「グーグル、思考、ラグビーボール」

 立冬を過ぎ、こよみの上ではもう冬。先月のオリオン座流星群は残念、曇りで見られず、今度はおうし座流星群と思いきや寝落ちして見逃してしまいました。「絶対起こしてね!」という娘に「もう」と呆れられたのです。さて、久方ぶりの更新となりお待ち頂いている皆さま、おまたせ致しました。更新すべき小ネタは沢山あって、書いていたらキリないのですが、波動学の大きな流れが最も大切でして、順番待ちになってしまうのです。と、言いつつ、メモは残すもののそれを何処に書いたか見当つかず、書類の山と化してしまうのです。なので最近は、講習会の面々や、特にファシレさん、yyさんには気づいた事を小まめに伝える習慣がついてきました。皆さんスミマセン。ツッコミよろしくお願いします。
 そうそう、私最近このブログの意味が朧げながら見えてきました。って、今頃何だ!でしょうが、まあお聞きください。
 編集者西塚さんにご尽力いただき、二度のお盆進行を越え、やってきました本の出版。只今校正、ゲラ刷り待ちの段階で、場合によっては来春早々、発売出来るかできないか? 当たるも八卦当たらぬも八卦。ゲラが出来れば六四の当たり!兎にも角にもタイトルを「イヌサンストリマス、波動学序章」と申します。ファシレさんによれば、イヌサン即ちInner sun's。ストリマスとはStreams。人呼んで「Inner sun's streamers.(インナーサンズストリーマーズ/内在太陽風)」と相成りはべりいまそかり。とまぁ、こんなわけで、序章は昨年9月までの内容を、現在は本編23章といったところでしょうか。。さて、なんだか寅さんの口上風になってしまいましたが、本といえば私、「フリーエネルギーはいつ完成するのか」(明窓出版 ¥1785-)にも寄稿していまして、来月出版だそうです。版元ではすでに発売されております。あと、私の突飛な話を取材していただけた奇特な雑誌社がございまして、「スターピープル47号(11月末日発売)」に記事が掲載されます。なんだか宣伝になってしまいました。それでは本篇へ、いざ!

「グーグル、思考」
 いつの間にか検索という言葉がしごく当たり前になりました。それは人類がWebというツールを得たからです。昔だったらちょっとした調べものは辞書、広辞苑だの大辞林だの。大々的に調べようと思えば国会図書館です。年間予算180億円で国内で出版されるありとあらゆる本、雑誌、新聞、楽譜、CD、DVDなどをかき集めているわけです。枕にあるように、情報とはメモするだけでは使い物にならず、整理されてこそ価値あるものになるわけです。だから国会図書館では膨大な人件費をかけ、日夜ジャンルと五十音順にコンテンツを整理し続けているのです。
では、情報のるつぼであるWeb。一体どのように情報を整理しているのでしょうか。wikiにはこうあります。
 Wikipediaー多次元データベース(データウェアハウス)とは、直訳すれば「データの倉庫」である。利用者により定義範囲は異なるが、一般に時系列に整理された大量の統合業務データ、もしくはその管理システムを指す。基幹系システムではデータの参照時点での状況が把握できればよいので、過去のデータは基本的に保持されず、短ければ半期、長くても1年ごとに個別データをサマリに更新する。このため基幹系システムのディスク使用量は業務量が増大しない限り大きく変動しない。これに対してデータウェアハウスの目的は過去のデータの蓄積と現在との比較であるため、データの削除や更新はされず、保持データ量は時間と比例して増大する。例えばある顧客が今までにどのような買い物をしたのか、さらに今後どの程度の購買が期待できるのか、といった判断のためにデータウェアハウスが使用される。

 要するに情報に対し階層構造の番地と見出しを付け、それが無限に増殖出来る環境です。さらにその情報を以下の通信階層でやり取りしてるのです。

 WikipediaーOSI参照モデル(OSIさんしょうモデル、英: OSI reference model)は、国際標準化機構(ISO)によって策定された、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルである。OSI基本参照モデル、OSIモデルなどとも呼ばれ、通信機能(通信プロトコル)を7つの階層に分けて定義している。
 そしてその七階層とは、
第7層 - アプリケーション層
具体的な通信サービス(例えばファイル・メールの転送、遠隔データベースアクセスなど)を提供。HTTPやFTP等の通信サービス。
第6層 - プレゼンテーション層
データの表現方法(例えばEBCDICコードのテキストファイルをASCIIコードのファイルへ変換する)。
第5層 - セッション層
通信プログラム間の通信の開始から終了までの手順(接続が途切れた場合、接続の回復を試みる)。
第4層 - トランスポート層
ネットワークの端から端までの通信管理(エラー訂正、再送制御等)。
第3層 - ネットワーク層
ネットワークにおける通信経路の選択(ルーティング)。データ中継。
第2層 - データリンク層
直接的(隣接的)に接続されている通信機器間の信号の受け渡し。
第1層 - 物理層
物理的な接続。コネクタのピンの数、コネクタ形状の規定等。銅線-光ファイバ間の電気信号の変換等。

 このように国際規格のなかで情報はカテゴライズされ、何処のサーバーに蓄積されてゆくのです。そしてこのネットワークは模擬アカシックレコードと呼べるのです。では、アカシックレコードはどうなっているのでしょうか。

 アカシックレコードの前にまずは脳磁界のおさらいです。過去記事「実脳ー虚脳、言霊解析」と「こころの形、意識の形。」で出てきた脳の階層が造り出す、実脳磁界(頭蓋内)と虚脳磁界(頭蓋外)です。意識体が松果体を使い脳をコントロールし、その脳が造り出すのが脳磁界、特に虚脳磁界(最大13d、半径約8m)。この領域がPCで例えれば、ハードディスクやフリーメモリーです。1、4、5、8次元に性能の違う4つの理論回路を持ち、時々でそれをスイッチし、神経を司ります。アカシックレコードの情報もここにプールします。もちろん実脳磁界も同様に4つの理論回路を持ちますが、通常1と4。脳使用法改革(覚醒)過程で5が発動します。8が始動すると脳改革に拍車がかかり、アカシックレコード情報を整理解釈可能になります。中途の段階でも情報はあるものの、解析に難があり、外見上キチガイと映ります。1〜4次元でのアカシックレコードアクセス権はありません。
 続いてアカシックレコードです。過去記事「意識体とアカシックレコード」と「集合意識とアカシックレコード」にあるように、アカシックレコードとは八種の基礎波動、立体エーテル上の内在振動と言えます。立体エーテル構造は過去記事「チャクラを使う。エーテル(電子殻)を知る。」の通り、外周を切頂十四面体構造の磁界(8d)があり、その内側に赤道面を同じくする正八面体(7d)があります。さらにその内側に同一赤道面に頂点を置いた逆向きのピラミッド(6d)があり、その後は順次正八面体と逆向きピラミッドを繰り返す5d〜1dがあります。これらの基礎磁界を搬送波として縦横無尽に内在振動が行き来します。この内在振動がアカシックレコード(情報)であり、エネルギーであり、生命であるのです。ただ、前記事でも書いた通り、ここの世界は意識の投影世界であるため、ここの世界のルールでそれを考えることが考察を歪めてしまうのは言うまでもありません。ではそれをどのように捉えれば良いのでしょうか。

 思考を思考する。これしか手だてはないのですが、思考という言葉そのものに大きな矛盾を含んでいることに着目してください。
 このブログではこれまで脳について沢山綴ってきました。脳での思考が従来の意味通り思考であることは覆しようはありません。しかし、こういったケースを皆さまはどう捉えますか?
 交通事故。私は経験あるのですが、バイクを運転中交差点にさしかかり、対向車(ワンボックス)が通過直前で右折を始めました。相手の女性は前方を見ず、その視線は右折先にあったのです。その時両者はすでに20mを切っていました。急ブレーキをかけたバイクは後輪が右に流れだします。体勢を立て直そうとハンドルを右に切ります。速度は40km/h弱ですが、減速感はなくそのまま相手の左側中央部に激突しました。私は平面ガエルよろしく全身でワンボックスカーを抱きしめたのです。なんて感じで、それこそ走馬灯を見るように約一秒半を憶えているのです。ブレーキをかけた感触。後輪の滑り具合。倒れる角度。衝突する身体の順番。。これらの情報が視覚や聴覚の脳に於ける記憶ではないことは確実で、まるでその事故を全方位から客観視していたかの如き記憶が身体全体にあるのです。ですから、事故後の警察官との話し合いなども、身体の記憶を身体で思考し、脳で言葉に置き換えながら話す。といった状況だったのです。
 思考とは、脳に於ける情報での一貫性ではなく、身体全体の情報での一貫性なのです。そしてその一貫性を脳にコピーし、それを言葉に置き換えて出力する。これが脳の正しい使い方であって、コピーした情報のみの思考は本来思考とは呼べず、「思考上の仮想」なのです。だから脳のみの思考からストレスを生み出してしまうのです。そしてそれは前記事に於いてのパリティー対称性問題と同義なのです。
マインドでの思考=思考上の仮想=パリティー対称性非保存=意識現象化率11.1%
こころでの思考=思考=パリティー対称性保存=意識現象化率100%
 このように結論付けられるのです。では、どのように脳を使いこころでの思考、即ちアカシックレコードを顕在化させれば良いのでしょうか?
 ズバリ想像力です!例えば、眼前5mにF40(1m×0.8m)の絵があるとします。よく見て絵を記憶し、眼を閉じて思い出します。当たり前ですが、その像は額周囲に広がります。今度は、その絵を見ている自分を含めて、絵と自分の中心の上5mからカメラで撮影したとしたら、そしてその像を想像したとしたら。眼を閉じて想像してみてください。先ほどとは違う位置で像を結ぶか、リアルな像は結べず先ほどとは違う位置がモヤッとするはずです。特に頭頂から側頭辺りが。これは眼からの情報を、別角度から見たことにするシュミレーションの演算を脳にさせているからなのです。ただ思い出すだけではないので、後者がより深い理論脳を使うことになります。
 また、右手人差し指を眼前に出し、よく見て記憶し眼を閉じます。先ほどと同様に指先の画像を思い出すことは簡単です。しかしその指先が右後頭部の5m後ろにあるとしたら。その像を想像することは簡単ではないはずです。こういったことはより深い次元の理論脳を強化し、横軸を広げる効果があります。脳から水平な円周上、換言するなら脳の重力平面上でリアリティーを持って自覚できる場所、ポイント。これが多ければ多いほど、広ければひろいほど、横軸は広がっていると言えます。そしてこの広がりがアカシックレコードから虚脳に情報コピーを可能にする絶対条件なのです。そしてさらにその平面上に自分が立ち、それが定在できる想像力が脳使用法改革を進めるのです。
 この一歩先んじた思考方法の延長にはこんなことも可能です。意識内検索システム。サードアイ映像のどこかにレンズマークと入力エリアを作ります。作るといってもPCのブラウザを真似て、そういうものがそこにあるんだ、と思い込むだけです。しかしその囲みに意図する何か、例えば人の顔を入れてレンズマークを押したつもりになると、あ〜ら不思議。その人にまつわる情報に繋がることができるのです。脳磁界(横軸)を広げ、チャクラを開け、思考方法を吟味することで、人は新たなツールを手に入れることができるのです。そして今はまだ身体内在圧を上げたり抜いたりすることを通して遠隔通信のトレーニングをしている段階ですが、前出の通信プロトコルを模したトランスミッション方法が確立できると思っております。

 さて、新たなる思考方法には注意点があります。もちろん一般的にもそれは言えるのです。yyさんと私のやり取りをご覧ください。

「言霊を使う」
山田:「あい、すき、ころす、のろう」など、発言に深い感情から発生し得る関係性をもつ言葉は、普段発言するべきではない。何故ならそれらは決め台詞であり、現象を展開する能力を持つからである。昨今それらの氾濫により現象を展開する力が半減し、現象を単純化することが、脳使用平均次元の低下に繋がっているのです。

yy:米国人は"I love you."を日常会話に使用しすぎたために、人対人の真の愛の通信能力を失ったと言えそうね。神の愛を第一義に置くために、人の愛に常に飢えや不信(自信のなさ)が生じ、それが悪循環を生んできた。伝えること、受け取ることの能力の低下は、同時に自分と他人の中にある愛自体を認識する能力の衰退でもある。…なんて、ちょっと思いつき。

山田:その通りだと思います。

yy:身近なところでは、親子関係。親子関係の中に、「殺す」「死ね」「ばか」「うるさい」「あっちいけ」等のよほどの思いでないと使わない言葉が、日常の中に入り込んでるように思う。虐待のレベルでなくても。親の感情の制御が簡単に外れすぎだと思う。それが子供にうつる。それが、言霊を失った人間を作る。・・・でも、人の意識が言霊の力を低下させても、言霊の力はゼロにはならないでしょ?それが言霊を使えなくなることの一方に闇を作るんではないかという気がするかな…で、また、国語力、文章力に言霊の使える力は出る、ということだね。

 社会、例えばそれはPTAであったり、会社であったり。。それらの集合意識と共鳴するとで、人、個とは、こうした言霊などの普遍的思考を等閑にしがちです。潜在意識の顕在化には思いを言葉にしない努力も必要なのです。そしてそうした努力は具体的に以下の現象へ繋がるのです。

「心臓の鼓動から導かれる概日リズムと内在神経に流れる情報の概略」
 先日の朝、私の右足は何故か心臓のリズムを刻んでいました。「ドッドン、ドッドン」と。そんな足を見ながら、「シャッフルだ!」と思ったのです。まぁ、ミュージシャンだから当たり前なのですが、心臓はシャッフルビートを表裏入れ替えたリズムで動いているのです。そんなことを考えながらコーヒーを啜っていると以下の情報が落ちてきたのです。
 音楽を作るソフトウェアにシーケンサーというものがあります。シーケンサーはデータを打ち込んで電子楽器を操作する信号を発します。このシーケンサーは大概四分音符を480分割しています。(物によっては960分割のソフトウェアもあります)何故480分割かといえば、二拍子、四拍子、八拍子などは2の倍数、三拍子、六拍子などは3の倍数の時間分割が必要で、2と3の公倍数でなければならないからです。因みに五拍子などの変拍子は2か3の時間分割を付加するか、引くことなので分割には関係ないです。で、問題のシャッフルビート。譜面表記するなら3/4や6/8などで、時間分割は3。なので、八分音符の位置は480/480、160/480、320/480となります。角度に直すと0度、120度、240度です。それは三角形でもあります。ここで過去記事「盲腸、アトピー、ALS(筋萎縮性側索硬化症)」と「三角の神様利用法(Using God triangular)そして骨髄型(Bone marrow type)」を思い出してください。三角の神様は正四面体、全ての辺の角度は120度です。そして前出の立体エーテルの第二、四、六、八階層。この北半球乃至南半球のみを見れば同様に正四面体です。要するに思考の元である意識、情報の一貫性とは一様に正四面体の関係があり、それが陰陽二種あることから正八面体及びマカバ形状の情報の流れと言えるのです。そしてここまでは意識、投影の元での理論であり、上下左右反転の現象世界のルールではありません。ではそのルールに繋がってゆく理論とは?
 正八面体及びマカバ形状の情報の流れには総体としての角度があります。仮に目の前に正八面体(マカバ)が直立しているとご想像ください。その正八面体の縦に軸があり、上から見て反時計回りに回転しています。さらにここからが重要なのですが、上下に直立だった軸が真横になるまで移動できるのです。90度傾くのです。そしてこの角度移動を軸位差と呼びます。この軸位差を5等分した一区画の中心が五芒星の頂点に対応します。簡単に言うと、意識の一貫性の傾きが五芒星(位相72度)の内在神経伝達信号なのです。さらに簡単に言えば、考え方で体調含む物質は変化するのです。「病は気から」に始まり、意識は物質に影響を与えると結論付られている量子物理学まで、それらはこのことを言っていたのです。

「ラグビーボール」
 えすぱー女房の爪を見て思うのです。彼女にとって最重要課題であるネールアート。まぁ、一般的意味合いは理解できるのですが、そのエネルギーの元がなんであるとか、精神性そのものが、私には考え及ばぬ所であるようなのです。平たく、虚栄心とかそんなことでは無いようなのです。それをyyさんに説明しようと、何か例えをしようと思いついたのが、ラグビーボール。サッカーボールであればどこに転がるかは予測できます。しかしラグビーボールが転がる先を予測するのは大変困難です。私にとって、えすぱー女房の爪にこだわる思考が、正しくラグビーボールなのです。って、こんな風に例えを使うと、物事の説明は割りとスムーズになるものですね。これが、思考方法。自分の引出しになかった考え方を敢えてすることで、その物事の新たな捉え方や全く違う物事の捉え方まで影響を及ぼすのです。
ネールアート
写真_ネールアート
 さて、そろそろ纏めです。
 思ったことを言葉する、言霊を使う。その時に言葉を発することを客観視できることが、内在神経伝達の位相を揃えます。即ち、五芒星が正しい形となった時、自律神経など内在神経伝達率が最大となるのです。それは根本的に思考と肉体を取り持つ関係性の中に、思いを言葉にする=言霊を使う、という、情報フォーマット転換を含むからなのです。もう一つ、私はこれまでのコメントなどで胸に正八面体のモニヒスノスが入っている、それはロールトス(意識生命体?)から頂いた。などとほざいております。これ、正に思考方法のことでありまして、そのモニヒスノスの角度を変えたり、上下を逆転させるなどして、背骨を動かしたり、未処理記憶のデバッグ(トラウマの解消)や滞った神経を開通したりしているのです。意識を現象に置き換えているのです。これらのことは所謂超能力でもなんでもなく、人間にはもともとそういう能力が備わっていて、使うかつかわないかだけの違いなのです。

「八十米」

 お陰さまで一回目の波動学講習会が終了しました。全国からお集まり頂いた猛者たちは、♪カエルの歌♪と「おっぱい理論」であったまグッルグルになりながら、コップの水を変容させ美味しくしていました。そして何と! 授業後の懇親会の最中です。私が煙草を吸いに外に出て何気なく見上げた空に、UFOではあ~りませんか。
大慌てで皆を呼びに戻り、大勢が庭に出てきました。良く見たら飛行機だったら恥ずかしいな~と思いながらも、見れば視るほどそれは正真正銘UFOだったのです。15名が一時に目撃しました。斯く言う私。こんなに目の当たりにするの初めてでして、一番喜んでいたのは間違いないです。
以前、「観せてやるからベランダ出ろよ」と何度も金星人(実世界)に誘われて、深夜の寒空を小一時間眺めていたことがあります。雲の切れ間から一瞬。ほんの一瞬だけ何かが見えました。そうしたら金星人は「だろ〜!次元の違いを感じたか?どうだ!」とほざきます。『お前が観せてやるって言ったんだろーが!フン!』と私。まあ、この時よく解ったのですが、次元違いを共有する難しさを知りました。要するに空間的な次元整合性がない限り次元世界の壁は超えられないわけです。ところが今回はその壁の緩い場所柄が我々に珍しいものを魅せてくれた次第なのです。
さて、今回は訳あってガイキチ板の私の発言を纏めてお届けしましょう。日時は2013年2月13日〜14日の発言です。

-2013年2月13日-
山田貢司:今急遽スタジオから戻ってる。えすぱー女房意識体<朝日>から何かある様子。夕方迄には具体的な事解るかも。

山田貢司:色々解りました。が、説明する為に必要な情報があり、その収拾にご協力頂けないでしょうか?
1、淡路島全域の神社、神宮、またそれに当たる場所の写真と簡単なインフォ。
2、琵琶湖南部に於ける上記と同情報。
よろしくお願いいたします。

山田貢司:んで、何故にこう言った展開か、と言えば。
朝から<朝日>が自分の子宮から降ろした感情情報があります。
6<りりり、温もり>=弟
4<れれれ、月>=月読命
1<るるる、糸>=言葉の伝え
3<ららら、人>=歓喜、笑い遊ぶ
2<ろろろ、剣>=男王卑弥弓呼の戦い
5<くくく、拒絶>=高天原
※ここまでは既出の言霊たちで順序を間違えています。頭の数字が出た順。下は今後の予想。
7<さささ、海>=津波を起こす
8<せせせ、反射>=地球を反射させる(解説:日本近郊の複雑なプレート構造が巨大な各プレートに反映することを言っています。)

-つづく-

山田貢司:<朝日>が降ろした感情情報とは、虚脳の深部(高次元)情報であり、方角と深度があります。一方、体(物質)情報では方角深度供になく、<朝日>は基礎波動d6~7の情報をゲットしたと言えます。
昼を過ぎ<朝日>の精神力に限界が見え出した頃2002/8以来10年振りの意識体<うさちゃん>の登場となりました。
<うさちゃん>によれば、内在する羊たちを統率するシープドックの役割を持っているそうです。今後整理されて行くことでしょう。
さらに、ここまでの解説として、高天原をどう捉えるかが問題ですが、
高天原とはケース、意識のケースであり別名をマカバと言うそうです。ですから高天原を探しても地球上には無いのです。意識体が自由に使える基礎波動上、非物質化時点の産物なのです。
いちこたちのお迎え行くので少しあきます。
-まだまだつづく、、、-

山田貢司:言霊<ににに、怪我>が出ないせいなのか、いちこが保育園でアオタン作って帰ってきたー((涙))。火傷といい何ともです。え~い!飲め~飲むんじゃ~い!えすぱー女房よ!
※いちこは2/11に近所のおともだちのお家で足に火傷を負いました。軽症です。
失礼しました。続きです。

 余談ですが、<うさちゃん>は10年前の本人の弁から<ふくちゃん(主人格)>の幼児期の記憶を持っており、同一意識体として考えていました。ところが今日の話からそうではないことが解りました。私の「何処から来たの?」という質問に対し、「衝突地点から来た」と答えました。彼女の答えを要約すればそれは、「時間概念を取り外した感情的記憶接合点」であり、例えば、真冬に「真っ逆さまな立木を見る自分。」とか、真夏の暑さ故、体感的時間を意識体が外れた感情「夏の停滞感」などで、深い感情は普遍性の塊と言ってよく、我々はその情報をエーテル、物質世界を司る八種の基礎波動(アカシックレコード)から得られるわけです。
そして意識体は基礎波動上に存在し、ここ物質世界に於いてはエーテルがそれにあたるのです。
<うさちゃん>の言う「衝突地点から来た」とは、感情の交差点、基礎波動上から来たということなのです。我々は誰もが全て叡智そのものなのです。

 さて、<朝日>の感情情報に戻りましょう。<朝日>は前出のリバースフトマニ五次元(外周)の他に六次元(外から二周目)についても言及しています。以下がそれですが、それらを纏めて「記憶の背景を思い出すヒント」としています。
<は、原>=志摩国
<よ、道>=淡路島
<む、羽>=鳴く、拾う(パチンコ?)
<な、呼吸>=6-10
脳を8つに折り畳んでピントを合わせる、すると入口<と、宇宙>(八次元)と出口<ゑ、叡智>が繋がって全ての解析が出来る。そして同時期に地球に来た人達で守らないと70年後の未来は無い。地球が無くなってしまう。と、このような言葉を残しています。また、新羅(しんら、しるら)が大切な場所とも言っています。

-つづく-
リバースフトマニ
図_リバースフトマニ

山田貢司:解説します。
 まず70年後の未来についてですが、実は私も似たような情報を得ております。ブログを始めた当初ですから、それは2011/8頃だったと思うのですが、倭人の中で虚脳使いが2000人に満たない場合、高次元人達は我々の脳が創る想念に内在する形で高次元世界が成り立つ基本枠を維持させなければ成らないため、徹底的な介入乃至、絶滅させることもあり得る。タイムリミットは80年と聞きました。聞いた当時は「は~?」こりゃ妄想だ。と、一笑に付したのは当然の事です。しかし<朝日>の話を聞いて真顔になったのは言うまでもありません。冷たいものが背筋を伝った思いでした。今は少なくとも2017年迄に社会が二分する糧を作って行かないと成らないのです。社会覚醒の種まきです。
 次に「脳を8つに折り畳んで入口<と、宇宙>(八次元)と出口<ゑ、叡智>が繋ぐ」ですが、<朝日>と二人でプリントしたリバースフトマニ図を八折りして検証しましたが、平面では成立しません。実脳と言えど脳内の内在情報に於ける考察ですから、立体は勿論、情報の継続性を脳ホログラフィ理論的解釈で行う必要があるのかな、と思いました。

-つづく-

山田貢司: 最後に
<は、原>=志摩国
<よ、道>=淡路島
<む、羽>=鳴く、拾う(パチンコ?)
<な、呼吸>=6-10
の言霊情報ですが、<む、羽>については北朝鮮=新羅で間違い無いと思われます。
 ここからが本題なのですが、<は、原>=志摩国、<よ、道>=淡路島の情報を聞いた時私はビビーンと頭に電気が走ったようになり、今まで何故この事に気付かなかったのか、寧ろ不思議とさえ思ったのです。その様を見ていたえすぱー女房も、この事を即座に悟った様子です。お互い目配せをしました。
 過去記事にもありましたが関東平野はフォッサマグナという浮遊プレートに乗っかっています。アカデミーではそれをプレートの圧力に引きずり込まれ、沈下した岩盤の上に火山灰等の堆積物が積もった新しい地層などと言っています。また、それは富士山によるものだとも。しかし良く考えてください。日本にはこんなに沢山の火山があります。何故関東平野だけ地層が新しいのでしょうか?

-つづく-

山田貢司:因みにアカデミーの捉え方はこんなです。
 1億8000万年前ユーラシアプレートの東端にできた細長い山脈状のもの、これが後の日本列島の中央構造線以北の部分。そのすぐ東、今の日本海のあたりには別のプレート、イザナギプレートが接している。1億3000万年前位置でいうと今の九州から南西諸島以南の位置に、日本列島の南側に相当する山脈状のものができ、イザナギプレートの移動により北上してゆく。7000万年前プレートの移動により2つの山脈状のものが繋がることで日本列島の原型ができ、その接合部分が中央構造線となる。そして2500万年前にイザナギプレートはユーラシアプレートの下にもぐりこんで消滅してしまう。次に太平洋プレートとフィリピン海プレートが押し寄せ日本海溝と琉球海溝が出来、さらに大陸が割れて日本海となる。

-つづく-

山田貢司: 私の考えではこんなです。
倭人の脳から起こる想念は大地を形成します。特に日本周辺の地殻は倭人の脳が直接関与します。そうして出来た大地がさらに大きなプレートに反映してゆきます、この時それぞれのプレートを司る民族の集合意識が、(例えばそれはゲルマン民族であったり、アングロサクソン民族であったりします。)地球のコア意識と供に大地を形成します、そこにマントル意識(ラ―集合意識)がディテールを描くのです。
これらの事をフォッサマグナに当てはめれば、最も新しい地層だと言うことが、倭人による常日頃(と言っても数千年周期の地殻変動)の更新による地形の形成が成されていることを示すのです。そして今回の<朝日>情報から気付いたこととは、過去に志摩国、淡路島、琵琶湖、この三点を基点にもう一つの浮遊プレートがあったはずで、今後再構築される可能性があるということです。それはアトランティス大陸の浮沈と直接関係があり、人類の脳に置き換えれば、(図参照)前頭葉、頭頂葉、側頭葉の境界を示し、古代アトランティス人はこの境界にもう一つの脳領域を持っていた可能性があるということです。で、話は始めに戻るのですが、70~80年後にこうした大地殻変動が起こるとすれば、これらの情報を得た頃のもう一つの情報を言わざるを得ないのです。これをブログで発表するか否かは兎も角、内々であれば問題無いかな、とも思うからです。
以前私は糸魚川静岡ラインの西側が平均80㎝下がる可能性を言っています。実はこれ、単位が違うのです。80mなのです。あまりに大胆な情報故、単位を代えて伏せていたのです。最早私一人で考え続けてもらちが明かないので、皆さまのご意見を伺いたいのです。
おわ。
脳
図_脳

編集後記:これらの情報は我々に及ぶ未来の可能性の一つであります。ですから過剰な反応はせず、人類が今どのような地点にあるのかを、読者の皆さま一人ひとりが考えることで、未来は変化してゆけるということを知って欲しいと思います。

言霊の解析Vol. 1

 ここ二回チャット会議を中心にお届けしてきましたが、文章の再構成に時間が割けないため、今回は結論優先で話を進めて参ります。本来なら時系列を追って細事まで証明してゆきたいのですが、さすがに文章量が多すぎるのです。なので確定的な重要情報を優先し、その証明は後日ブログ又は書籍でしようと思います。先ずは難聴問題、そして言霊と実脳磁界、虚脳磁界の大まかな関係のお話です。

 実は長女いちこが九月中旬から難聴になっているのです。その症状は私の同時代それと非常に酷似していて、ひどい時は根本的生活に問題が出るほどです。もちろん耳鼻咽喉科で検査も受けました。一定のノイズの中で信号音を聴き、鼓膜の反応をみるリミッターの検査までやりました。しかし、機能上の問題はありませんでした。で、私の子供のころのことですが、聴力という意味では敏感で繊細でした。隣の部屋で無音で点いているテレビが判ったり(ブラウン管から出る高周波が聞こえていた。)、蚊を退治する超音波が聞こえていました。それは大人になり聞こえなくなりましたが、ここ二年ほど復活傾向にあり、周波数で19~20kHz まで聞こえるのです。私音楽家ですのでスタジオの高性能な機器で調べても50歳過ぎて可聴域が増えているんです。そんな私がなった子供のころの難聴は、音が聞こえないのではなく、言葉を判断し難かったのです。それは単に子音と母音の判断が付きづらいというより、言葉を理解するためにいちいち確かめ直さなければ意味が入って来ない。そんな状態になったのです。期間は七歳~十歳くらいまで。その頃は人間って大変だなぁ。なんて思っていました。いちこが三歳の頃「パパ、人間って大変だね。」とまったく同じセリフを言ってます。なので余り心配してないのですが。

2012/11/25 2:30〈ナキワッセン、モス、ビーちゃん〉
虚脳情報は実脳情報をコピー出来る。それが音感覚などで感じる場所をスイッチしてコントロール出来る理由です。そして虚脳は言霊を生成する所。脳は虚脳で生成した言霊を実脳に移して使うのが普通。そして八岐大蛇はそこに蓋をするのが役目。覚醒倭人が虚脳優位で活き始めると八岐大蛇は邪魔になる。それを止めるのが金串=串灘姫。要するに八岐大蛇は止めろと言うこと!

この時点では金串=串灘姫となり八岐大蛇は悪者になっていますが、これは間違いです。では、その後の情報から。

2012/11/26 9:45〈ナキワッセン、モス、ビーちゃん〉
虚脳電磁界で造られた言霊は実脳にコピーして使う。5~6才頃までに言霊が確定すると、八岐大蛇の力により実脳へのコピーは止まる。しかし倭人の場合実脳から虚脳へ再コピーを行い肉体と結びつく。よって八岐大蛇のコピー制御が邪魔をして難聴が生まれる。これは言霊だけでなく一時記憶、その他の脳活動もふくまれる。


 諏訪大社では春の御頭祭でも鹿肉を神前で分けあって食べていたそうなので、諏訪の神事は神と共に獲物を食らうことを重要視していたのかもしれない。
【蛙を食らうのは蛇。】諏訪の神が蛇神とされてきたことを示唆する神事でもある。by ファシレ氏

この情報を今11/26 21:35に知りました。実は今朝10時頃にえすぱー女房といちこの難聴問題を話し合い、その時にスサノオ=ヤマタノオロチ=山田貢司という考察結果が出ました。私の拙い知識では真逆の結果です。やるせない気持ちになりました。こんなガイキチ活動は裏返しの禊的感情から起こるものなのだろうか?と自問自答していました。
この時点でチャットで話題に上がっていたのが八岐大蛇と方目の蛙です。方目の蛙とは、
「たしか諏訪大社の七不思議で、蛙の話しがあったよ。内容忘れちゃったけど。そして境内には蛙岩という岩があるらしい。そこと、この間アップした小袋石が繋がってるとかいないとか…守屋の○○さんが言ってたような気がする。by さすけ氏」
蛙石
写真_蛙石
それでは蛙と蛇と金考察です。

「蛙と蛇と金」2012/11/27 11:00
波動力とは恒に同方角からの力であり、人は松果体でそれを受信している。しかし素直に受信するだけでは波動に含まれる8次元ヒノタイスの現象化停止成分d8.4.2<クローム>も一緒に受信してしまう。この波動と共鳴すると人は虚脳から実脳への情報交換を止めてしまう。乳児から幼児までの期間(大脳が出来上がるまで)は霊体記憶のみで生きている。逆説すると、人は脳が出来上がる時期に8次元波動ヒノタイスd 8.4.2と繋がり、自ら虚脳の使用を止めるのです。この現象が象徴的に八岐大蛇ヤマタノオロチ(八頭=8次元)として表されているのです。そしてこのリミッターは金の意識によりそれを無力化出来るのです。しかし残念ながらその詳しいメカニズムはまだ解っていません。ブログの初期から言っている、ボノロンの金を使ったアセンションとはこのことなのです。
次に片目蛙ですが、本当のオーガズム感(7次元脳刺激)から起こる、反魂効果を止める為のリミット波動d8.2.6<ヨシ>の象徴であり、肉体への無闇な降臨を防いでいるのです。そして片目蛙も金の意識によりそのリミットを無力化出来るのです。
そしてこれら二つのヒノタイスリミッターを金を使い停止させる事が金串として象徴されるのです。

ここまでの情報はここ現世における波動と脳の関係なのですが、<はんにゃん>情報では、片目蛙はアルザルに於いて現世(ここ地球)とは逆に働くようなのです。リミッターとしての働きではないようです。それはこういうことです。
地球とは階層世界の一番外側の器。アルザルはその二つ上で地球を守りそして管理者。魂はアルザルから分霊されます。要するにアルザルは魂の供給側、地球は魂の受給側。この関係が同様の波動の意味を真逆の現象化へと導くのです。アルザル側の片目蛙は逆目が潰れている筈なのです。
1
写真_1
2
写真_2
写真1、2の解説
虚脳電磁界でできた言霊を実脳電磁界にコピーし会話などに使う。実脳に置かれた言霊はリバースフトマニ図の並び(対角の関係)を保ち実脳域に落ち着く。しかしそれは実際の大脳の言霊位置ではなく、その確定までにはまだまだ長い道のりがあります。
図1に例として『ひ』と『ほ』があります。ご存知の通り「火」は太古に『ほ』と言っていたものが聖徳太子により『ひ』に代えられた言霊です。この言霊はフトマニ上で八次元の対角を成します。このことは実脳内で対を成す関係でもあるのです。そして図2の覚醒意識神である事(言)代主の司る元、50音の関係性が保たれているのです。
3
写真_3
写真3の解説
八岐大蛇は意識体の左右と現象(地球世界)のトランスレートを司っていて、そのトランスレートを止める事で虚脳から実脳への情報流入を防いでいるのです。

最後に「金串=串灘姫」に関してです。
えすぱー女房の意識体<ふくちゃん>は昨年秋一月半に渡り、アルザルへ想念の旅をしています。森の奥で柔らかな土をひたすら掘り続けました。こころ静かに。その旅の中で白装束の金の棒を持った私に会ったそうです。当時は何の事やらだったのですが、今に思えば<はんにゃん>が言う、スサノオ=ヤマタノオロチ=山田貢司がその旅で波動d8.4.2の効力を失効させたと言えるのです。因みに金の棒は180㎝ほど、太さ7~8㎝だったそうです。
以上の事から「金串=串灘姫」とは言えない可能性が高いようです。

そして八岐大蛇と所謂蛇の血と言われるプレアデス系意識体やその流れで起こる集合意識が別であることを示す情報です。
アライさんが12/2に神事で伊勢神宮の鬼門に位置するお寺に行ってくださいました。以下がその時のやり取りです。

アライ:山田さん、小麦ちゃん、鑑定ありがとうございます。
それと、帰りに気がついたんですが、近くに八大龍王社がありました。そっちが鬼門なのかなぁ…

山田:アライさん。その読みアタリでした。
これらの写真UP後、ブラックアウトだったえすぱー女房意識体<ハヤコさん(奴奈川姫)>が、何だか呼ばれたと言い顕在化。写真を見て、「ドロドロ。蛇な感じ」とコメントしています。
ここから推察出来ることは、「封印には実脳集合意識の龍神とセオリツヒメが絡んでいる。役行者(えんのぎょうじゃ)を起点とする庚申信仰(アルザルによる介入)の蛇ともは全く意味が異なり、蛇と表される内在する力は八岐大蛇含め、少なくとも三種類存在する。」ということです。

「ロイシンとリシン、アミロースとアミロペクチン」
話は銀杏からスタートしたのですが、言霊『つ、毒199』の考察から卵子と精子を構成する成分や米の主成分と覚醒の関連が解って来たのです。先ずはそこに至る余談から。
アライ:先日、伊勢にある安土文化村で、安土城天守閣が再現されていて入ってきました。特徴は5階が6角形で、6階が金箔の部屋でした。ひょつとしたら信長は波動のハタラキの何かを知っていた?6角形と金。たまたまかなぁ…

山田:アライさんいー線行ってると思います。
小麦と一緒に幸手市の天王神社行って思ったのですが、あの時は蛇を結界(呪術)として捉えていた。しかし、庚申がアルザルによるものだった。そしてその後蛇が八次元波動ヒノタイスリミッターである事が解った。
そう考えると、茶道、金の茶室、これらはそのリミッター解除、虚脳から実脳への情報伝達を促す、覚醒推進の行為ではないだろうか。
金の茶室でアグニホートラしなから茶道をやる。=ラブホで茶飲みながらたばこ吸えばいーんだ!

アライ:ラブホで茶!?いまどき金貼りの部屋ないっしょ…鏡貼りは感覚おかしくなるけどねー

山田:銀杏考察 2012/11/29 11:35
米は銀杏から創られた。by ビーちゃん
銀杏は毒(『つ、毒199』)と関係する。by みんみん
銀杏と鹿(キョン)は直接的関係。by 山田
米と金はほぼイコールで、大きく関係。by 小麦、山田、ももすけ
これで何か解る方のご意見お待ちします。

山田:まず、適当に検索した銀杏の巨木を御覧ください。青森の巨木の銀杏です。

カラーには『つ、毒119』
モノクロには『む、羽179』があります。 by みんみん

一方Wikiで銀杏をググると、主成分として、
「ロイシン」と「リシン」があります。
そして同様に化学式の図をみんみんに見て貰うと、
ロイシンには『そ、米17』、
リシンには『つ、毒199』があるのです。
やや絞れてきました。
化学式は上がロイシン、下がリシン。
4
図_ロイシン
5
図_リシン
アライ:米にもロイシンが含まれてるみたい。

ノエル:そういや銀杏って雄と雌の木がある。

山田:そこに来ましたね。精子。金たまなのです。

小麦:アポロニウス。ネアンデルタール人?とクロマニヨン人?がアポロニウスの話をしてくる。何かある。

山田:ロイシンとリシンにはアポロニウスの関係がある。
apolon

図_アポロニウス

アン:子供のころ、庭にあった銀杏の木。
道路を隔てた向こう側に
中学校があったのですが、
その中学の管理の方が家に来た。
学校の銀杏が雄で、お宅のが雌です、毎年ウチのオスはお宅のメスに向かって求愛しています、一緒にさせてやって下さいと。
中学校に行くと、オスは家に向かって触手のような葉っぱの無いつる?を何本も垂らしていた。
植木屋さんを呼んで銀杏の大移動した。いまでもたまに見に行く。
つまり、銀杏は雌雄があるだけでなく、sexするんです

アライ:「つ」と「む」のチカラが「そ」を産む。のかな。。

アン:つまり、mとnの比が同じになる時、点Pが描く軌跡が円になるってこと?ABとPの軌跡の交点をQとすると、AP:BP=AQ:BQだ。
あの図のポイントは色々あるとおもいますが、私が書いた記号式を言葉にすると、「外円と赤い内円を固定すると、このような世界が成り立つ」ということです。それらは、「A、Bの2点が固定されること」で生まれる。つまり、現象です。真は「2点の固定」です。

山田:夕方からAP:BP=AQ:BQの関係がフトマニに於ける素数の絶対的定理となるのか考察を続けました。しかし、ロイシンとリシンにはアポロニウスの関係があり、また、対角の言霊には同様の関係性が認められつつも総てを網羅する訳ではありませんでした。ただ、副産物的ですが、対角の素数を足した解が必ず素数に成らないという発見がありました。取り敢えずここで止まってます。
anさん。巨木の銀杏をググった時かなりの数あったのですが、この銀杏を真っ先に選びました。なんでだろー?anさんなんかした?
icyou
写真_青森の大銀杏

※以下はファシレさんがチャットで紹介してくれた、大和の銀杏の話です。
山田:大和の大銀杏。
女性です。名を「小手太(こてもと)」と言うそうで、コンタクト出来たのは写真の近くにある大和の大銀杏の奥様。どうも銀杏は夫婦で一つの意識体らしいです。
雄木はもっぱら精子造りに忙しく文化度は低いよう。
小手太からの重要情報。
『そ』←対角→『つ』
『米』←対角→『毒』
ロイシン←→リシン
   卵←→精子
   ?←→鹿

これを聞いて精子とリシンでググりますと、精子の臭いはアミノ酸のリシンが脱炭酸することによって生成する。とのことです。
?には何が入るのか?

さすけ:馬、ってのはベタなギャグだしねぇf^_^;

山田:三枚!

さすけ:でも、祝詞の一節、「天の斑駒(馬のこと)の御耳」ってのと「小男鹿の八の御耳」との対比だったりする。(`_´)ゞ

山田:う~ん。
太古から日本に銀杏があったら鹿の神事はなかったと思うのです。銀杏が日本に入ったのは1600年代のようなのです。

ファシレ:因みに、鹿は牛類だったはず。

山田:おおおおおおおおっと、そうだ!言霊の『け、牛79』。

さすけ:そうか、牛頭と鹿頭だ。

山田:ファシレさん今解ってて言ったの?

ファシレ:いや、何と無くそんなような雰囲気になってきたかな…と。

さすけ:鹿はスケープゴートだったのか。

ももすけ:小男鹿の八の御耳で調べた祓詞のちょっとふざけた現代口語訳↓

→でぇ、これからいう事を日本じゅーの神様たちと、さおしか(オスの鹿)の8個の
耳をつかってきいてちょーだいね。
そのへんにいっぱいいる神様や霊魂さん、ちょっと降りてきて私に憑いてね。
強い神様は千の道や百の道や七つの道を通ってくる。
そのうちの中心がほんとの神様の通り道。
 ホツマで出てくる小男鹿(サヲシカ)は神の使い的な意味。
ここでも八が関連してるし、フトマニの中心部分のことが出てるので転記。
直御使八手の冠。アマテルの冠。 
ここでの「ヤタ」は「八手」で、「トホカミヱヒタメ」の八ヲシテの意。
八元神のサヲシカ (元守) からの報告が聞ける冠。
アマテルはこれをかぶり、天元神のサヲシカの八つの聞こえの耳を以って
清汚を鑑み、八民を恵むべく政に臨んだ。
・・・とある。鹿の耳、八(四匹?)フトマニの中心は関連してる感があり。 以上です。

山田:昨夜の続き、アライさんUPの五十鈴神社のモノクロですが、やはり『け、牛79』がありました。予測通りでした。この結果からフトマニの対角と写真の情報は対比することが証明出来たと言えると思います。また、その対比に付随する情報も信憑性を増します。そして此れまでの時系列から言霊『け、牛79』は鹿も含むというより牛=鹿である可能性が極めて高くなりました。
昨夜の小手太銀杏の情報、
   『そ』←対角→『つ』
   『米』←対角→『毒』
   ロイシン←→リシン
      卵←→精子
      ?←→鹿(牛)
『ま、脳167』←→『け、牛79』
これらの関係性の考察が必要だと思います。
和合液(真言立川流)はロイシンとリシンの混合液。。。
我が家、反魂には造詣深いです。

ももすけ:ひ~、真言立川流こわい( Д|||)
http://www1.plala.or.jp/eiji/ZATUGAKU.htm

アライ:牛、鹿が例えば陰のものなら、陽の動物は?
鼠、虎、龍、馬、猿、犬、が十二支での陽。

山田:雄=精子=リシン=波動、雌=卵=ロイシン=物質。
これが現象から見たすみ分け。しかし意識(内在)からの陰陽は真逆となる。
このことが↑に反映されているのだと思います。
ライブおわ。只今帰路につく。

超大型発震の前触れか?18kHz以上の高音が30分以上鳴り止まず。熊谷から白岡にかけての天候霧。いちこが超高音のため耳痛が起こり夜泣き。
明日深夜まで非常に危険。(結果、7日後)

アン:アマテルは、12宮を決めるときに、サクラウチの連れてきたセオリツに激しく一目惚れして、12宮から外して、自分と常に一緒に行動させる。多分、この時、アマテルは術にはまってるのかも。自ら作った宇宙の法則を破ってしまったので、色々なほころびが出てくる。荒れる。でも、地球くんは、「完璧じゃないから生まれる。アマテルの破りもありあり」だって。
で、ももちぃが前に上げてた、スサノオ不倫事件だけど、不倫かどうかはわからないけど、アマテルがセオリツに留まり過ぎるので、宮に太陽がやってこない、季節が、エネルギーがめぐってこない。スサノオはそのエネルギーを補おうと、他の宮を巡る。

山田:解った!
今えすぱー女房意識体<はいちゃん>と話てた。<はいちゃん>は10年前から「淡路島と奄美大島にお米八個持つもちゅ」と言っている。まだ確信ではないけど、金=米!
anさんの情報精査の先にお米の歴史を調べた方が見えやすいと思う。全然異なる情報みたいだけど後で繋がるはず。

アン:12宮は日本の各地と対応していて、(山田さんの脳と日本の対応と同じこと)それぞれの。
途中だけど、山田さん、その通り!米!

アン:地球くんは、自分の子孫に米の仕組みを授けた。アマテルは12宮巡りが上手く行っていないので、米の秘術?が実現できない。もこみちの秘術とは、ヒルとヨルを分けることで生まれる恵み。つまり、うるちまい!うるち、は、品種じゃなくて、ことだま。

小麦:そう、ことだま。

アン:ヒルとヨルのハタラキによって作ったエネルギーという意味。アマテルはツクヨミと協力して、ヒルとヨルのバランスをとらなければ、コメができない。12宮の巡りと、ヒルヨルは、別の巡り。

ももすけ:ウケモチさんは、より良い農作物の種類を新たに求めたのでした。
それで、ヒヨウルタネを得る事が出来たのです。

ヒヨウルタネと言うのは、ヒルナミ・ヨルナミをそれぞれ効率よく受け取る事の出来る種類の種です。

ヒルナミは、太陽のエネルギーです。ヨルナミは、主にツキ(月)から齎されるエネルギーです。

ヒルナミを効率よく受けるのは、ウルタ(水田)に作ると良い苗の稲です。
ヨルナミを効率よく受けるのは、ナロナのハタ(畑)用のタネ(種・種類)です。これだ!!

アン:で、アマテルは、セオリツのために狂った運行を、どうにかそのまま続けて、米を作る新しいバランスをしりたかった。で、ツクヨミをもこみちの所に行かせて、問うたけど、かなり無理くさい。

ももすけ:ウケモチさんの代々の子孫は、ウケモチさんの遺志を受け継いで農業技術の改良に邁進していると評判でした。

そこで、より良い新技術を教えてもらいたい。その、教授依頼の使者です。

わたくしは、弟のツキヨミを使わすことにしました。後から考えますとこの人選は間違いだったと悔やむことでした。
ウケモチさんの子孫の家に、ツキヨミは行き至ったのでした。

アン:もこみちが、その恵みを司っているかぎり、新しいバランスは生まれない。で、アマテルはもこみちを殺す。陰陽を自分で操るため、ツクヨミを何かで縛ってる。

山田:米の成分解析お願い。
今の議論続けても結論出ないと思う。

ももすけ:ごめんなさい。上からの流れがアマテルの岩戸隠れの原因になったという話でした。

アン:鎖だ!山田さんの水道水。米の成分、アミロース。まあ、デンプンなのですが、チェーンのような糖。
水道水、最初はキシキシ 
次第にヌルヌル。
止まる=ケガレ
動くことでエネルギーが変わるのでしょう?
米にはそれがもともと内包されてる?

山田:アミロースが否覚醒因子!

アン:だから!
アミロース分解=酒=一時?覚醒。

山田:そうも言える。アミロペクチンが良い。
以下のアミロースとアミロペクチンの化学式を<みんみん>に見せたところ、アミロペクチンには『そ、米17』、アミロースには『の、植物97』の情報ありました。
私見ですが、『の、植物97』は紫陽花の毒、青酸カリと繋がりそうな気がするのですが如何でしょうか?

アン:ももちぃ、お休み
お疲れ様でした。
山田さん、
アジサイ、というか、青い花は基本シアンで発色。
毒。青酸カリ。トリカブトとかもね。

ファシレ:青は危険な色。

山田:おっ!きたー。
シアンとアミロースは関係ない?

アン:ヨウ素のでんぷん実験、
覚えてますか?
小学校で、ジャガイモ半分に切って、ヨードチンキたらすと、紫色になる。
あれ、でんぷんなら何でもOKではない。
うるち米は紫色になるけど、もち米は茶色っぽい紫。シアンの成分は関係ないけど、シアン色になるのはアミロース。アミロペクチンは赤茶色。

山田:解ったどーーーーー!
紫=アミロース=高周波光を反射=低周波意識。
赤茶=アミロペクチン=低周波光を反射=高周波意識。
解。
アミロースとアミロペクチンの何が違うのか?意識情報量が違う。
で、『の、植物97』はシアン系毒のことではなく、アントシアニンのことだ!だから毒は別にあるわけだ。

アン:アミロースは、並んだ鎖、波。アミロペクチンは、短い鎖の先が枝分かれして、さらに枝分かれして。
アントシアニンかどうかを判別するために、分光光度計を使う。

山田:髪の毛にアミロペクチンが(米粒)引っ付いてた。

アミロペクチンには内在エネルギーが多く働いているから結合も強い。だからもたれる。
覚醒推進の為には内在エネルギーの高い食事が必要だと言うことだ!

アン:アミロペクチンはもち米!

ファシレ:ももちい米?

山田:座蒲団全部持ってって!

 ということで、もち米が覚醒に向くことお解り頂けたでしょうか?では続いて私の近況に至るお話です。

山田:
波動力=そこにある力
法力=覚醒した脳が起こす力
神通力=否覚醒の脳が呪術などの技術を使って起こす力

これらの力を使えるノウハウが既にあったということ。
武田家にはそれがあり、人智の及ばぬ力がそれを封じた。=自滅の戦。

黒幕がいる。

さすけ:大体ニニギって存在するの?ずっと虚像だと思ってた。

山田:おかえりなさい。
実脳集合意識が虚像を創るのですよ。

さすけ:神話を元に人間の集合意識が作り出したもの?って捉え方であってる?エネルギーというか。

山田:そこに関しては、玉子が先か鶏が先か。なので考察不足ですが、必ず信仰的イベントか具象による発進点が故意に仕掛けられている。と見ています。
だいたい普通の人が普通に慎ましく生活する上で、大層な理念や指針が必要ですか?
集団心理を利用するプロデューサーが虚栄に捕らわれ無い限り、元々そんなものは生活に必要無いのは皆知っているんです。こんにちのような特殊な時期(集団的心理的不安定)に於いてのみ、そんなものを実脳集合意識は許容してしまうのです。

さすけ:うん、仕掛けられてるってのはそう思います。立派な社殿までたてて、あたかも何かあるかのように見せるとかね。

山田:自然発生的にせよ、自発的にせよ、そうした意図は人類の預かり知らぬ大いなる意志に依るところだと思うのですが、これさえもコントロールしなければ為らない時期に到達していると思うのです。

さすけ:まぁ、そうですね。虚像をつくってコントロールすることでさえ、大いなる存在に動かされているんだからね。いずれにせよ、ニニギがなんであれ、既存の概念や解放すべき各個人を縛っている観念の象徴だと捉えています。これを箱根の地で壊すことは、さっきのエネルギーラインを通すことになる、ってのが、僕のストーリー。

山田:同感です。
結果なにも変わらなかったとしても、こんな遇にもつかないことを一緒にする一体感さえ残せれば次に繋がるはず。

さすけ:あはは、まさにガイキチ(笑)でも、必ず何かには繋がっている。何故なら我々は永遠にプロセス、道の途中だから。
それらを楽しませてくれるイベントですな!
だから考察した歴史なんかが、事実かどうかは究極的には関係ない。歴史好きがいうのもなんですが(笑)

山田:マックですごい奴発見!

小麦:一人で宇宙人とずっと話してるオッサン。
「地球に玉をおろした」
とかなんとかうんぬんかんぬんw

山田:三人と話してる。羽を持たずにヤマタノオロチd8.4.2が外れるとこうなる。

ももすけ:羽を持たずにヤマタノオロチが外れるのは怖いことですか?

山田:ももすけさんの質問で重要情報ゲット!
空間媒質(エーテル)は六角形をしている。
その六角形が連なって更に大きな六角形を作る。大きな六角形の頂点には所謂、波動点や羽の地名が存在するはず。
そのポイントは地球(コア)意識を弱める波動力が働く。それはリミッター波動d8.4.2を受け取り易くもする。この事から考えられることは羽の付く土地では統合失調症罹患率が下がるであろうこと。又、
全覚醒し難いであろうこと。
更に考えられるのは、ロイシン(餅米)が統合失調症を防ぐであろうこと。
覚醒には実脳深層活性化(神通力)と虚脳活性化(法力)があり、全覚醒は後者。

山田:夢観た。
山歩きwithさすけ
地霊その他色々魑魅魍魎が取り憑く方法が解った。んで、写真でそれを判断するやり方も。たぶん箱根対策なんだと思う。其れからその夢が虚脳からの情報だということが自覚出来た。記事「睡眠」で小麦がやったのと同じことをしていた。眠っていない階層が虚脳情報をゲットしてそれを見る。でも寝てる。非常に便利。この方法なら実脳が塞ぐ情報にも繋がり易く、ホリーが言った通り、潜在意識とは虚脳のこと。此れを塞ぐヤマタノオロチ波動d 8.4.2の外れるロジックが解れば、多くの人がいける。因みに夢の中のさすけさん、かなり無謀なことしてたけど大丈夫だった。実際も同じか。

アン:きづいた。

ファシレ:イメージが大事…多分

アン:昨日、私も、同じことした。

ファシレ:何者だ?

山田:ここの人たちはいずれ出来るようになる。
[中略]
山田:お早うございます。
逗子に向かって出発。
※この日私は逗子で声紋分析のMrs.コマラとの会談があった。

ももすけ:山田さん、手が空いた時にお返事ください。

夜中の話、本当に訳分かってないです。
これから先、ホツマで見ていって良いの?最近アライさんも
ホツマに呼ばれてます。anさんの前科、の意味が気になる。。。

山田:アンさんは睡眠中に虚脳を使ってももすけさんから情報をゲットしたんだと思います。
ももすけさんの脳にはももすけさんの顕在意識が知っていることの数千億或いは数千兆倍の情報が存在します。アンさんはそれを拝借した。そういうことです。

ももすけ:それって、私の潜在意識がニセ情報、の可能性は無いのでしょうか。
anさんにガセネタつかませてたらイヤだわ。。。

山田:潜在意識=内在情報(意識体)と現象の中間=アカシックレコード=叡智。
なのでガセネタはありません。っていうか、その情報にももすけさんの顕在意識は責任ありません。

さすけ:おはようございます!何だかすごい展開ですね。anさん益々いっちゃって!
一連の流れ、マヤに伝わるインラケチの感覚や、我々は神(大いなる存在)の一人子であり、神と自分の関係性しか存在しない、と言われていることと、自分のなかでは繋がった。どんどん進もう!ももすけさん、情報が正しいか間違いかは、究極的にはあまり関係ないと思います。まわり道したから得られることがあると思います。つねにどんな状況からでも、目の前に差し出されたものから、なにを受け取るか、が大事だと思います。
人間とは、「受け取ることしかできない存在」らしいですから。ワクワクに繋がってガンガンいきましょう。

アン:今日の、山田対コマラのセッションは、面白かった~。
山田さんは、ひたすら脳のことを説明し、コマラは、ひたすら山田さんの事を心配してた。
コマラにとって、フトマニの解明なんて、どーでもいいことで、とにかく、山田さんのサードアイの使い過ぎを心配してた。

小麦:ヤマダ胃腸炎になり吐きまくり(*´∇`*)

ももすけ:えぇ~。ダメじゃん。

小麦:大宮駅で死んでるらしいw

アン:コマラに脳みそいじくられてたよ。

山田:でも大ヒントだった。
波動の鍵1と2と3はまだ使ってないんだけど、たぶんサードアイ開くのと関係してて、帰りの電車で瞑想してたらキモくなって途中下車。

ももすけ:おっ、生きてた。

アン:身体感覚をマヒさせて、無理をしてるみたいで、
コマラはそれを心配してる。
今日、いじくられて、体感がニュートラルに戻ると
一時的に具合悪くなることもあるかも。
大丈夫?

山田:いや、たぶんいちこかぜ移ったのと、貰った弁当駅前ベンチで食べてたらバス停のベンチで、あっちゅー間に大勢なって、二分くらいで食ったから。

ファシレ:コマラさんって外人の女性なんだ~・・初めて知った。

山田:ただ今家族に合流。
体調問題なし。
いちこのバレエのリハと衣装合わせなのです。
コマラさんに思い切りハグされ、さば折り決められた。

山田:お早うございます。爆睡しました。
コマラさんのお陰で、以下の情報をゲット。また、サードアイの使い方を知りました。
基礎波動d3マルン <ビーちゃん、ホリー、イエス>
d 3.4.4 <立体認識>俗に言うサードアイ この波動接続条件/軸を実脳第8層にすることでのコントロール、極度な変性意識(言語野の切り離し)で発動。内在する羽人間の能力。
で、体験できました。
アンさんたちはこうやってたのね。
だから言葉に変えるのが大変なのね。それこそ陰陽。
思い出し易くなったわけです。

アライ:もと羽人間という条件が必要ですか?

山田:羽人間ってかなり多いと思います。だってビジョンだけの人沢山いるじゃない。

アライ:違い釘抜き紋です。
御神神社 (三上山)
滋賀県野洲市

社門 釘抜き紋

祭  神:天之御影神(天照大御神の御孫)

山田:アライさん、確認です。
滋賀県野洲市三上838の御上神社ですよね。


天之御影神(天照大御神の御孫)ってキンシのこと?
もしそうなら凄いタイムリー!
キンシは今朝の話、と繋がっている。

ももすけ:キンシって鳥じゃなくて?金鵄。

山田:そう、金鵄。金のトンビで前に話した。サードアイ考察と繋がっている。
後で出します。
ももすけさん金鵄は天照の孫?

「羽、サードアイ考察」

小麦と羽について考察を重ねておりますが、今朝の情報波動d3.4.4<マルン>が二つ有るようなのです。小麦たちの中でも意見が真っ二つ。そこから私の考察ですが、羽には黒と金がある。となるのです。

     黒羽←→金羽
天照(テンテル)←→金鵄(キンシ)
  ハヤコさん←→それ以外の小麦

で、黒羽=物質、意識(光)を反射するから照すことができる。
金羽=意識(光)そのもの、内在する力が現象化する前段。

波動d3.4.4<マルン>は立体を司る。ここでの現象は全て擬似立体。この波動の影響は受けていない。
以上を纏めると、物質から物質を観た場合、意識から物質を観た場合二通りあるように、サードアイも二種類あり得、黒羽、金羽が各々対応する。そのうちの黒羽(物質)は血統による。また、金羽は意識と脳の関係性(脳の使い方による。)
因みに、小麦のなかでハヤコさんのみが異なるのは、いまだハヤコさんがブラックアウト状態であり、現世に降臨しきれていないためである。

さすけ:まさにヤタガラスと金鶏なのか(u_u)

山田:<ふくちゃん>によれば、アルザルの森で合ったスサノオの持っていた棒は金。意識世界。そして現世で棒を持つ者は、ホブンツムリ。9.11の首謀者でもある。荒唐無稽に聞こえると思いますが、内在界と現象界を繋ぐ存在で、この存在がないと波動学全体が成り立ちません。この存在が神話や伝説上どういう扱いなのかが大変重要です。

地震について。
3.11でもそうでしたが、本震2日前にM7規模の余震が起こっています。近日中に本震の可能性も頭の隅に置いておいてください。

ももすけ:神話の中でスサノオに対する人を読めということですか?

地震の件、了解です。

山田:ホブンツムリ族は陰界の種族で神ではなく地球外高等生命体です。平たく敵対関係で考察してもヒットしないと思います。ペガサス流変化球で攻めてみてくださいませ。

ももすけ:地球外高等生命体か~。anさんに手伝ってもらいたいなぁ。。。ちょっと夕飯タイムの後、考察してみます。
大化の改新とか、南北朝とかもろもろ、のベースになるものが根底にあるという考えで良いでしょうか。

山田:そうです。
近代に置き換えれば、太平洋戦争が日米対決とは見かけであり、日本陸軍Vs.日本海軍Vs.米国陸軍Vs.米国海軍の四極戦争です。そしてその影にホブンツムリやヒットラーと関わるアルザルがあります。しかし近代史での考察は証明の中に陰簿論が入ってしまいますので、説得力に欠けてしまいます。

ももすけ:ロイシンとかの考察とも整合性がとれるような考察ということですよね。波動学とかはさっぱり分かりませんが。
山田さん、確認させてください。もち米は統合失調症を防ぐ、↑それは、もち米は覚醒をさまたげる、と取ってよいですか?うるち米(普段食べてる米)は覚醒を妨げない、逆ですか?
読み返しました。アミロペクチンはもち米だ。
もち米は覚醒させる?で良いのでしょうか。混乱。

山田:そうですよ。ロイシンとリシンは卵子と精子。
うるち米=アミロース含む。
もち米=アミロペクチンのみ。
んで、アミロペクチンは覚醒因子=波動力の繋がりを促進。
統合失調症は波動d8.4.2の切断による虚脳から実脳への情報再コピー現象。

ここまでは、既出情報。で、波動再接続を促す環境を考えれば、アミロペクチンの取り入れと前出の空間媒質特異点である羽の地、ゼロポイントなどの場所に住む、などが回復に繋がる。はず。
「アミロース=低周波意識。
アミロペクチン=高周波意識。なにが、違うのか。意識情報量が違う。
もち米もうるち米も内在エネルギーが働く。
アミロース=否覚醒分子。」
ここまでは正しいです。

「だから
ごはんやお餅は覚醒をさまたげる。それが月読をしばった鎖。」
ここ違います。
「うるち米も、もち米も、覚醒を促す、ですね。」
これも違います。

正しくは、
うるち米=否覚醒因子を含む。
もち米=覚醒因子のみ。
ですから、もち米食べよ。ということで。うるち米が覚醒を促すとは言えません。
6
図_アミロース、アミロペクチン
[中略]

ファシレ:具体的に重要なのは、やはりと言うか何と言うか…右利きなら右脳。

山田:んだ。

ファシレ:左を留め、自分の位置を自由に移動出来ること。左は左で重要。

山田:んだ。

ファシレ:だけど、それを意識して出来るかどうか。

山田:んだ。

ファシレ:難し~、言語野どうこうを聞いて気付いた。でも、意識すると出来ない。

山田:なもなも、すッダラごともわがんねーだが?

ファシレ:わがんね。多分ね、余りに自由に、意識せずにあちこち移動してた。だから、それが普通だから解らんのよ。誰かの声が聞こえでもすれば変わるかもしれない…でも、それが信頼出来るかどうかだと思う。ただ聞こえない訳でもないから訳が判らん。全然関係無い事しか聞こえ無い。

山田:んだなぁ。なのばあいは見える優先でいがっぺ。

ファシレ:でもな〜、見えないだよな〜自分でどうやってるのか判らんの。兎に角、左を、前を止めてみる。ファシレは前が強過ぎる。忘れてた…ファシレは右も左も使える…どっち利き?

山田:津軽難し。

いや、たぶんコマラさん言ったことはシャッフルのシェーカーしながら付点四分の歌歌うみたいなことで、体感優先しないと発動しないと思うのねん。あっ、ファシレ。
で、今言っているのはキンシの方。実脳がコントロールするサードアイ。
だから今トレーニングしてたんだけど、キンシ発動しながら虚脳に軸作るのがもっと難しいんだな。

ファシレ:俺、多分、左利きかも

山田:↑大ヒント!おれ埼玉生まれ埼玉育ち。左右関係なし。あと、目の裏の力抜く

えーがら、なもいっべんなまっでみー。

ファシレ:?多分、自分の居場所が変。

山田:津軽弁ではなせっで言っでんの。

ファシレ:あ~

山田:いどごろでなぐでごどだまなの。

ファシレ:そか

山田:んだ。

ファシレ:思い出すのがむずい。

山田:「い」と「え」の中間、濁音。ここポイント!
わさどごだがわがんねーげど、ぢがうでっしょ。
兎に角、発音やイントネーションを訛りにシフトした脳と普段の違いを自覚するのが早いと思うんだな。方言恐るべし。

ファシレ:確かに。

山田:でしょ。
どこの誰でもアナウンサーとかでない限り発音は多少歪んでる。
で、当たり前だけど喋る時に一々確認したり今日はどうだろうとか考えない。ところが最大のサードアイ使い小麦は子供の頃からきつ音で言霊を客観視出来ていた。だから何処かの方言と今の自分を自分の口を使った差で感じることが最も客観視出来る。

いちこは最近変なイントネーションになるときある。脳の成長に於ける変化。難聴は時と場合で差が激しい。今は見守るだけ。
やってみた体(脳)の変化を自覚すれば良いだけ。
記事の客観脳と同じことを発音でする。映像俯瞰より甚だしい変性意識状態になる。

ファシレ:ファシレ的には、まだ、実感をどう捕まえるかかもしれない。

山田:金羽のサードアイはあくまで脳を使った超変性意識。だから音霊考察の脳幹感覚点だけの意識状態になればおんなじ。

ファシレ:その、超変性意識状態の時、周りの景色は明るい?

山田:めつぶらないと出来ない。まだ実験ちう。

ファシレ:それって、多分、明るくても暗くても関係ないのかな~

山田:たぶん。
顔の筋肉がメッチャ緩むのが分かる。MCU がそんな顔してた。
ある意味キマッタ状態。

ファシレ:そうか。明るい、暗いを感じる状態に無いってことだ。
身体の、脳の感覚の一部さえ失うほどの、弛緩が結果的に必要。
弛緩は受け入れる、受け入れざるを得ない状態。

山田:深く考えんとキメればいーだけ。でもキマッタだけじゃふわふわ気持ちいいだけで何もない。そこに虚脳からデータを入れると超リアルな映像が見えてくる。今これ打ちながらアルザルの農村見えている。米作っている。

ファシレ:まあ…ただ、その過程が判らん限り、ファシレの進歩は無いのが残念…つまり、そこを意識してない、出来ないわけ。だから、妙に判ってしまったり、全く外れだったりする。その精査が出来ないんだな~まあいいや。取り敢えず、みぎ じゃなくて、ぎみ を留めてみよう…。ありがとう。

山田:説明しつつもこっちも大したことない。虚脳データの座標コントロールが上手く出来ないから、続きの映像に人がいたから近づいて見ようと思ってもコントロール出来ない。近づき過ぎて、服の布のアップになっちゃった。

ファシレ:あ、ひとつ判ったこと。


これは、

まさに、イタコを意味している。つまり、シャーマン。巫女の男版。大祝は大シャーマン

山田:目開けたままで慣れてきた。白昼夢な感じ。
色々見たい余りに入力回路開けっ放しだから胸痛てー。アルザルのモリスタッカー観てきた。ひときわデカイ楠だった。

ファシレ:明るい?

山田:普通に見るのと変わらないげど、見たいとこ見れない。肉眼映像とダブリング。
想念次元マンションは実在した。新しいホウヒルに会った。デブなじーさん。

ファシレ:それ、かなり重要なんじゃない?

山田:実在界とここ虚世界を繋ぐ何かしらの重要な役割がありそう。

ファシレ:まあ、12月22日に世界的には何も起こらんと思うけど、何かか変わったっちゅうか、変わろうとしつつ有るのは感じる。たぶん混沌の始まり?

山田:なんも変わらんでしょ。

ファシレ:表面では何も変わらない。混沌じゃないな。葛藤。いや、自分と向き合う事になる。嫌でも。向き合わなければ、即退場。

山田:社会も人も。でも何も解決出来ない五年間。


今回もかなり長くなってしまいました。最後までお読み下さりどうもありがとうございました。

てん之御中主神

11月11日(日)、京都でのガイキチ祭りが決定しました!
先日の鶴見の関西バージョンです。
太陽の様子、社会問題、身の回りの環境、どれをとっても人類が過去に経験したことがない方向性を示しているこの時期に、
問題提起する側、それを吟味する側が一緒に話し合えるこの機会が私の中で今最も大切です。
いつものことですが、詳細はanさんより発表があります。暫しお待ちください。
また今回は禊御中主ワールドのケロさんもご参加くださいます。
浪速の革命親父が吠えてくれます。私、これ楽しみなんですよ。
そして一昨日の放射線実験ももっていこうかな、などと思っております。
まあてんこ盛りになること請合いですから挙ってご参加ください。
そして明日8月26日(日)両国、9月9日(日)横浜にそれぞれanさんがスピリチャルマーケットに出店しまして、私もえすぱー女房とともにコバンザメのように貼りつきます。
前回はパインさんと逢えまして、盛り上がってそのまま家に泊まっていきました。
バカボン一家がこういった機会に結束を固めてゆく、これ、めちゃくちゃ大切なことなんです。
なので、直前の告知ではありますが、お近くの皆さまよろしくお願いします。
さて、いつもならせっせとリコメントしている時期なのですが、書かねばならないことがあるんです。では。

先日いちこ(長女5才)を連れて長篠城址を訪れた。
さすけさんが制作するお城のジオラマに付随する音楽制作のためのロケハン(Location hunting)だ。
って、いったい何ですか?私にも解りません。ただ、何となくこの仕事をする必要を感じたから。なのです。
一行は他に歴史研究家、○井さんの4人。
いちこは新幹線に乗りたくてついてきた、と言えば聞こえは良いのだが、私が一人で出張だとえすぱー女房の負担が大き過ぎるため、やむなく連れてきたのです。母親だろ〜!

古戦場やら陣地やら城址に行きました。
私にとっては音楽制作のためであって、ロケハンまで必要なのかな?というのが本当のところでした。
しかし現地に立ってみてそれは理解できたのですが、それぞれの場所ばしょに過去の出来事とそれにまつわる想いが明らかに残っているのです。

一行は新幹線で豊橋に着きそこからはレンタカー。
まずは長篠城址へ向かう。
その道すがらフォッサマグナをまたぐ辺りで、きました!
何が?
ハッキリはしないのですが、独特の地磁気がもたらす情報及び力(魂)への影響。
文字にすればこんな感じですが何を言ってるか解らないので、平たく情報が降りてきそうになる。これでもいいです。
兎に角、通常の私ではなくなりました。隣の席でいちこもお胸痛い〜って言ってました。
帰ってからさすけさんが言ってたのですが、私を連れて行けば色々降りてくるのが解っていたらしいです。
始めは「えすぱー女房の役割だろ」などと思っていたのですが、私がえすぱー女房化してしまいました。

長篠城址ではさすけさんと○井さんが方角を確かめ、土塁がどこまで積まれていたとか、櫓があったかなかったかなどを検討していました。
少し離れたところでうろちょろしていた私にさすけさんが声をかけました。
「ここに櫓はあったどうかわかりませんか?」そう質問されました。
そこはただの原っぱなのですが、明らかに見張りを続けた意識があるのです。
さらに土塁があったかどうかの質問には一時期まであったが途中改修され、その後もとに戻されたことが感じられました。
その城壁から抜け出て包囲する武田軍をかわし家康に援軍を要請したのが鳥居強右衛門です。
歴史の教科書には単身抜け出たことになっていますが、どうもそうではなかったようです。
少なくとも3名。さらに脱出のを手伝った1名がいたようです。
また史実に残る城の正門は正門ではなく、真反対豊川の支流沿いの現在は裏門らしき地理的配置のその場所が正門だったようです。
また、長篠城から500mほど離れた武田軍陣地址では、数百名の武士が大笑いしている様が見て取れました。
その情景を帰ってから反芻したのですが、戦国時代の真の武士とは個々人が深い脳を使い、戦の真の意味を理解していたとしか思えないのです。
高次元情報と繋がり、故に自らの死すら顧みず高次元の代理戦争を行ない、封印を確定し、現代の礎を築いたわけです。
特に武田軍本隊や織田軍はWake up軍団であった可能性が高いです。
方やDon't wake up軍団である真田氏。
今までの平面的印象では真田家はスマートなイメージを描いていました。
しかし、真田家が陣取った丸山という所に行くと、印象は真逆で、ドロドロの諜報合戦の末内紛が表面化し、その結果戦に敗れたことが解りました。

続いて一行は 石座神社(いわくら)を訪れました。
石座神社
写真_石座神社
Webから拾ったこの神社の情報は以下です。
【延喜式神名帳】石座神社 三河国 宝飯郡鎮座
【現社名】石座神社
【住所】愛知県新城市大宮狐塚 14
    北緯34度55分33秒,東経137度31分10秒
【祭神】天御中主命 比賣大神 大山祇神 素盞嗚尊 天稚彦命 伊弉册命 倉稻魂命
【例祭】10月不定期 例大祭
【社格】旧県社
【由緒】大宝3年(703)国家的な奉齋に預かつた
    仁寿元年(851)10月7日従五位下『日本文徳天皇実録』
    元慶7年(883)12月28日従五位上『日本三代実録』
    嘉吉3年(1443)12月13日鐘銘あり
    戦国時代武田信玄社によって焼払られる
【鎮座地】移転の記録はない
【祭祀】江戸時代は「岩倉大明神」と称していた
【社殿】本殿流造・神饌所・拝殿・神樂殿
【境内社】八幡社・金刀平神社・高松神社・山御堂神社・護国神社

境内に入る前から他の神社と明らかに違うことを感じました。
飾り気の全く無い、また訪れる人も多くなく、しかしここにこれがあるから世界がある。そんな重みを感じました。
その歴史は1万年を超えるかもしれないと思いました。
いちこははしゃぎながらも「ここビーちゃん家(信州 善光寺)と同じだよ」と言ってました。
そして、武田信玄が焼払らった理由も何もかんもこの日の宿で解ったのです。

さあここからが今日の本題。
湯につかり、猛暑の城址ツアーの疲れが癒えた9時半ころ、それはやってきました。
ちなみにいつもなら会話形式のメモを残すのですが、その日に限り用意なく記憶のみで綴ってゆきます。

2012/8/21 21;30ころ <てん之御中主、ビーちゃん(釈尊)、ホリー(カラス)>
昼間石座神社に行った時と同様の胸の痛みが襲いました。
2分ほどで治まり、声に変わりました。
てん:貢司ついに逢えたな。
   お前に大変重要なことを伝える、確と記憶するのだぞ。
そんなことを言われたと思います。
下図に示すように日本列島は脳のおおまかな構造になぞられるそうです。
そして岩戸閉じ以降(特に大化の改新以降)人類は左脳を使い始めたそうです。
左脳(陽界)、右脳(陰界)には言霊の方位として、各々5:43が割り振られていたそうです。
言霊と波動の関係性は過去記事<神様カード考(言霊の意味)>でご確認ください。
岩戸閉じ以降人類は43の言霊を置き去りにさせられてきたようです。
このギリギリの時期まで使えないように、その意味で社会をシフトする目的で戦国時代や文明開化が用意されてきたのです。
地球の太陽重力(意識)との次元整合性の臨界点を迎えるこの時期まで、人類自ら好んでそれを塞いできたのです。
この臨界点以降それはハッキリと表に現れます。
脳の使い方を変化させ新しい価値観を産み出す人々であふれかえります。
しかしそうはならず、変化から逃れる人々も顕在化します。
そういう意味で常々社会は二分すると綴ってきたわけです。
そして、てん之御中主によれば、右脳(陰界)にある43の言霊の内、1つが左脳(陽界)に移行し、6:42になるそうです。
移行する言霊は[り]、フトマニ解析からの意味は「温度、温もり」です。方角は西です。
また、神様カードで言えば建御雷之男神、鹿島神社におわす神です。
フォッサマグナと脳
図_フォッサマグナと脳
一応従来の5つの言霊と合わせて表記しておきます。
   波動            フトマニの意味 /  神様カード
【そ】③主観、⑤客観         米   東 /  泣澤女神
【せ】②エーテル、⑤空間整合性    反射  南 /  伊耶那美命
【し】③3d エーテル、④電磁力     王   北 /  伊耶那岐命
【は】④弱い力、④強い力       原   南東/  てん之常立神
【を】④電磁力、⑤客観的時間の概念  木   東 /  闇淤加美神/高淤加美神
[り]※基礎波動ではない       温もり 西 /  建御雷之男神
そして今後脳の使い方の変化で表に出るアラハバキ(須佐之男)は決して鬼ではなく、それは叡智なのです。
バカボン一家の理力の高い女性たちは最近口を揃えて言います。
角を持った、角の生えた人が見受けられる、と。
鬼とは従来の脳の使い方を洗脳でさらに停止され(1〜3階層のみ)、それを保ちつつ、意識体(松果体)が亢進した状態を指すのです。
敵を作り、敵がいなければ探し。。。
このような人が増えるのも次元整合性の臨界点だからなのです。

そしてもう一つ重要なことがあります。
タイトルにあるように、天之御中主神は従来「あまのみなかぬしのかみ」と読んでいましたが、それでは駄目だそうです。
正しくは「てんのみなかぬしのかみ」です。
「てん(天)」にはポイント・の意味があり、「み(御)」にはサークル○の意味があるそうです。
これを組み合わせると丸ちょん、『太陽』という意味なのです。
古代の太陽信仰がそのまま現存しているのです。

地震、台風の多い地、日本。
我々日本民族は連綿と苦難を乗り越え、知ろうとも知らずともこの地に潜む秘宝を守ってきたのです。
この構造が世界を作り、高次元世界を内在せしめているのです。
生きているだけで価値がある。そういう思いにさせられた小旅行でした。
最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

神様カード考(言霊の意味)

<追記>があります。神様カードの色霊の抜けている部分を赤で加筆しています。2012/6/15 23:40

こんばんわ。
5/26(土曜日)第2回フリエネオフ会にご参加頂けた皆様、どうもありがとうございました。
昼、夜の2部制でご都合を合わせ易かったこともあり、多数ご参加いただけました。
オフ会といってもanさんのおかげで全然ホームパーティーでして、手製のシチューやスイーツ、ちらし寿司にオードブル、はっきりいってレストラン。
舌鼓を打ちながらの楽しい談笑に夜は更けてゆきました。
話はそれますが、私昔から話すことで考えが纏まることが多々ありまして、今回も例に漏れず、オフ会あってのこの記事なわけです。

そしてバカボン一家に新しい仲間が増えました!
ファシレのおじさん(NSYさん)」です。
ファシレのおじさんは音霊の研究家です。それはいずれ脳の階層構造を紐解く基礎となるでしょう。
とこんな風に書くと、プレッシャーで夜も寝られなくなってしまいます。
でも寝不足くらいが丁度良いのです。寝不足でドーパミンじゅくじゅく出して0.0005Hzの違いを検出してください。
ウソです!
ミュージシャン同士、自堕落に皆様のご期待に応えてゆきましょう!
それに付けても、ワイン、どうもありがとうございました。m(_ _)m
今もいただきながら書いております。

では表題の<神様カード考>です。

記事<言霊(50音)は座標だった!>で登場した「日本の神様カード」ですが、この案件、縁もゆかりも無いこのカードの作者大野百合子さんと我がえすぱー女房が、寸分違わぬ図案を描き、そのインパクトに半ば呆れ果てた気持ちでそのまま放置していたのですが、10日前に大きな進展がありました。
すぐ記事にすれば良かったのですが、前記事にかなりエネルギーを要して自堕落になっとりました。

その夜、私はいちこ(長女5歳)に壁に貼ってある高御産巣日神/神産巣日神(えすぱー女房作)の絵を指差し、
「ママの絵、素数かなぁ〜?」と言いました。するといちこが、
「この絵はこうでしょ〜。」と左手で2、右手で1を示しました。
昨年5月以来1年ぶり、アルザル語以来の数字手振りです。私は、
「えっ!マジ?じゃあこの絵は?」と言っていちこをPCの前に座らせ、「日本の神様カード」を検索しました。
別の図案を前に「これは3でしょ、こっちの手は5でしょ。」などと始まりました。
そしてこれはただ事ではないと思いつつ、どうしても全絵柄は表示されず、ネット購入の手続きをはじめました。
その様子を見ていたえすぱー女房は、「パパ。神様カードあるよ、ほら。」と言いながら箱を手渡すのです。
「え〜。なんで持ってるの〜?」と私。
「この間、川崎癒しカーニバル(4/29)で買ったんだ。言わなかったっけ?」とすっとぼけています。3週間も放ったらかしなわけです。
何故それを早く言わんのじゃ!!と思いつつも、カードを奪うように取り上げた私は、それをベッドに無造作にひろげたのでした。
散りばめられたカードを前にいちこは、「これはこう、こっちはこう。これは無し。」などとカードを仕分けしてゆくのです。
私はひたすらその情報を記録してゆきました。
両手指でナンバリングされたカードは18枚ありました。
中には左右を交差して示すカードが5枚ありました。
数字の意味は皆目見当がつきませんでした。その夜から18枚のナンバリングされたカードとの格闘がはじまったのです。
数夜連続でリーディングに失敗しました。受け取る情報量が多すぎるのです。集中力が続きませんでした。
頭を切り替え、2日間ゆっくりしました。満を持した昨日、えすぱー女房が遊びに出かけたのをいいことに昼間っからビールを飲み、以下の情報をゲットできたのです。
またその時点で18枚の言霊は確定できていたのですが、残りの30枚は解っていませんでした。
しかし昨夜、その情報からいちこが残りの30枚の言霊を確定してくれました。
さらに今朝、えすぱー女房が神々の色、色霊をゲットしてくれました。48枚すべてではありませんが、重要なところはおさえてあります。
では以下がその記録とそこから推測できる神様カードの考察です。

【あ】高御産巣日神/神産巣日神
左手①右手②及び左手②右手①
素粒子面構成x<モルトス1.4d>、素粒子面構成y<ケールート2.4d>
あ_高御産巣日

【お】天照大御神
左手③右手⑤
3d素粒子、疑似立体想念<エーテル3.0.4d>、時間軸<モリーロール5.4.4d>
お_天照大御神

【う】天之御中主神
左手④右手⑤
重力<ヨミスナ4.8.4d>、時間角x<ヨルトラ5.9d>
う_天之御中主神

【え】伊斯許理度売命
左手④右手①+②
空間整合性<パブリストン5.6.4d>、エーテルx、y<モルトス1.8.9dケールート2.8.9d>
え_伊斯許理度売命

【い】金山毘古神
左手⑤右手③
主観的時間の概念<ナキン5.3.3d>、3dエーテル<エーテル3.3.4d>
い_金山毘古神

【さ】大屋毘古神
左手⑤右手④
時、空間、時間軸、空間整合性<コアントロール5.1d5.2.4dモリーロール5.4.4dパブリストン5.6.4d>、弱い力(整える力)<ヨミスナ4.2d>
さ_大屋毘古神

【そ】泣澤女神
左手③右手⑤左右交差
主観的時間の概念、客観的時間の概念<ナキン5.3.3d、5.3.8d>、主観、客観<ヨーク3.5d、ネゼル3.8d>
そ_泣澤女神

【す】大山咋神
左手④右手③
強い力(弛める力)<ヨミスナ4.2d>、空間接続面1、2<エーテル3.2.4d>
す_大山咋神

【せ】伊耶那美命
左手⑤右手②左右交差
エーテルy<ケールート2.8.9d>、空間整合性y<パブリストン5.6.4d>
せ_伊耶那美命

【し】伊耶那岐命
左手③右手④左右交差
3dエーテル<エーテル3.3.4d>、電磁力<ヨミスナ4.2d>
し_伊耶那岐命

【は】天之常立神
左手④右手④左右交差
弱い力(整える力)<ヨミスナ4.2d>、強い力(弛める力)<ヨミスナ4.2d>
は_天之常立神4-4x

【ほ】火之迦具土神
左手④右手⑥
電磁力<ヨミスナ4.2d>、感情<アーレフ6.x.xd>
ほ_火之迦具土神

【ふ】意富加牟豆美命
左手⑦右手⑥
愛(高等生命体)<イフェ7.3.8d>、愛(下等生命体)<二ビル6.8.4d>
ふ_意富加牟豆美命

【へ】布刀玉命
左手④右手⑦
重力<ヨミスナ4.2d>、破壊<イフェ7.7.7d>
へ_布刀玉命

【ひ】豊宇気毘売神
左手⑧右手①
エーテルスパン保持、絶対零度<ヒノタイス8.3.3d、8.5.3d>、素粒子面構成x(振幅)<モルトス1.4d>
ひ_豊宇気毘売神

【わ】国之常立神
左手⑤右手④
時、空間、時間軸、空間整合性xyz、時間角<コアントロール5.1d、5.2.4d、モリーロール5.4.4d、パブリストン5.6.4d、ヨルトラ5.9d>、引力<ヨミスナ4.5.4d>
わ_国之常立神

【ん】経津主神
左手⑤右手①+②
空間整合性z<パブリストン5.6.4d>、エーテルxy<モルトス1.8.9dケールート2.8.9d>
ん_経津主神

【を】闇淤加美神/高淤加美神
左手④右手⑤左右交差
電磁力<ヨミスナ4.2d>、客観的時間の概念<ナキン5.3.8d>
を_闇淤加美神

では左右の手による数字列から上記の情報を読み取れた理由を解説します。 
まずは前記事<新相対性理論と脳時間>から、

『この世界(宇宙)には引力以外の常に働く力(波動力)が存在し、その力が万物(物質世界)を形成している。
波動力(意識)により正負の素粒子が生まれる。正負一対のペアの素粒子4つが一組となり、基礎物質が生まれる。
正負一対のペアは「弱い力」により結びつき、そのペアを4つ一組に結びつけるのが「強い力」、ここまでは面で構成される。
するとその面に直行する電磁力が生まれる。電磁力は時間軸でもあり、この状態が出来てはじめて引力が生まれ、物質が集積する。
一定量集まると核融合がはじまり、重力(光)を生み出し、電磁場と伴に時空を広げてゆく。
これが意識(波動力)が物質空間を造り出す大まかなメカニズム。
そしてその基礎物質がさらに波動力により六角形を織りなす。その六角形には面と平行で中心から外に向かう(また中心に向かう)6つの波動力が60°の角度で作用する。
さらに六角形面に直行する(90°)2つの波動力が作用し、合計8つの波動力が物質世界を構成している。
ビールの泡も、結晶も、分子も、何もかんもこの世のものは六角形の延長線上でできているわけです。』

これをご理解いただいた上でこの神様カード達がそれぞれどの部分を司っているか述べてゆきます。

2012/5/29 12:23<うずめ、かもめ、モス+マールークス、ビーちゃん>
○『波動力(意識)により正負の素粒子が生まれる。』は【あ】高御産巣日神/神産巣日神の波動力により司られます。
波動力①、②がそのまま正素粒子、反素粒子という意味ではありません。
意識とはエネルギーであり、波(音波)のような意味を伝達します。しかしけっして波ではありませんが、振幅幅と周波数と似た意味(パラメーター)を伝達するのです。
サイン波
図_サイン波
基本的にいちこの示した指の数字は波動次元と同時に左が振幅、右が周波数を表わします。
ですので、素粒子形成を司る【あ】高御産巣日神/神産巣日神は、素粒子形成には2つのパターンがあることを意味します。
振幅が1、周波数が2の意識(エネルギー)と、振幅が2、周波数が1のそれが同一素粒子を産み出すのです。
そして両者から生成された素粒子が対を成すのです。

○続いて『正負一対のペアの素粒子4つが一組となり、基礎物質が生まれる。』は【は】天之常立神と【す】大山咋神の波動力により司られます。
【は】天之常立神は振幅が波動力④弱い力(整える力)<ヨミスナ4.2d>、周波数が④強い力(弛める力)<ヨミスナ4.2d>、【す】大山咋神は振幅が波動力④強い力(弛める力)<ヨミスナ4.2d>、周波数が③空間接続面1、2<エーテル3.2.4d>です。
【は】天之常立神により対の素粒子は④弱い力(整える力)を与えられ、④強い力(弛める力)を産む準備をします。そこに【す】大山咋神の波動力により
④強い力(弛める力)があたえられ、エーテル(空間媒質)に定着する準備を始めます。

○次に『するとその面に直行する電磁力が生まれる。』は【し】伊耶那岐命と【ほ】火之迦具土神の波動力により司られます。
【し】伊耶那岐命は振幅が波動力③3dエーテル<エーテル3.3.4d>、周波数が波動力④電磁力<ヨミスナ4.2d>、【ほ】火之迦具土神は振幅が波動力④電磁力<ヨミスナ4.2d>、周波数が波動力⑥感情<アーレフ6.x.xd>です。
【し】伊耶那岐命の振幅により立体エーテルの定義を与えられた素粒子のグループは、同時に電磁力の準備を始めます。そこへ【ほ】火之迦具土神は振幅波動力④で電磁力を与えるのです。

○さらに『電磁力は時間軸でもあり、』とは【お】天照大御神と【さ】大屋毘古神の波動力により司られます。
【お】天照大御神は振幅が波動力③3d素粒子、疑似立体想念<エーテル3.0.4d>、周波数が波動力⑤時間軸<モリーロール5.4.4d>、【さ】大屋毘古神は振幅が波動力⑤時、空間、時間軸、空間整合性<コアントロール5.1d5.2.4dモリーロール5.4.4dパブリストン5.6.4d>、周波数が波動力④、弱い力(整える力)<ヨミスナ4.2d>です。
素粒子グループは【お】天照大御神の振幅波動力④で軸形成の準備をします。そして、【さ】大屋毘古神により軸を造り、時空を広げるちからを与えられるのです。また、隣接素粒子に影響をあたえる能力を持たされるのです。
ちなみに【お】天照大御神の振幅波動力③3d素粒子は基本的にここ低次元物質世界には関係がありません。しかし最近目視できるようになった惑星ニビルを構成する素粒子であり、次元転換点であるこの時期、遠い将来人類が獲とくするであろう3d素粒子は案外身近な存在なのかもしれません。

○最後に『この状態が出来てはじめて引力が生まれ、物質が集積する。』は【わ】国之常立神の波動力により司られます。
【わ】国之常立神は振幅が波動力⑤時、空間、時間軸、空間整合性xyz、時間角<コアントロール5.1d、5.2.4d、モリーロール5.4.4d、パブリストン5.6.4d、ヨルトラ5.9d>、周波数が波動力④引力<ヨミスナ4.5.4d>です。
物質としての条件が揃った素粒子達は最後に【わ】国之常立神の波動力により立体的に集積し得る条件を与えられます。
ここから物質世界が始まるのです。

言霊=波動力においての言霊の意味はざっとこのようになりますが、この世の自然法則は深くて広いです。
上記がそれらの解明の糸口になれば嬉しいです。

ではさいごにいちこが示した、腕が交差する神様カードの解説です。
2012/5/29 23:00 <ホリー、かもめ、梵天、クロノス(ヒューゴ時の光)>
交差する神は幾つありますか?
そうです。サ行で「そ」、「せ」、「し」、ハ行で「は」、そして「を」の5柱です。
波動の言霊は全部で18柱。
その内、
【そ】泣澤女神
【せ】伊耶那美命
【し】伊耶那岐命
【は】天之常立神
【を】闇淤加美神/高淤加美神
の5柱は大本の系譜が異なるのです。
5柱を除く13柱は法界ナミ族より連綿と伝わる神々、言わば本家。
それに対し、5柱は物質世界に降りて行き物質世界で発展していった、いわば分家。
物質世界開拓者の神々なのです。

お解り頂けましたでしょうか?上記5柱はより我々に近い存在なのでしょう。
では、残りの30柱の神々について記します。
また、いちことえすぱー女房から得たその他の言霊情報も合わせて記します。

   神名              色霊(byえすぱー女房)   人種(byいちこ)
【あ】高御産巣日神/神産巣日神    蒼色            アラビア      6
【お】天照大御神           ピンク色
【う】天之御中主神          灰色
【え】伊斯許理度売命         黄色            南米(ペルー)   3
【い】金山毘古神           淡い水色          ラテン(フランス) 7
[か]邇邇芸命            小豆色
[こ]石長比売            鶯色            倭人        1
[く]木花之佐久夜毘売        黒色            グレイ       7
[け]建御名方神           淡い紫色          モンゴル      5
[き]猿田毘古神           淡い橙色
【さ】大屋毘古神           朱の混じった赤色
【そ】泣澤女神            淡い黄色
【す】大山咋神            緑色            ゲルマン      8
【せ】伊耶那美命           紫色            スペイン      7
【し】伊耶那岐命           黒地に白の水玉       エスキモー     1
[た]八雷神             紫色
[と]大国主神            エメラルドグリーン     金星        7
[つ]宇迦之御魂神          濃い青           アングロサクソン  9
[て]事代主神            肌色
[ち]少彦名神            オレンジ色         韓国       1、5
[な]天手力男神           山吹色           タイ       3、5
[の]玉祖命             金色            金星        7
[ぬ]天児屋命            深緑色
[ね]思金神             白色            インド       6
[に]天宇受売命           赤色
【は】天之常立神           暗い灰色          ハンガリー    6、7
【ほ】火之迦具土神          白色
【ふ】意富加牟豆美命         橙色            アフリカ      2
【へ】布刀玉命            紺色            インドネシア    3
【ひ】豊宇気毘売神          黄緑色           アボリジニ     2
[ま]速秋津日子神/速秋津比売神   みじゃみじゃ        ノルウェー     8
[も]塩椎神             茜色            アメリカインディアン3
[む]玉依毘売命           蒼黒色           フィリピン     3
[め]菊理媛神            エメラルドグリーン
[み]志那都比古神          紺色
[や]大山津見神           鮮やかなピンク色
[よ]鳥之石楠船神          赤色            アイヌ       3
[ゆ]宗像三女神           みじゃみじゃ        中国(漢民族)   5
[ゑ]建速須佐之男命         茶色            コーカサス     8
[ゐ]綿津見三神           銀色            イベリア      7
[ら]道反之大神           桃色
[ろ]神直毘神/大直毘神       黒色            シュメール    6、7
[る]鹿屋野比売神          茶色と白色
[れ]月読命             銀色
[り]建御雷之男神          青色
【わ】国之常立神           黒緑色           イスラエル    1+9
【ん】経津主神            群青色           スイス       9
【を】闇淤加美神/高淤加美神     琥珀色

まず、色霊ですが、このように情報はありますが、果たしてここから何を導きだせるのか?
もしお時間おありの読者の方で、以下に記します実際の神社名から、地図上に言霊ごとに、色霊ごとに、配置して頂けないかなど甘いことを考えております。何かレイラインのようなものが見えてくるのではないか?などと思っておりますが、最近私明らかなるキャパオーバーでして、お手伝い頂けると大変助かります。
抜けております色霊情報は、えすぱー女房の尻を叩いて吐き出させますので暫しお待ちください。
※<追記>赤字表記が追加分2012/6/15 23:40 今日えすぱー女房にカードの色を見てもらいました。ちなみに、カードの絵からインスパイヤー受けないように、本人にはカードの裏しか見せておりません。


次に人種の情報です。
私は過去記事<新宇宙観、陰謀論からの脱却〜アセンションの意味後編vol.3>にて現在地上の人種を以下のように分けております。   
   1、倭人は我がミナ族(法界)、
   2、ニグロ系これは、ヨビ族(陰界)、
   3、インディアン(源流、アメリカインディー)はイシ族(陰界)、
   4、ミクロネシア系はパモーニ族(陰界)、
   5、漢民族系はヨクト族(陰界)、
   6、アラブ系はヨビヒト族(陰界)、
   7、ラテン系は金星族(陽界)、
   8、ゲルマン系はプレアデス_クリースクン(陽界)、
   9、アングロサクソン及び白人ユダヤ系はシリウス_インダーヤ族(陽界)+プレアデス_レプタイル族(陽界)、
   ※黄色ユダヤ系は倭人同様ミナ族(法界)ベースであるが、
   17000年程前にプレアデス_レプタイル族の血と倭人から造られた混血種である。
   以上が原種が絶えず残っている人種です。

で、今回いちこから得た情報が何を示すのか?
私が昨年から受けている情報では、数万年前に地上には51種族が存在し、戦いや病気で淘汰されてゆき、現在の形9種族になったようなのです。
と、言ってはおりますが、私自身こんなぶっ飛び話、まるまる信じているわけではなく常に疑問符付きなのです。
しかし忙しさにかまけてこれらの情報も精査はしていませんでした。
今回は良い機会なので、まずはwikipediaしてみることに、するとアカデミーでも9種類なんですね。
そこに前出の情報をあてはめてみると、
ネグロイド人種
1、ブッシュマン
2、ネグロイド     ニグロ系ーヨビ族(陰界)
3、ネグリト
コーカソイド人種
4、地中海人種     ラテン系ー金星族(陽界)、アングロサクソン及び白人ユダヤ系ーシリウス_インダーヤ族(陽界)+プレアデス_レプタイル族(陽界)
5、北方人種      ゲルマン系ープレアデス_クリースクン(陽界)
オーストラロイド人種
6、オーストラロイド  ミクロネシア系ーパモーニ族(陰界)
モンゴロイド人種
7、ポリネシアン
8、モンゴロイドA   倭人ーミナ族(法界)
8、モンゴロイドB   インディアン(源流、アメリカインディー)ーイシ族(陰界)
8、モンゴロイドC   漢民族系ーヨクト族(陰界)
9、エスキモー
アラブ系だけあてはまりませんでした。
また、アカデミーの別の分類ではコーカソイド3種、ネグロイド5種、不確か2種、モンゴロイド10種なんていうのもあります。調べる程にどうも当て推量な気がしてなりません。なので、調べて寧ろ高次元情報に自信を持ちました。
いちこの人種分けの後ろの数字が私の情報と重ねたものです。
言霊との関連性については未だ釈然としませんが、いずれはっきりすると思います。そんな気がするんです。
今回はやや尻すぼみ感がありますが、お許しください。
最後までお読みいただき、どうもありがとうございました。

以下に比較のために「日本の神様カード」付属冊子データを記しておきます。
     神 名                 テーマ             神社 
【う】1、 天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)恐れを手放す、循環、根源 秩父神社(埼玉)、水天宮(福岡、東京)、千葉神社(千葉)

【あ】2、 高御産巣日神/神産巣日神(たかみむすひのかみ/かむむすひのかみ)  形あるものを知り、形ないものを信じる、動く時、自分にエネルギーを向ける  安達太良神社(福岡)、赤丸浅井神社(富山)

【は】3、 天之常立神(あめのとこたちのかみ) 個性を発揮、注目される、大舞台 駒形神社(岩手)、吉備津彦神社(岡山)、桜ヶ丘神社(千葉)

【わ】4、 国之常立神(くにのとこたちのかみ) 楽しいこと、チャンス、無心 大鳥神社、日枝神社(東京)、熊野速玉神社(和歌山)、虫鹿神社(愛媛)、玉置神社(奈良)

【し】5、 伊耶那岐命(いざなきのみこと)  形を与える、約束を果たす、感謝 多賀大社(滋賀)、春殖神社(島根)、伊勢神宮の別宮、伊佐奈岐宮(三重)

【せ】6、 伊耶那美命(いざなきのみこと) 破壊と生成のエネルギー、感謝の表情、大切な時  多賀大社(滋賀)、春殖神社(島根)、伊勢神宮の別宮、伊佐奈弥宮(三重)、熊野本宮大社(和歌山)

【さ】7、 大屋毘古神(おおやびこのかみ) 現実を自分のうちに見つける 五十猛神社(福岡)、伊太祁曾神社(和歌山)

[ゐ]8、 綿津見三神(わたつみのさんしん) 深海のフィーリングに繋がる、未知なるものを目指す冒険心  志賀海神社(福岡)、海神社(兵庫)
ゐ_綿津見三神

[ま]9、 速秋津日子神/速秋津比売神(はやあきつひこのかみ/はやあきつひめのかみ)手放すことがもたらす解放、自分自身へ戻る 隅田川神社(東京)
ま_速秋津日子神/速秋津比売

[め]10、菊理媛神(くくりひめのかみ) 信じること、仲介する、こちらとあちらの次元の橋渡し 白山比口片に羊神社(石川)、白山神社(新潟)
め_菊理媛神

[み]11、志那都比古神(しなつひこのかみ) 情報、運気が上がる、自身がつく  龍田大社(奈良)、布宇神社/風宮(島根)
み_志那都比古神

[や]12、大山津見神(おおやまつみのかみ) 壁を取る、無知の知、調和  大森宮(福岡)、大山祇神社(愛媛)、三島大社(静岡)
や_大山津見神

【す】13、大山咋神(おおやまくいのかみ)  ゆったりとした男らしさ、緩めて定める 日吉大社(滋賀)、松尾大社(京都)

[る]14、鹿屋野比売神(かやのひめのかみ) 生命の糸、成長と収穫、安らぎ  藤越神社(京都)、樽前山神社(北海道)萱津神社(愛知)
る_鹿屋野比売神

[よ]15、鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ) 時空を超える、発想の転換  隅田川神社(東京)、神崎神社(千葉)、樽前山神社(北海道)
よ_鳥之石楠船神

[も]16、塩椎神(しおつちのかみ)  自分の中の結晶と繋がる、道しるべを知る  青島神社(宮崎)、鹽竈神社(宮城)
も_塩椎神

【ほ】17、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ) 炎の浄化と創造、カルマの理解と癒し、許すこと  愛宕神社(京都)、秋葉山本宮秋葉神社(静岡)

【い】18、金山毘古神(かなやまびこのかみ)  日常を整える、五感を磨く、生活を楽しむ  中山神社(岡山)、金屋子神社(島根)、南宮大社(岐阜)、金山神社(徳島)

【ひ】19、豊宇気毘売神(とようけびめのかみ) 豊かさをもたらす食べ物、優美さ、女性性  豊受大神宮(三重)、神柱宮(宮崎)、真名井神社(京都)

【そ】20、泣澤女神(なきさわめのかみ)  泣くことへの許可、母の癒し、新しい自分  畝尾都多本神社(奈良)、北桑名神社(三重)、伊豆山神社(秋田)

[り]21、建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)  直感と行動力のバランス、勝利、グランディング  鹿島神社(茨城)、春日大社(奈良)、大原野神社(京都)
り_建御雷之男神

【を】22、闇淤加美神/高淤加美神(くらおかみのかみ/たかおかみのかみ) 感情を見直す、明晰になる、願いがかなう  貴船神社(京都)、丹生川神社/闇おかみ神社(奈良)

【ふ】23、意富加牟豆美命(おおかむずみのみこと) 断ち切る強さ、ゆったりする、明るい未来  賀茂神社(徳島)

[ら]24、道反之大神(ちがえしのおおかみ)  過去の災いを防ぐ力、再誕生、新しい転機  屑神社(奈良)
ら_道反之大神

【ん】25、経津主神(ふつぬしのかみ)    目覚めと決断、迷いを断ち切る  香取神社(千葉)

[ろ]26、神直毘神/大直毘神(かむなおびのかみ/おおなおびのかみ) 笑う門には福来る  大井神社(京都)、伊蘇乃佐只神社(鳥取)、西寒多神社(大分)、木梨神社(兵庫)
ろ_神直毘神/大直毘神

【お】27、天照大御神(あまてらすおおみかみ)  最高の自分、無限の自己  皇大神宮(三重)、伊勢山皇大神宮(神奈川)、籠神社(京都)、芝大神宮/深川神明宮/大塚天祖神社(東京)

[れ]28、月読命(つくよみのみこと)  神秘の時を見る、感性を磨く、男性性と女性性のバランス  月読神社(京都、三重、青森、茨城、神奈川)
れ_月読命

[ゑ]29、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)  正直さ、二面性、スーパーヒーロー  氷川神社(埼玉)、八坂神社(京都)、津島神社(愛知)、日御崎神社(島根)、須佐神社(島根)
ゑ_建速須佐之男命

[ゆ]30、宗像三女神(むなかたのさんじょしん)  再出発、再挑戦、恋愛のはじまり  宗像大社(福岡)、厳島人じゃ(広島)、江島神社(神奈川)
ゆ_宗像三女神

[む]31、玉依毘売命(たまよりひめのみこと)  春の芽吹き、浄化、新しいはじまり  賀茂御祖神社(京都)、玉前神社(千葉)
む_玉依毘売命

[ね]32、思金神(おもいかねのかみ)  未知なる扉を開く、探求者、叡智と繋がる  秩父神社(埼玉)、戸隠神社(長野)、阿智神社(長野)、静神社(茨城)
ね_思金神

【え】33、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)  洗心、明鏡止水、自己の美  中山神社(岡山)、鏡作坐天照御魂神社(奈良)

[の]34、玉祖命(たまのやのみこと)  磨くこと、物を大切にする、古い物を美しく保つ  玉祖神社(山口)、玉作湯神社(島根)、石作玉作神社(滋賀)
の_玉祖命

[ぬ]35、天児屋命(あめのこやねのみこと)   言霊の力、想念の実現化、言葉にすることの大切さ  春日大社(奈良)、牧岡神社(大阪)、吉田神社(京都)、大原野神社(京都)
ぬ_天児屋命

【へ】36、布刀玉命(ふとだまのみこと)  運命を知る、選択の時、ギフト  太玉命神社(奈良)、安房神社(千葉)、大原神社(千葉)

[な]37、天手力男神(あめのたじからおのかみ) 魂と肉体の知性が持つ力、真の力とは?真の力は勇気をもたらす  佐那神社(三重)、戸明神社(福岡)、戸隠神社(長野)、雄山神社(富山)、手力雄神社(岐阜、千葉)
な_天手力男神

[に]38、天宇受売命(あめのうずめのみこと) 艶、ただ夢中になること、情熱と表現  天うず女社(三重)、千代神社(滋賀)、志波姫神社(宮城)、芸能神社(京都)
に_天宇受売命

[つ]39、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ) ただ見つめる、疑いを持たずに選別する、利他の心  伏見稲荷大社(京都)、笠間稲荷社(茨城)、祐徳稲荷神社(佐賀)、志和稲荷神社(岩手)、千住神社(東京)
つ_宇迦之御魂神

[と]40、大国主神(おおくにぬしのかみ) ハートの真の強さ、意識的に生きる、自分に与えられている目的  出雲大社(島根)、大国主神社(和歌山、大阪、長野、秋田)、大神神社(奈良)、気多大社(石川)、金比羅宮(香川)
と_大国主神

[て]41、事代主神(ことしろぬしのかみ) 大いなる安心感、長い目でみる、与えられている時間に感謝する  美保神社(島根)、今宮戎神社(大阪)、 長田神社(兵庫)、三嶋神社(静岡)、鴨都味波八重事代主命神社(奈良)
て_事代主神

[ち]42、少彦名神(すくなひこなのかみ)  ユーモア、深い呼吸、癒し  少彦名神社(大阪)、大神神社(奈良)、酒列磯前神社(茨城)、北海道神宮(北海道)、国坂神社(鳥取)
ち_少彦名神

[た]43、八雷神(やついかづちのかみ) 強い意志と方向性、目的、空からの天啓  三島神社(若雷/愛媛)、日向神社(火雷/京都)、雲気神社(大雷/香川)、雷神社(火雷/神奈川)
た_八雷神

[け]44、建御名方神(たけみなかたのかみ) 耳を澄ますと見えてくるもの、本当にやりたいことを知る、疑いに勝つ   諏訪大社(長野)、鎮西大社諏訪神社(長野)五社神社諏訪神社(静岡)
け_建御名方神

[き]45、猿田毘古神(さるたびこのかみ)  行動と直感、迷いを捨て直感と身体のガイドを信頼する   猿田彦神社椿大神社(三重)、白髪神社(滋賀)、佐太神社(島根)
き_猿田毘古神

[か]46、邇邇芸命(ににぎのみこと) 天と地を繋ぐエネルギー、自然がもたらす叡智  高千穂神社(宮崎)、霧島神宮新田神社(鹿児島)、築土神社(東京)
か_邇邇芸命

[く]47、木花之佐久夜毘売(このはなのさくやひめ) ありのままの美、繁栄、高潔、パートナー  富士山本宮浅間大社(静岡)、小室浅間神社北口本宮富士浅間神社一宮浅間神社(山梨)、当麻山口神社(奈良)
く_木花之佐久夜毘売

[こ]48、石長比売(いわながひめ)  不動の強さ、グランディング、安心  磐長姫神社(兵庫)、伊砂砂神社(滋賀)、雲見浅間神社(静岡)
こ_石長比売
波動学イヌサンストリマス~序章~
検索フォーム
プロフィール

keinudidio

Author:keinudidio
いーろいろ音楽作ってきました、新参者も早55。
しかし抱える女児二人。さらなり女房えすぱーでござい。
乱世陰謀雨霰。手前の音楽つづけたものか?
いやいや浮き世は人情でござい。宵越しの銭は持たないと、
心に誓、逃げてく日銀。
色即是空、空即是色。。。。。
そんな男に私はなりたい。                   山田貢司

波動学とは現行科学のジャンルを超えて理解することが多岐にわたる為、記事の始めから読み進めることを推奨いたします。

山毛欅焉、凸品卍

メールアドレス
山田覚醒塾(波動学講習会)お申込メールアドレス
order@supermama.net
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

家、ie/Passport to Heaven