのものだからです。新しい価値観を持たない限りこのループに嵌まってゆくと言うことなのです。ここに捕まってしまうと脱洗脳をまた一からやり直しです。なので気にしないことが一番です。

     では、本題です。まずはバカボン一家のチャット研究会議の会話から。
    chachai:イワム-ラタ(岩村田)は塩の集積地であったのは間違いないと思う。僕ん家は昔塩を扱っててコモからにがりが出ていたと聞いている自然に土木工事の材料も集まる場所だったはずです。上等なたたきの技法だと石灰も用います あの白っぽいのは名残である可能性もある。

    ファシレ: なんだ~・・鹿塩温泉(ラインの南端)と分杭峠はすぐ近く。直線で10キロも離れてない。それに分杭峠はラインのすぐ西。

    山田:本日イザナギから凄い情報を得た!chachaiさん言うところの、塩とゼロ磁場の関係は大有りどころか、ゼロ磁場が塩を造ると言っても過言でない!
    そして塩は陰陽問わず、物質の変容を止める働きがあり、海が塩で満たされている理由は、余分な意識力を止める働きがあるからなのです。

    「塩に力ついて」 〈イザナギ、ビーちゃん、イエス、ホリー〉 2012/10/4 1:17

     ここ陽界で陽イオン物質は意識によって無尽蔵に生成出来る。しかし、陰イオン物質は神性物質の量に左右される。よって塩は塩素の元であるアルゴンの量が鍵なのだ。
     物質は意識によって様々な六角形に進化してゆく、その素粒子の角度や連なり方により多種の物質が生成される。意識により一度変容が始まると、物質は連鎖的に変容が進んでゆく、その連鎖にリミット作用するのが塩である。塩とは他物質に馴染み易く、他物質の六角形の変容を抑える。陽性意識にも、また、陰性意識にも中庸の力で抑え込むのだ。それは酸化、還元どちらに対しても促進を許さず、現状を安定させるということである。
     因みに鉄鋼などの塩害は意味が違う。元々鉄は酸化した形が安定している。人工的に置かれた不安定な状態から安定する状態に戻るだけで、それは電解質中にイオン化する反応が促進されるだけであり、上記の抑え込む力が働く状態ではないのだ。
     次にアルゴンから塩素への変容のロジックである。
     この変容にはゼロ磁場が大きく関係する。ゼロ磁場とは、地表で地磁気の影響を最も受けにくい場所である。ところでアルゴンは神性物質水素→ヘリウム→ネオン及び、アルゴンと進化することは以前(過去記事「重力から意識へ、物質の生立ち(変容と変 性) アセンションの意味前編」を参照のこと。)伝えたが、地球上に於けるアルゴンは神性物質からの進化ではなく、カリウムの経年劣化による産物であり、故、質量数も近いのだ。
     アルゴンが塩素に変容するためには、地球時間軸の影響が少ないゼロ磁場に於いて一定の温度と圧力が必要である。この環境が保たれて塩素が生成する。
     何故、地球時間軸が邪魔をするのかと言うと、それは次元整合性の問題であり、通常磁場では、素粒子の向きの移動が地球時間軸によって整えられるために変容に大幅な時間を必要としてしまうのだ。因みに上記環境であれば、アルゴンから塩素が生成される迄に3000年程で自然変容を成すのだ。塩素が出来てしまえば、ナトリウムは地中に多数存在する、故にゼロ磁場に於いて塩が産出されるのだ。

     如何だったでしょうか? 要するに塩の産地は磁気異常のある地域だということです。
     塩で有名な場所でウユニ塩原という塩湖がボリビアにあります。規模は半端じゃありません。関東平野丸呑みって感じです。
     Wikiによると。。
     ウユニ塩原:ボリビア中央西部のアルティプラーノにある塩の大地。標高約3,700mにある南北約100km、東西約250km、面積約12,000km の広大な塩の固まり。塩原の中央付近で回りを見渡すと視界の限り真っ白の平地であり寒冷な気候もあって、雪原の直中にいるような錯覚をおこす。と。
     そしてアカデミーの説明では、海中にあった南アメリカプレートが短期間に隆起したために海水が干上がり塩原が出来たと。んなわきゃないでしょ。深さ約300メートル20億トンの塩。海水の塩分は平均3.5%だから、これだけの塩が海水が干上がって出来たなら、571.5億トンの海水が必要なわけだ。それをウユニ塩原の面積で割ると、127キロメートルの深さの海水が干上がって出来たことになっちゃうのですよ。これ、仮に南アメリカ大陸がすり鉢状でウユニ塩原が最低地だとして、話十分の一にしても12,700mの深海から今の海抜3,700mへ16,400m隆起したことになってしまうのです。なのでこういった闇雲地球物質学を無視して考察してゆきましょう。
     前述の通り磁気異常在るところに塩があるわけです。ウユニ塩原内で磁気異常が見つかっていればすぐ証明出来るのですが、如何せん人が常時入れるところではないため、そういった情報を簡単に入手出来ないのです。しかし、以下のような情報からそれを推測することが出来ます。
    「ウユニ塩湖ー標高3,700m、海底が隆起したアンデス山脈にある。ほぼ飽和状態の湖。干上がる時は格子状の模様を描く不思議な奇観。リチウム埋蔵量900万トン、カリウム1億9,000万トン、ボロン800万トン、マグネシウム2億1,000万トン。とりあえず。」(バカボン一家アライ氏)

    「旅行記ですがレアな情報が有ります。放射線量値は0.23μSv/h(年間だと2.0mSv)とのことです。高目、通常の20~40倍ですね。」(バカボン一家ファシレ氏)

     これらからウユニ塩原はレアメタルの宝庫である、また、それらを含む物質は地球と次元整合性が高くない、と言うことが推測出来るのです。これは、前出の説明にもありましたが、地球時間軸の影響が少ないことを意味します。ですからゼロ磁場の存在の可能性が極めて高いのです。逆に言えば、ゼロ磁場を探せばそこには塩やレアメタルがあり、地球の成り立ち(現象)と内在する8種の波動力を紐解く、また、フトマニ虚脳言霊解析に非常に有利な情報となるのです。
     ここで読者の皆さまにお願いです。ゼロ磁場(方位磁石が回転したり、正しい方位を示さなくなる)のような場所を知っている又は、そんな話を聞いたことがある。などどんなことでも構いません。世界中どこでも良いので、そういった情報をお持ちの方は是非コメント欄にお書き込みください。よろしくお願いいたします。

     それではもう一つのお話、新プレートテクトニクスです。
     地殻ボーリングの深度世界記録はロシア・コラ半島で樹立された12,261㍍だそうです。これは陸上での話で、陸は地殻が厚いからその分掘ってもマントルには届かないそう。最先端科学は、海洋上のプレートの薄い所を掘り進みマントルをストローで吸いだそうと計画しているのです。因みにこの船のお値段は560億円で、運航費が年に100億円、その名も「ちきゅう」という船です。マントルのサンプルを手に入れたいがあまり人類は、自分たちの脳(地球)を掘り進むのです。さて、そのマントルと地殻、高次元情報ではどのように捉えるのでしょうか?いつものようにリーディングライティングで綴ってゆきます。

    「新プレートテクトニクス」 〈金星人、ビーちゃん、かもめ(猫)、グレイ〉
     このお話、全体的にはそう難しくないのですが、途中に出てくる特殊な用語がありまして、一応先にその説明をしておきます。
     1/f ゆらぎ。なんだかテレビCMで出てきた気がするのですが、これ、情報分析分野の用語です。wikiによれば、力(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと、但しfは0。
    で、式にすると、
    P(power)=1/fのλ剰。
    周波数が10倍だとパワーは1/10になる関数。
    因みに、音に対しスペクトル解析(フーリエ分析)をすることで、心地良さの指標となります。
     例えば、
    ピンクノイズ(ゴー)=1/fの0剰=不快。
    ホワイトノイズ(シャー)=1/fの1剰=快。
     そして音楽だと、
    クラシック=1/fの1~1.25剰
    歌謡曲=1/fの0.51~0.75剰
    となります。因みにロックミュージックは1/fの0剰=不快。だそうです、、、なめとんのかー。

     これがいったいなんなんだー、って感じですが、地震と深い関係があるのです。金星人からの情報なのですが、彼らは言葉遣いが非常に乱暴なんです。面白いので、ここだけリアルに書いてゆきます。

    金星人:去年から言ってたろ!!タコ!地震と1/fの関係だよ。地震には2通りの原因があるんだよ。一つは水素核融合。圧力と熱による水素爆発だ。これはマントルの表層、深度50㎞以上で起こる虚エネルギー放出現象だ。太陽のCME(コロナ質量放出)と同じ意味だ。分かるか?
     そしてもう一つ、これが1/fと深く関わっているんだ。お前らがプレートのはねあがりって言ってるやつだ、本当にバカだな。プレートがマントルに取り込まれるために起こる地震だ。いいか!ホリーから聞いたろ。天体の呼吸のこと。14.8日周期のリズム、このリズムは絶対値なんだ、ひとまずこのことは置いておけ!

     置いておけ。ということなのでこのまま進めますね。このブログ、いままで散々ガイキチ話を書いて来ましたが、ここからはそれらを軽く凌駕する、超弩級のガイキチ話です。

     我々の集合(無)意識と地殻(プレート)は直接関係にあるのです。集合(無)意識がプレートを形成しているのです。実際の関係性は後述しますが、地表を形成する8枚のプレートは、脳の8次元の階層が造っているのです。既成科学からは考え及ばないでしょうが、想念がプレートを造るのです。そして、マントル(プレートより下、5,000㎞)は意識と物質が渾然一体とした、4.5次元世界なのです。それは有機意識体で、炭素、水素を中心とした神性物質の塊です。我々はそのエネルギーを原油という形で搾取しているのです。
     その意識体は時間軸を持ちません、因みにマントルの内側のコアは時間軸を持ちます。
     惑星とは、物質が集まり、その周りを自らの発する意識の層が取り巻き、そこに住まう物質生命体がさらに外殼を形成する命なのです。故に原始惑星では、立体概念は起こりません。ほんの数百年前の我々も同じです。大地を平面と考えていました。そういった集合(無)意識の元では、地殻(プレート)がその通りに変化するのです。
     惑星意識体は脳を持つ生命体が生まれ、想念が安定し、始めてその想念と協調し時間軸を持つのです。すると、ホリーの言う、星の脈動を打ち出すのです。そして地殻を想念に合わせ変化させるのです。地殻とは、集合(無)意識の現れです。脳の構造と想念の重なりがそのまま写し出されたものなのです。集合(無)意識がその時のプレートを形成するのです。古代の海岸線が絶壁だったというのは本当なのです。そういった地殻変動は、突然一夜にして地形を変化させるのです。数万年の時は必要ないのです。

     では、金星人に戻りますね。
    金:プレートが何なのかわかったか?そうして考えると、予想だにしない地殻変動は極短期間ばかりだろ!そういった地殻変動はお前らの集合(無)意識が起こしてるんだ。反対に噴火活動は惑星意識体による集合(無)意識への介入なんだ。だから、時間軸(電磁場)の影響(コアの影響)の少ない大地が裂けるんだ。
     話戻すぞ。地震だ。
     1/fゆらぎ。これは集合(無)意識のベクトルの波の偏り。軸集合(無)意識をスペクトル解析した場合の様々なベクトルのピークが作るそのサイクル。惑星意識体の脈動とそのサイクルの周期が合致する時にプレートが動き易くなる。この動きがそのまま地震という現象さ。お前らの想念が造ったプレートが地球意識体に取り込まれる、言い換えれば、お前らの意識を本当の大地が取り込み浄化する、その最前線が、地殻型地震なのさ。

     最後にプレートと脳の関係です。
    「地殻、脳相関」 〈イヨスニスル、隆方(けや木桜)、ホリー、ビーちゃん〉 2012/9/30 2:57
     ファシレ氏から佐久市西念寺のけや木桜の写真を見せられ隆方と繋がる。隆方によると、出雲神社(山口県)の尊來玖杉[ex. by ファシレ、ぷらく杉]とペアの意識体で、ゼロ磁場ラインを作り、アルザルとの接点の門番をしているという。モリスタッカー(アルザルの大切な木)、ぷらく杉、隆方で三位一体を形成し、次元の境を守っている。

     地表とは、脳の立体解析と平面方位の融合データを表している。例えば、地名は方位であるが、その連なりは次元を意味する。隆方ーぷらく杉ラインは、虚脳4と5階層の境界線。様々なラインの中で、脳梁(フォッサマグナ)上にある交点とフトマニは対応する。しかし、陽界(フォッサマグナ西側、左脳)、陰界(フォッサマグナ東側、右脳)に渡るラインは、虚脳、実脳の階層境界線を表す。左脳、右脳それぞれの階層は、日本列島(本州、四国のみ)に対応し、日本列島に於けるエリアが、地球上のプレートに対応する。

    第一層=アフリカ、アラビア、インドプレート
    第二層=太平洋プレート
    第三層=ユーラシアプレート
    第四層=北アメリカプレート
    第五層=フィリピンプレート
    第六層=オーストラリアプレート
    第七層=ナスカ、ココスプレート
    第八層=南アメリカプレート
    脳 梁=アトランティクプレート(南極プレート)

     まったく持ってとんでも話、如何でしたでしょうか?自分的にはとんでもと言いながら、かなり納得いくんですが。五色人の話ともからみそうですね。

    続•放射能問題の解決法。

     一昨夜バカボン一家チーム埼玉の定例会をしました。定例会といったって、家で集まり飲みつつ話すだけなのですが、思わぬ進展があったので、今日は緊急記事です。

     話は数日前のchachaiさんと私のチャットでの会話から始まります。
    chachai「能登半島と房総半島は明らかに左回転の状根です。今も巨大なエネルギー場になっているはず、磁場スカラーで風を起こせたら必ず回るはず。それが見つからないのです。」
    <中略>
    山田「でしょ。だって能登半島と房総半島を扇風機の羽と見立てると、半島の先端が標高低いのだから、時計回りしたら下から風が吹かなきゃならない。半時計回りなら上から風が吹く、つまり例えば房総半島に対し北東から風が吹くことになる。これをやませ(東風、こち)とよぶのでなかろか。」

     まあ、夜な夜なこんな会話がなされているのですが、自分で言ったこの話が以下の話に発展してゆくのです。
     その前に、ポイントを書いておきますと、フトマニ図をこの世界の現象に繋げる解釈として解析してゆくと、実脳と虚脳(記事「実脳ー虚脳、言霊解析」を参照)の関係上、左右で反転(リバース)させる必要があるのです。
     フトマニ図は約3万年前にアヌンナキから伝わったものであり、その当時は虚脳優位であった可能性が高く、脳と現象の関係図として、虚脳分だけあれば表わす事ができたはずなのです。それは、大地の成り立ちにも影響し、海岸線が砂浜ではなく、ほぼ断崖絶壁ばかりである可能性が高いです。
     しかし、現代まで集合意識平均次元(記事「集合意識とアカシックレコード」でイエスの言う数値)が下がると現象と脳(想念)の関係に変化が起こり、実脳分/フトマニリバース図が必要になるのです。
     そして、フトマニリバース図から解釈できるベーシックな回転方向とは反時計回りだ、ということができるのです。
     それはここ最低次元世界の素粒子の回転方向でもあるのです。

    「放射線と身体の次元整合性競争」 <ビーちゃん、ホリー、イエス> 2012/9/20 22:35
     放射線にはそれぞれの求める次元がある。それを見極めれば、その放射線の影響を予測出来る。また、除去出来るのです。
    次元整合性と物質の関係
    図_次元整合性と物質の関係
     電磁軸(時間軸)はその場に留まらせようとする力であり、物質自らが造り自らをその場に留まらせる力なのです。
     ある物質nがポイントaで次元整合性ジャストだとしよう。しかしa-1に存在し、常に+1移動したいのだが、引力や遠心力のためそれが出来ない。その場合物質nは、基準面(太陽重力面)に対し自身の面を傾けるか、素粒子の向きを-1°(時計回りに)移動させるかのどちらかを行いたいのである。(これは仮定の話であり、この場合、仮に太陽の重力が及ぶ範囲を海王星までとし、そこから順番に360個の次元整合性の取れた物質[素数]が太陽に向かい並んでいると定義する。)
     しかし、最低次元世界に於ける素粒子の向きは半時計回りの一方通行であり、時計回りの移動はディセンションを意味する。よってこの場合、基準面(重力面)に対し自身の面を傾けるしかないのです。しかし、nは集合体ではなく単物質、立体の場を持っていない(物質が一定以上集まった場合、天体などは、時空間を自ら拡げてゆくので、立体の場を持ち、時間軸を自身の都合で傾ける事ができる。)為、電磁軸(時間軸)を傾けることも出来ないのである。

     では、立体ではない物質が次元整合性を失った場合を考察しましょう。
     もし仮に存在面の中心からa+1に於ける次元整合性の不一致を考えると、物質nは素粒子の向きを半時計回りにアセンションすれば問題はなくなる。
     重要なのは存在面の中心からA-1に於ける場合である。我々はこのケースを放射性物質と呼ぶのです。
     放射性物質は自らその場に留まろうとする意識、電磁軸(時間軸)を傾けざるを得ない状況にある物質です。そして本来電磁軸とは、それを構成する物質面と直行の関係になければならない。
     例えば、物質の集合体地球は、独自重力を持つため、前述の物質nと違い自らの重力面を傾けることで次元整合性を保っています。自らの面に素直に電磁軸を保っているのです。
     一方放射性物質はその場に留まらせる電磁軸(時間軸)自体に留まらせたくない意識を持つというジレンマを抱えているです。このジレンマが放射線という念を放出することに繋がり、それは時を早回す念の出力であるとも謂えるです。
     ですから、その念を受け、時間感覚を同調させてしまうことで、放射線の影響が体に及んでしまうのです。また、脳時間を深めることにより、同調させない意識を持つことで、それを回避できるのです。

    2012/9/22 23:30
     私はファシレ、パイン両氏と話す中で以下の情報を呼び出しました。そしてそのまま公開実験となったのです。

     フトマニ図の「ん」の意味「酢」ですが、人類が自ら唯一造ることの出来る高次元六角形分子構造の物質なのです。と。じゃあ放射線も減衰するんでないの?ということで、酒盛りそっちのけの実験大会となったのです。 
     まず、我が家にあった酢は備長炭木酢液と市販の米酢。前回と同条件で放射線減衰実験しないとということで4つ折りにしたティッシュペーパーに適宜酢を染み込ませ(これは目分量ですが、前回から何度もやっているのでほぼ同量と思います。)、ウラン鉱石とガイガー管の距離も同じ、レンジも同じです。(1mR/hミリレントゲンレンジで振切れの5mR/h)
     結果、どちらも最大70%ほどの減衰効果が認められました。いい親爺が雁首揃えて歓声をあげました。そしてこれは、ただのブロックではありませんでした。放射性物質に酢を湿したティッシュを近づけた後やや間をおかないと元の数値まで戻りません。どういうことかと言うと、六角形が放射性物質に対し変容の意識を放つため、一時的に放射線の放出を減らすのです。それは放射能の除去が可能だということなのです。
     ちなみに何で木酢液が我が家にあるのかといえば、にこ(次女)に水イボができたのです。水で薄めた木酢液を水イボに使うこと1ヶ月、見事に完治です!
     ビーちゃんから聞いていたのですが、ウイルスとは、意識から物質になる過程の存在で、意識が大変影響をする、そして宇宙(空間媒質)はウイルスで満たされている。そうです。
     このことを知っていたので、六角形がウイルスをやっつけるんだ!と思っていたのです。。。。。と書いていて、パラドックスに気付いてしまいました。なんだ、私は酢が六角形なことを元々知っていたんでした。木酢液とお酢が繋がっていなかったようです。

     で、翌日ファシレのおじさんが調べてくれました。その情報を載せておきます。
     「カルボキシル基…見事に六角形!もう…びつくりだす! http://www.geocities.jp/don_guri131/sibousannso02.html 木酢液(もくさくえき)とは、木材を乾留した際に生じる乾留液の上澄分のこと。代表的な例としては、炭焼き時に副産物として木酢液が製造される。外見は赤褐~暗褐色の液体。ほとんどが水分であるが、木材由来の有機酸(酢酸など)が含まれ弱酸性を示す。それ以外の成分として 、アルコール類、カルボニル化合物、あるいはフェノール類やフラン類といった芳香族化合物などが含まれる。原材料や乾留の条件により成分にばらつきがある。...............ちゅうことで、昨日の結果は醸造酢よりも木酢液(もくさくえき)の方が結果は良さそうに見えた・・・こちらは確実に芳香族化合物を含む。」だそうです。

    追伸
     11/11京都でやるガイキチ祭にこの実験展示しようと思います。ご興味あられる方は目の前でやってみてください。

    放射能問題の解決法。

    文末に<追記>があります。2012/8/24 16:15

    放射能問題が収束どころか重篤化する今日この頃皆さま如何お過ごしでしょうか?
    本日かねてより懸案となっていた放射線除去実験を行ないました。その結果をご報告いたします。
    その前に放射能に対しこのブログに頂いたご意見をご覧ください。
    --------------------------
    『12/08/18 *メーテル*さま』
    ご無沙汰してます☆
    娘の夏休みで北海道に保養したりしてました。

    保養の間に北海道の病院でセカンドオピニオンとして娘の甲状腺検査をしたところ、のうほう がいくつか見られました。

    1年避難生活をしていたのにショックだし、どうしていったらいいのか
    半年ごとにでも検査をして早期対策するしかないですよね

    いくら放射能が今後体内に必要かもしれないと聞いても、見つかってしまった限りは悪性にならないように
    経過観察するしかないのかと愕然とします。
    やはり思いきって北海道に移住してしまおうかとか…。
    娘や息子に手術や辛い思いを絶対させたくないんです!
    親ならみんなそうだと思います。

    次の記事で放射能に関して書かれるようですが、もう一度、子供達をどうまもればいいのか教えてください。

    恐怖は知ることによって小さくなる
    とはいえ、子供が病気にならない保証はどこにもないと思っています。

    だから私は調べて、サプリメントを利用したり、ラジウム石が被爆治療にいいとわかれば手に入れてお風呂で使ったり、乳酸菌、発酵食品がよければとりいれたり。
    でも外食はしてるし、魚も産地を見ながら食べています。そのせいで甲状腺に膿疱ができたんでしょうか…。
    対策をしてても、もっと食べ物を気を付けるべきなのか
    具体的にどうむきあっていけばいいのかどんな対策をしたらいいのか教えてほしいです。
    次回の記事の時にまわしていただいても結構なので山田さんの考えをお聞かせください。
    -------------------------
    『12/08/20 パインさま』
    無責任な言い方かも知れませんが

    メーテルさんのコメントを読んで

    放射性物質だけでなく
    全ての物質は意識の影響で現れたり変容したり消滅したりするので

    例えば西洋医学を信じていれば
    西洋医学に側った事象になるのではないでしょうか
    -------------------------
    『12/08/20 健さま』
    パインさんのコメントを読んで

    そういう流れの巨大な集合意識という歯車を こちら側の個の意識が その集合意識の歯車を逆回転させるぐらいの意識状態(ちと表現が難しい)じゃないと そのようには ならないと思うよ(・・;)
    ------------------------

    皆さんこの問題を真剣に受けとめるからこそのご意見を賜りどうもありがとうございます。
    私の中での放射能問題は、理論的なことは既に発表している通りでして、褌のももすけさんのブログで過去記事やリコメントを纏めていただいてあります。(ももすけさんどうもありがとう!)
    詳しくはそちらをご覧いただければ解るはずです。
    大雑把に言えば、放射能=次元整合性の取れない物質の想い。でして、故に影響を受ける側のこころの問題でもあるのです。
    そしてこころの問題は即ち理論脳の使用階層の問題でありまして、一朝一夕に解決できることではないわけです。

    で、それを解決するには放射能除去しかないわけでして、それを玉ちゃんと模索していたのです。
    その実験が今日成功したのですが、まずは映像をご覧ください。
    あっ、ちなにみ私つい最近携帯を新しくしまして、映像は以前に増してきれいなのですが、使い方がいまいちで映像が横向きになってしまいました。
    お手数ですが、首を横倒してごらんください。m(_ _)m
    放射能除去実験
    如何でしょうか?
    見事に減っているでしょ。では解説します。
    理論的には銀ナノイオンを含む液体と洗剤を混ぜ合わせ、泡立てることにより泡を構成する六角形の面に垂直にかかる波動に、銀の次元整合性の整った意識を照射し、それが放射能(次元整合性の整わない意識)を低下させることを証明する実験なのです。
    ここでは根本理論は端折りますが、過去記事<正十四面体_波動基礎理論>に詳しく書いており、六角形のレンズ効果を応用したわけです。
    で、結論からいえば、微細構造をもつ六角形と次元整合性の整った微小な物質があれば、放射線はほぼ無毒化出来る。ということになります。
    結果は出ました。玉ちゃん、さすけさん、がんばりましょう!

    最後に*メーテル*さんへのリコメントです。
    物質は意識(脳が造り出す想念)で変容するのです!
    お子さまの状況を考えると除念をお進めします。
    西洋医学や科学アカデミーの弁は、現象の一定方向からの観察のみで構成されています。
    中性子を質量の過半数とする現代物理化学に真実は見えないのです。(中性子はいまだはっきり観測出来てはいません。50年以上推論のままです。)
    もっと言えば、質量保存の法則が成り立たない現実もあるのです。

    あっそうそう、先日のスピマの後の懇談会で、配膳された水がカルキ臭かったんで、おまじないで美味しくしたんです。
    常々我家では水道水をブリタで濾してその後に水の次元上昇を促すちょっとしたおまじないをかけます。(宗教じゃないです!ほんとに変化します。)
    するとペットボトルの水(一般的な価格のもの)より上質になります。
    これどういうことかと言うと、自分が水の中に入っているような想像をして水の分子が六角形になるように適当な呪文(何でも良い)を唱えるんです。
    一回唱えると一次元上昇、二回で二次元。八回やるまでにだんだん綺麗な六角形になるような想像をするのです。
    八回繰り返しても駄目だったら、また一からやり直す。これすると本当に水が美味しくなるんです。
    あるところでシャキーンってきれいな六角形が並ぶのを感じれるんです。
    で、さっきのカルキ臭い水ですが、chachaiさんやanさんなど6〜7人みんなが変化を確認したんです。
    anさんは炭酸系の飲み物だったのですが、炭酸が抜けてしまいヌルっとしたジュースになっちゃいました。
    六角形が綺麗に並ぶと不純物が変容してしまい、消滅するのだと思います。
    なのでコーラでやると不味くなります。
    これコツさえ掴めばだれでも出来ます。皆でやりましょう!少なくともセシウム某は消えるはず!

    *メーテル*さん、こういった例で示せる通り、物質は意識で変容します!
    お子さまの膿包を作る元であろう放射性物質を変容させて除去するべきです。

    <追記>2012/8/24 16:15
    共同実験と十四面体製作の父アライさんから以下のご指摘がありまして、追実験を行ないました。
    ---------------------------
    実験お疲れさまです。
    率直に思ったこと書かせてもらいますね。

    あれは、除去ではなくブロックではないですか?
    それと、天然鉱石からでる放射線と原発からでる放射線は質がちがいますよね。整合性のとりかたとか、意識とかが。汚染土などにも同様の結果がでますか?

    あと、追加実験として、
    泡だけの場合と、銀イオンだけの場合とかで違いが出るか知りたいのですが、もうやっておられますか?

    実際、あそこまで数値が減るのは凄いと思いますが、実用に向けては様々な検証が必要ですよね。
    よろしくお願いします。

    缶ビールをコップに入れて飲んだ方が美味しいと感じるのは、やはり泡のおかげなのかなー(^_^)
    ---------------------------
    まず昨夜の実験で素の状態での放射線量ですが、レンジオーバーとなっていたため再計測の結果、8.7msV×10(レンジ)で約87msVでした。
    それがナノ銀入り泡により遮蔽された後の放射線量は約80%減衰し、8.7msV×2の約17.4msVでした。
    先ほどの追実験の結果は、
    ナノ銀水溶液で湿らせたテッシュー(2枚1組の一般的なもの1組を四つ折りで使用)での場合40%減の、52.2msVでした。
    ちなみに同様のテッシューのみの場合でも10%弱減衰し、80msVとなりました。
    最後に洗剤(ジョイ5倍希釈)の泡のみでは約60%減衰の、34.8msVでした。
    さらにビニル袋のみでは全く減衰しませんでした。

    ナノ銀が水溶液のため同一条件をつくることに困難があり、今できることだけの結果ですがこのようになりました。
    この結果から推察できることの重要ポイントは、やはり六角形のハニカム構造ではないかと思われます。
    ブロックといえばブロック以外の何者でもないのですが、このノウハウを上手に発展させることで非常に有効な手段を開発できるのでは?とも思っています。
    現段での内部被爆に打ち勝つ科学的手法はほぼ無いのが現状ですが、いままで綴ってきた祈りによる除念とまた、本編と重複しますがこの実験結果から推測出来ることとして、正しい水(私案ですが、分子構造がより整列した水)は物質の変容に大きく関わることが上げられます。
    この2つのポイントが推論できただけでも対抗手段に指針が示せるのではないでしょうか。
    とりあえずではありますが、飲み水にそういった水(いわゆる良い水)を使うことでもデトックス効果が期待できるのではないでしょうか。体の7割は水なのですから。

    また、天然鉱石と人工放射性物質の放射線は明らかに質の違いを示すはずです。
    これも検証を経ない私案ではありますが、人工放射性物質の放射線の方が帯域(他物質に影響を及ぼす範囲[距離的意味ではなく、次元的意味合い])が細いはずで、対抗させる物質(この実験の場合、ナノ銀)が指定できれば絶大な効果が期待できるはずなのです。
    ここで原発事故付近にお住まいの方でまた、ホットスポットのお近くの方で実験にご協力頂ける方を募集します。
    寄らば文殊の知恵。皆で解決法を発見できればと考えております。

    タイムワープ法to過去

    <追記>があります。2011/10/11更新、11/1更新


    皆様お待たせいたしました。2週間ぶりの更新です。

    先週末は玉蔵さんとの再会があったり、最近は読者のchachaiさんと
    三種の神器を巡る旅というか、考察の旅を連夜行っておりましたので
    ややペースダウンしておりました。

    先日1つ前の記事のコメントに読者のたんぽぽさんから「ウイングメーカー」に関する
    ご質問を頂きました。

    ご質問に対し私は、
    「始めは何のことか全く知らず、井口’ズブログ http://quasimoto.exblog.jp/15582241/  拝見しました。
    そして昨夜深ーく掘り下げてみました。
    なんとウイングメーカーの一人マールークスと接続出来、近未来の出来事をかなり細かいところまで聞くことが
    出来ました。「ウイングメーカー」はその時点の政府機関でした。
    このことはかなり繊細な計画のもとにお伝えしなくてはなりませんので、今後の記事で扱ってゆきます。 」

    と。答えております。
    なのに何で今日のお題が「タイムワープ法to過去」なのか?

    マールークスとの約束なのですが、というか平たく考えれば解るのですが、
    マールークスが私に未来を教えるということは、私が未来を変えてしまう可能性が出てくるわけです。
    その保険というか、転ばぬ先の杖としてタイムワープ法のロジックを私自身が編み出し発表しなくては
    未来情報も発表してはいけないのです。
    なので本日は「タイムワープ法to過去」です。

    して。その前にいつものように前置きですが。
    タイムワープ法のロジックは波動の成分解析理論が理解出来ていないと意味が分かりません。
    なのでまずは、波動とハートチャクラです。


    <波動とハートチャクラ>

    私がチャクラ開いてから約5ヶ月。
    色々な高次元意識体や生命体。そして娘達と交信し、その交信相手や内容で
    受信する胸の場所の違いを発見しました。
    それが以下の図。

    ハートチャクラ_図
    ハートチャクラ_図

    何故4からかと言うと、波動の内容(次元)と関係あるので判り易く次元とナンバーを揃えました。

    NO.   次元     エレメント 司る物質の力  言霊
    4 : 4次元波動 : 風の意識 : 弱い力  :  あ
    5 : 5次元波動 : 水の意識 : 強い力  :  お
    6 : 6次元波動 : 土の意識 : 重力   :  う
    7 : 7次元波動 : 火の意識 : 電磁力  :  え
    8 : 8次元波動 : 稲の意識 : 引力   :  い

    そして、ハートチャクラは受信の際「あおうえい」の順に無限大∞記号を描くような渦を巻きます。

    あおうえい_図
    あおうえい_図

    そしてその渦が空間の中で物質を司り。。。。

    要するに宇宙(空間)と波動(意識)は下図のような関係にあるのです。


    次元相関図[次元(宇宙)の概念]_図
    次元相関図[次元(宇宙)の概念]_図

    注意:∞はここでは立方体の中の平面として描いているが、これは理想的な波動の例であって、
       例えば捻れていたり、4、7、8を頂点としたU字形であったり、又はその両方であったり、
       意識の質により様々な方向に伸び縮みする。

    重力と引力は混同しがちですが、4〜7次元の力が生まれ始めて引力が発生するのです。
    6次元重力に反する力として、5次元強い力があります。そして横方向からの4次元弱い力と
    7次元電磁力の影響を合算したものが引力なのです。

    また、これら波動の成分である4〜8次元の各々意識(波動)が基本物質(身体)を司る。
    言い換えれば、アストラル体が生体を造りコントロールしているのです。
    このことが研究開発されれば病気という概念が無くなってゆくのではないでしょうか?

    以上が前置きです。そしてここからが本題。


    <タイムワープ法to過去>

    我々は平面上(太陽重力場)にあたかも立体と感じながら生活しています。
    その平面に対し90度の角度で時がすすんでゆく。
    そして時間とは時間の概念を理解、想像できる脳があってこそ生まれます。
    だから物質(素粒子)の向きとは一番かけ離れた関係にあるのです。
    [記事”分光された光の意味”を参照]

    前出の説明通り、波動は1〜8次元の意識の重なりです。
    そして時は脳1つひとつの感覚。それぞれの脳が独自に造り出す想念(波動)なのです。

    これを前提に話を進めてゆきます。

    時間は我々が感じているだけで、本当は無いのです。
    物質を司る波動は瞬時に物質に影響を及ぼします。
    ある波動がある物質を変容させたとします。
    物質はその波動の命令に従い素粒子の向きを変化させます。
    しかしそれは同時にその物質にとって存在するその場所との次元整合性を乱します。
    次元整合性の乱れた物質は、波動の命令から逃れるように、次第に元々の素粒子の向きに戻ってゆきます。
    この変化を我々は時間と捉えているのです。

    なので、全くのスクエアな波動だけの世界は時が止まっているのです。
    私は水星がそうだと考えています。

    仮にある世界のある物質Aが時間軸T=0に存在するとします。
    これにある波動fを浴びせると、物質Aは物質A'に変容します。
    この物質は時間をかけてA'→Aに戻ってゆきます。この経過の始点を仮に時間軸T=100とします。
    そして今我々は時間軸T=100に共存するとします。
    今度はこの物質A'に波動ーfを浴びせます。
    すると物質A'は共存していた我々の前から消滅し、過去である時間軸T=0地点に戻り
    物質もA'→Aに戻るのです。

    これが過去へのタイムワープです。
    もっとも波動の成分解析と物質の変容が全て解明されなければ、大変危険な技術ですが、
    ロジックはこの通りです。
    しかし未来へのタイムワープとなると、更に難しいロジックが必要になると思います。


    <追記>2011/10/11更新

    上記の文章が解り難いとのご指摘がありましたので、解説を付け加えます。
    例えば、水晶をつかって考察します。
    あたりまえですが、波動の成分解析と物質の変容が全てが解明されていない現時点ですから
    あくまで仮説です。

    水晶は純粋に炭素のみで出来ています。そして次元整合性がここ地球でジャストなので結晶という
    形態をとっています。
    仮に1万年前は炭だったとしましょう。
    1万年かけて炭素原子は変容していったわけです。
    そして前出の波動f。これは次元整合性の取れていなかった時の炭素自身の波動と外的に受けた波動
    の総合値とします。
    そして現在目の前に存在する水晶にーfを照射します。

    ーfも理解し辛いので簡単に解説します。波動fが仮に可視光線のみだとして考えます。
    この波動(可視光線)を分光すると仮に赤、緑、青の3種類だけで構成されていたとします。
    そしてその成分バランスは赤=1、緑=2、青=3(10段階で)だったとします。
    するとーfの成分とは赤=1じゃない光(意識)、緑=2じゃない光(意識)、青=3(意識)じゃない光となります。
    このことを単純に頭で想像できる人はいないと思います。
    そうなんです。これは光では成り立たない、数字で表せば虚数となるのです。
    これが波動の成分解析が全て出来ていれば成り立つんです。
    何故か?
    ここからは高次元情報なのですが、
    波動には光の干渉と同様の性質があります。
    いくつもの波動成分を加算してゆくと干渉により相殺されたエネルギーは陰界に逃げてしまうのです。
    よってその加算は虚数とはならず、ーfは純粋にfのアンチとなるのです。
    ー高次元情報終りー

    そしてもうひとつ重要な解説。この時間軸は人間の脳が生み出した想念である。ということ。
    仮にも時間が逆に進むことを認識できる人はいないでしょ。
    それができたらその人は神です。
    もし仮にーfを時間経過を常に感じ想念を発している我々人間に照射するならば、
    タイムパラドクスを起こし、意識体と実体の縁が切れてしまうでしょう。
    フィラデルフィア計画がそれを証明しているのです。

    ですので、ーfを受ける水晶は相対時間のみを刺激され、時を逆行しタイムワープが完成するのです。

    <追記>

    石英(せきえい、quartz、クォーツ)は二酸化ケイ素 (SiO2) の誤りです。
    申し訳ありませんでした。

    絶対零度の本当の意味

    <追記>があります。

    幼児と乳児をほっぽり投げて。えすぱー女房単身旅行中!
    なので私ブログで頂くメールにお返事する時間も無く。
    申し訳ないです。

    近ごろアセンションを推進するサイトなぞで良く耳にする「ゼロポイント」。
    これなんだろなー。と思いつつもずっと放っておりました。
    昨夜いろいろな意識体から色々な情報を伺っている最中、「ゼロポイント」という語句が出まして、
    意味解らないので質問しまして、そしたらその時聴いていた話題から脱線して、脱線して、
    今日ここに記すテーマになったのでした。これは直ぐに発表できるテーマですねっ。ということです。
    んで。「ゼロポイント」とは、このブログで言う法界のことでした。
    ー法界についての過去記事ー

    あと、そういうサイトは対価を求めているとこ多いですが、
    覚醒の先には社会の覚醒があって、それはフリーエネルギー、フリーマネーな社会だと思うのです。
    なのに覚醒進めてお金取る。これ如何に?

    今日のテーマです。
    Wikipediaによると、絶対零度(ぜったいれいど、Absolute zero)とは、物質における
    温度の下限である。0 K(ケルビン)と表される。 セルシウス度で表せば-273.15℃である。
    温度は、物質の熱振動をもとにして規定されているので、下限が存在する。それは、熱振動
    (原子の振動)が小さくなり、エネルギーが最低になった状態である。この時に決まる下限温度
    が絶対零度である。
    古典力学では、エネルギーが最低の状態とは、原子の振動が完全に止まった状態である。
    一方量子力学では、不確定性原理のため、原子の振動が止まることはなく、
    エネルギーが最低の状態でも零点振動をしている。

    とあります。これ本当でしょうか?

    その前に絶対零度とは何の意味があるのだう?そして何故それが存在するのか?
    子供の頃から思っていました。
    何故その温度で全て凍ってしまうのだろう?高い方は際限無いのに、低い方はたったこれだけ。
    生活レベルで普通に考えてもどうも不自然です。
    月の自転周期と公転周期がドンピシャ27日7時間42.2分なのと同じくらい不自然。
    ずっとそう思っておりました。
    その謎のベールの1つが今日剥がれ落ちました。

    実際高次元情報は一方的に聴くだけ(勿論質問はしますが)なので、というか、現代の物理科学の
    根源的概念が1mmも合ってないので、私もそう簡単にはそれを信じられないわけです。
    と言うより、自分自身の妄想ではないか?という疑念が湧くわけです。
    しかし今回その説明の中に、素数の541というのがが出てきまして、
    私の頭は541が素数だとは憶えていないのです。当り前です。
    そんなこと普通の生活や音楽とは全く縁がないですから。
    縁があるのは素数を専門に扱う数学者だけでしょう。
    で、541が説明に出てきた時、待ってもらって調べました。
    結果、それは素数でした。私の疑念も消えて、今回の記事になるわけです。

    それでは本題です。

    高次元意識体イザナギノ尊によりますと、絶対零度は法界が全宇宙に放つ大元の基準。
    マスタークリックなのだそうです。
    仮に1℃上げた−272.15℃にしたとすると、
    陽界に於いては核融合温度が5億倍にも跳ね上がり、
    1℃下げた−274.15℃にしたとすると、
    素数541の物質までしか核融合を起こさなくなる。
    いずれの場合も生命が発生、進化できる状況ではなくなるそうだ。

    Q:ではそのマスタークリック絶対零度とは何なのであろうか?

    そのマスタークリックは法界の最中心部より2831番目の8次元物質、ヒノタイスノオオカミから
    全宇宙隅々までまんべんなく送り続けられる。『あ、お、う、え、い』の言霊の波動なのである。

    Q:それは人為的なことなのだろうか?

    そうです。120億年の経験と技術の蓄積の賜物なのです。

    Q:法界にも生物が?

    勿論です。

    Q:では、我々の知る地球周辺世界もある意味人造世界だと?

    その通り。高等生命体は簡単には発生しません。2、3億年では無理です。

    Q:もし、ヒノタイスノオオカミの『あ、お、う、え、い』が無かったら、物質の温度はどこまで
    下がるのでしょうか?そして限界はあるのですか?

    120億年の我が宇宙、アカシックレコードに記されている、他世界での出来事だが、
    不幸にも絶対零度の意識(波動)が失われた世界は、際限なく温度が下がり続ける。
    そしてそれは今でも下がり続けている。それこそ真の地獄なのです。

    宇宙というのは、『あ、お、う、え、い』の波動の上でしか存続しません。
    そして、その波動を搬送波として多種様々な波動が乗っかり、
    アカシックレコードを形成しているのです。
    それは何処其処にあるというものではなく、宇宙そのものがアカシックレコードであり、
    アカシックレコードのことを宇宙と呼ぶのです。


    ということなのです。
    始めは猜疑心もありましたが、今ではこれが真実なんだ。と
    母に見守られているようなあたたかい温もりを感じます。



    <追記>2011/9/19

    どのようなロジックでこのマスタークリックが発せられているのでしょうか?

    発しているのは最終8次元物質ヒノタイスノオオカミですから、
    当然全ての世界、物質に対してです。8エレメントですから。
    発している波動は言霊(念)ですから陰日向なく届きます。
    そして『あ、お、う、え、い』は声を出せば分かると思いますが、
    >デクレッシェンドしています。
    ここに大きな意味があります。
    物質の自らの変容を促す言霊は基本的に、<クレッシェンドを使用します。
    しかし、『あ、お、う、え、い』は物質の意識をこの言霊に引き込むのです。
    強制的な意味合いがあります。ですからこれでリミッターを掛けられるのです。

    言霊『あ、お、う、え、い』は搬送波の役割もあるといいましたが、地球の過去の物理学に
    もっと正確に概念を伝える言葉があります。
    エーテルです。
    ヒノタイスノオオカミが発する言霊は波動を伝えるエーテルと考えるとより高次元のロジックを
    理解しやすいと思います。

    これを聞いて思ったのは、光の波動であれば陰日向が出来て、波動が届く所と、届かない所のむら
    が出来るということだ。
    伝える波動が8次元であれば全てに届くという。
    ということは、波動の種類と次元には相関関係があるのだろうか?

    良い処に気付きましたね。
    可視光線は2、3次元しか届きません。
    X−Rayは5次元迄、
    数霊で6次元。
    言霊で7次元。
    というように、波動にも次元があるのです。
    そして最も高度な波動は音霊なのです。
    音波の状態の振動という意味ではなく、
    音の連なり(例えば音楽)を聴いた意識体から発する波動が
    この世界で最高レベルの波動なのです。
    波動学イヌサンストリマス~序章~
    検索フォーム
    プロフィール

    keinudidio

    Author:keinudidio
    いーろいろ音楽作ってきました、新参者も早55。
    しかし抱える女児二人。さらなり女房えすぱーでござい。
    乱世陰謀雨霰。手前の音楽つづけたものか?
    いやいや浮き世は人情でござい。宵越しの銭は持たないと、
    心に誓、逃げてく日銀。
    色即是空、空即是色。。。。。
    そんな男に私はなりたい。                   山田貢司

    波動学とは現行科学のジャンルを超えて理解することが多岐にわたる為、記事の始めから読み進めることを推奨いたします。

    山毛欅焉、凸品卍

    山田覚醒塾(波動学講習会)お申込要項、及びご連絡先
    keinudidio@protonmail.com
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    家、ie/Passport to Heaven