スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    新宇宙観、陰謀論からの脱却〜アセンションの意味後編vol.3

    追記1、2、3があります。> 2012/2/17 , 2/21

    こんにちは。またもや更新が遅くなってしまいました。
    しかし今回は理由があるのです。chachaiさん、西塚さんとのミーティングでまたも諏訪湖に行っていたのです。
    私が昨年6月より綴っているガイキチ情報を証明するために、皆さんのお知恵をお借りしているのです。
    そしてなんと、今日綴る<新宇宙観>の証明が、陰陽五行によりできちゃったんです。
    その解説は方角とその意味を漢字で書き綴らねばならず、えらいややっこしいのでchachaiさんにおまかせしますが、(出番ですよ〜m(_ _)m)大雑把に言って、NASAが開拓調査してきた従来の宇宙とは違うんです。
    まあ、空間が広がっていて、恒星、惑星があるということは同じなのですが、その関係性というか、私はずっと言ってきましたが「物質は絶対的存在ではない。」ということなんです。
    現代科学はロケットで他惑星まで飛んで行って調査してくる。前にも書きましたが、全くの無、と考える宇宙でロケットを噴射しても加速(作用反作用現象は起こせない)できないです。それなのにロケットは飛んで帰ってくる。
    ここに大きな矛盾を抱えているんです。
    宇宙空間とは時が造るエーテルの連なり。その中でロケットを噴射するから推進できるんです。

    では<新宇宙観>です。
    過去記事「<波動>d5、時と空間。」でカラスのホリーから聞いた新宇宙観を詳しくご説明します。その後「法界ケドー」からの情報です。

    ここ太陽系が含まれる宇宙を野火世界と呼びます。
    そして野火世界もまた重力平面です。この平面の中心がら基礎波動が送られてきます。
    野火世界と太陽系の関係は、野火世界をテニスコートと見立てると、手前左端に太陽系が位置します。
    テニスコートのネットより手前が陽界、向うが陰界です。
    そしてネットが法界平面、ネットは地面の下にも対称的にあります。
    方角的には、ネット右が東、左が西、手前が南、奥が北です。
    そしてアルザル(黄泉、エバーアフター)は、テニスコートの右奥(陰界)に位置します。
    さらにシリウスは手前右端(陽界)に位置します。

    今度はテニスコートをA4用紙に見立ててください。
    そこに地球とアルザルとシリウスを書き込んでください。
    そして東西ラインに沿い紙を半分に折って(谷折り)ください。A5の大きさになります。
    次にそのA5の長い方の中央からまた半分に折ってください。
    これを8回8次元分繰返します。すると始めのA4用紙は16×16=256エリアに分れたはずです。
    そして左端に書いた地球を最低階とした256の重なった平面世界になったはずです。
    書き込んだアルザルとシリウスは各々下から3枚目、4枚目なるでしょう。
    これこそが8次元の波動で管理された256次元の内包(フラクタル的)された世界であり、高次元意識体がすぐそこに感じられるのに共存しえない構造なのです。
    前記事から綴っていますが、これはパラレルワールドではありません。完全なる多次元宇宙です。
    仮にパラレルワールドがあるとすれば、時間軸を複数持たなければなりません。
    その為には、それを造り出す意識体(人)の質量が、惑星や恒星の重力に匹敵する程必要になります。
    それは完全に不可能なのです。
    最後に折り畳んだA4用紙は地球とアルザルの間に北西角部分が折り重なると思います。
    これこそが今後我々が創ってゆく共栄次元世界なのです。
    決して地球や人が移動するのではありません。
    意識の進化による世界観の変化から、継ぎ目無く滑らかに第二階層に移ってゆくのです。
    256次元宇宙_2
    図_次元宇宙
    ※読者の∞∞さんとつぶさんの手による256次元宇宙模式図です。
    お二人のご協力により、波動のなんたるかを紐解ける日も遠くないと思います。
    どうもありがとうございました。

    以上のことから、この次元に於いての宇宙とは太陽系のみではないか、という考えに行き当たります。
    いま正に外宇宙に旅立たんとする探査衛星がありますが、多分そこは波動の圏外、エーテルなき真の無なのだと思います。
    時なき世界です。
    そこに行き着いた探査衛星はそれ自体が物質として成立たなくなるのではないか?消滅するのではないか?と思うのです。

    <追記3>2012/2/21
    chachaiさんが上記の次元宇宙観を暦体を使い証明してくれました。
    ここには頂いた図のみ記載しますが、詳しくは「chachaiのいろいろ」をご覧ください。
    暦換算図
    暦換算図
    chachaiさん、どうもありがとうm(_ _)m


    2011/11/6 10:00 <法界ケドー(実体意識生命体)>
    山田 法界にも人はいるんですか?
    ケド もちろんです。こちらからすれば、偏狭界のあなた達こそ、進化しているのが不思議なのです。
       とうとうあなたは我々ナミ族、この宇宙の創造者と通信することとなりました。おめでとう。
    山田 あなた方が造ったと? では波動もあなた方が?
    ケド はい。ここノビ(野火)世界は我々が受け継いで230億年ほど、
       前史から数えると約740億年経過しております。

     ※ 今、娘と話し、ケドーさんと話せるか聞いたところ、
       声が聞こえないので、石を使うと通信が可能になった。
       娘によるとケドーさんは10階(10次元)に位置するとのこと。

    ケド 我々は野火世界(陰界―法界―陽界)の中心に位置し、あなたが波動から学んだように、
       一重力面のみで構成されております。
       波動の源は我々が管理運営しており、野火世界の隅々まで司っております。
    山田 何故、野火だけ漢字なのでしょうか?
    ケド あなた方、倭人は、我々と同族なのです。文化的にさほど変わらないからです。
       文化的に同質なので、あなたの中でそのようにトランスレートされたのでしょう。
       ただ、文化や思考傾向は似ていても、生命体の構成物質は大きく違います。
       我々はあなた方の科学で理解できる物質ではありません。他に質問は?まずそれに答えましょう。
    山田 はい。我々人間は自然発生的にここで進化したのではないのですか?
    ケド もちろんです。あなた方の住む地球は、太陽重力場が完成してたった8億年あまり、
       高等意識が自然発生的に生まれるには10倍以上の年月を要します。
       そのような意識が芽生え、高等意識生命体が発生してしまえば、
       あとは連鎖的に(時の概念が生まれ、空間が広がってゆくので)短時間で進化発生してゆきます。
       宇宙発生の起源はミルロクス生命体の発生です。アンダルシア文明です。おおよそ1200億年前のことです。
    山田 宇宙とは何ですか? どこにあるのですか?
    ケド 時と空間の波動概念を学んだあなたは、宇宙が限りなく広がってゆけることに気づいたはずです。
       しかし、その質問には答えかねます。今それを伝授すると、あなたは崩壊してしまうでしょう。
       知らぬが花もあるのです。
    山田 わかりました。起源については理解できました。
       では何故、地球がこんなにも大宇宙で脚光を浴びているのですか?
    ケド この広く長い宇宙の中で唯一、完全人工生命体のアセンションだからです。
       もちろん、あなたが憂慮しているアセンション失敗による、
       他世界への影響も注視するポイントではあります。
       我々の手で育て上げた生命体が、本当の意味で自然に高等生命体に進化するかが、最大の注目点なのです。
    山田 驚きました。しかし、実験であれば何故この情報を私に? 伝えずに経過を見守るべきでは?
    ケド そうではありません。下等生命体であっても誰であっても。
       生き続ける権利も意味も高等生命体と変わりません。
       実験といっても命に関わること。最小限の介入で最大の効果を求め、あなたに伝えているのです。
       あなたは地球が多種多様な人種を抱えていることに疑問を抱いたことはありませんか?
       他星系でこんなにも多くの人種が共存する惑星はありません。
       法界、陰界、陽界も代表51種族がここ地球に介入してきたのです。
       闘いで途絶えた人種もたくさんおります。
       地上は今まで、宇宙の代理戦争をさせられてきたのです。
       生き残ったあなた方が死者に報い、また、宇宙から争いを根絶するためにもぜひアセンションを成功させ、
       高等生命体の仲間入りを果たして頂きたいのです。切に願っているのです。全宇宙が。
    山田 このことは他言してかまわないのですね? 
    ケド 公言していただきたいのです。

    2011年11月6日  24時 <ケドー、梵天、イエス>
    山田 続きをお願いします。難しいところを梵天とイエスに手伝ってもらいます。
    ケド よろしい。地球は人種の実験場、人種の起源の話です。
       前出のように倭人は我がナミ族(法界)、
       ニグロ系これは、ヨビ族(陰界)、
       インディアン(源流、アメリカインディー)はイシ族(陰界)、
       ミクロネシア系はパモーニ族(陰界)[山田はパモーニ族のワリスステスルンと通信]、
       漢民族系はヨクト族(陰界)、
       アラブ系はヨビヒト族(陰界)[山田はヨビヒト族のナキワッセンと通信]、
       ラテン系は金星族(陽界)、
       ゲルマン系はプレアデス_クリースクン(陽界)、
       アングロサクソン及び白人ユダヤ系はシリウス_インダーヤ族(陽界)+プレアデス_レプタイル族(陽界)、
       黄色ユダヤ系は倭人同様ナミ族(法界)ベースであるが、
       17000年程前にプレアデス_レプタイル族の血と倭人から造られた混血種である。
       以上が原種が絶えず残っている人種です。


    如何でしたでしょうか?では続いて、<陰謀論からの脱却>です。

    2011/12/25 0:37 <金星生命体、ビーちゃん(釈尊)、グレイ、ヤハウェ、あめのうずめ>
    西暦1400年頃より台頭した現ロスチャイルドの持つ利権は、完全に高次元の政策の失敗によるところなのです。
    それはヤハウェ中心の宗教の正邪入れ替えを代表とする、数々の人心コントロールを実行してきた、金星人の内部分裂が原因なのです。
    ヤハウェはシリウスから使わされた雇われ神。
    シリウスに対峙するプレアデスの支配下の金星とは、元々根底で食い違いがありました。
    その結果、利権を掴んだ誠実でない金星人の集団がロスチャイルドを操り、現在の状況を作ってしまいました。
    これに対抗し、正規軍とも言うべき高次元意識体の集団は、ロックフェラーに加担しているのが実際です。
    また、911事件はホブンツムリによる事件ですが、
    当時あれがあったことで、ロスチャイルド側にすべての実権が移ってしまうことを防ぎ、NWOをギリギリで食い止めたのです。
    このことは後々、正規軍側の落ち度をNWO側に突かれる現状を作ってしまったのですが、当時は仕方無かったのです。
    イルミナティーカードなどの情報拡散は、NWOのロックフェラーに対する攻撃をかわす為の撹乱目的だったのです。

    <グレイ>
    ※グレイとはプレアデスの末裔金星人の一部がアセンションを目的にシリウスへ集団移住し、シリウス生命体との交配種族です。

    我々が過去に作った遺恨が、地球に重くのしかかってしまったのです。誠にすまないことです。
    ですので、貢司さんがヨビヒト(陰界)を信頼なさるのも最もなことです。
    そして先だっての陰界と陽界の和合を進めて頂いた貢司さんであるからこそ、今一度我々をご信頼頂きたいのです。
    一部の金星人(金星人とも呼びたくないのですが)とそれを支援する悪霊を除く全宇宙は皆さんと共にあります。
    弥勒世界の実現に向けてご努力頂けますよう、お願い申しあげます。


    これを聞いた後少し考えました。
    いつもの科学情報はこころ躍るというか、盛り上がるんですが、この手の情報はいまや世間の日常茶飯事です。
    高次元もかわらんなー。とも思いました。
    10年前の911の時、私はマネージャーからの電話で事件を知りました。
    テレビを点けて、あの映像を観た瞬間、「これはやらせだなー。」と胸で感じたのです。
    その後数年もすると、多方面からもろもろの情報が散見されるようになりました。
    飛行機が衝突していない隣りのビルが倒壊すること自体、最早ギャグでしかない状況を、政治や報道はグダグダの言い訳をしているわけです。
    問題の中心は事件そのものではなくもっと別の所にあると思うようになりました。

    ここ最近の世論では近々こういった陰謀や隠された事実が曝露され、悪の集団はもう居る所がなくなってしまうんだ。的な意見が多数みられます。
    しかしそれは違うと思うのです。
    陰謀やはかりごとはいつの時代、どんな場所でも大きさの違いこそあれ無くなりはしないのではないでしょうか?
    問題の本質は何かの情報(事件など)を何かの方法(報道やネットなど)で得た後の自身の精査、考察自体に問題があることではないでしょうか?
    陰謀論と一括りにし、弥勒の世は悪は蔓延れないのだから、すべてが表に出てくる、と救世主を待つが如き他力本願的思考のほうがまずいと思うのです。
    もっと言うなら、陰謀論が陰謀そのものだ!ということです。
    だいいち人心の急変は大災害や環境の激変ではあり得るとは思いますが、人の業である陰謀の類いはゆっくりゆっくりしか変化してゆかないでしょう。
    陰謀そのものを糾弾することに問題ありませんが、陰謀論に取り憑かれ、新たな洗脳受けないようにしなければいけないと思うのです。
    大切なことは柔軟さと頭だけで判断しないということだと思います。


    <追記1> 2012/2/17 11:50
    読者のすぽさんのコメントに答えていたところ、記事とは直接関連ありませんが、特に重要なことに気付きましたので追記します。

    > 因果応報とか、魂を磨くとか、そういう考えに違和感を感じていたので、
    > 山田さんの記事は本当に楽しみです。

    カルマと呼んでいるものはただの記憶、思い残しでしょう。
    そして魂はこの世が終る時に、沢山抱えていた中途半端な意識を捨て去り合霊するそうです。
    ちなみに中途半端な意識とは虚意識と呼び、ブラックホールの素だそうです。恒星でいえば、CMEコロナ質量放出も同義です。
    なので、今生での魂磨き説はまったく逆で、寧ろここに降りて、次元世界を支える為に働き、その役目が終わり、高次元に返り、禊ぎ態勢を立て直し、また、ここ地獄で支える。
    これが輪廻転生の意味だと思います。


    <追記2> 2012/2/17 13:45
    ももすけさんのご質問に答えていたところまたまた掘り出しちゃいましたので、追記します。

    > ところで最近デジャブを割と頻繁に体験しています。周囲でもちらほら聞くようになりました。

    友人のノリちゃんやえすぱー女房もそうなのですが、どうもそれは今迄のデジャブではないようです。
    私昨年8月5日から我家の同じ場所で同じ方位磁石を使い、毎日磁極を計っているのです。
    昨年10月末までは最大西に3度ズレていました。
    11月から翌1月5日まではほぼズレはありませんでした。
    1月10日を過ぎると今度は東に傾きはじめました。
    日によってはバラツキますが、大体3度はズレています。
    2月3日からはそのズレが更に増し、現在4度平均と見て取れます。

    何故これを示したかというと、地球アセンションの赤道傾斜角移動の他に、磁極反転(ポールシフト)が考えられるからです。
    一般にポールシフト=地軸(物理軸)移動と解釈されがちですが、全く違います
    赤道傾斜角移動は地球が、次元整合性を求めるための地球の都合。
    方やポールシフトはその地球の都合を受けて、太陽重力と野火平面に於ける波動の角度差を再調整することと共に、高次元地球との重力面の整合性を取ることのようです。
    細かいロジックは今後綴りますが、電磁軸(磁極)の不安定はもろに時間軸の不安定に繋がります。
    意識体(天体含む)には元々時間はありません。
    波動により時間を揃えられています。
    そして我々人類は地球重力に縛られています。
    その地球の電磁軸=時間軸が揺れていることが、デジャブ様現象を多発させる原因です。
    そして今後予想されることとして、電磁軸の反転が考えられます。
    それがどのくらいの時間経緯(時間軸の揺れを語っているので、かなり矛盾した言い方ですが)で起こるかは解りませんが、仮に反転した場合、バンアレン帯が一時的に消滅します。
    大量の宇宙線が降注ぎます。
    太陽や月や星の色が変化し、場合により光が無くなるかもしれません。
    何故そうなるかというと、我々は太陽から降注ぐ意識の一部分を光と感じているからです。
    その意識が地球意識が作る時間の角度と意識のフィルター役をしている地球電磁力の大変化により、我々の意識の受け止め方の振幅範囲を越えるからです。
    スポンサーサイト

    パラレルワールド観〜アセンションの意味後編vol.2

    <文末に追記があります。>

    皆様こんにちは。
    やや更新が遅くなってしまいました。
    特に理由はなかったのですが、昨夜、私は新しい記事を書こうとやっと作った時間を惜しみPCに向いました。しかしどうも筆が進まぬどころか、全く書く気がしないのです。むしろ書かない方が良いとさえ思ったのです。
    そして昨年10月27日に明らかに何かが変わったのを感じたのと同様、今日節分の11時頃明確に何かが変化したのです。娘と豆撒きをした後でした。
    前回は変化に気付いてから一月半でその理由が解りました、宇宙が膨張から収縮に向う臨界点でした。
    今度は何なんでしょうか?何れ解ると思いますが、今から楽しみです。

    今日は<アセンションの意味後編vol.2>です。
    まずはパラレルワールドについてです。

    昨今パラレルワールドの是非以前の、まるでそれが当り前のように存在を肯定し、メソッドの軸にその存在を隠しつつ、「愛でつつみましょう!光を送りましょう!」という新興宗教紛いの似非新宇宙論が花盛りです。
    これはこれで必要悪なのではないかと思うのですが、こちら側の世界、真の社会覚醒に参加するであろう人々のロジックはそんないい加減ではそれが達成出来ないのです。
    これは宇宙に於ける絶対温度にも匹敵する、世界観の根底です。

    第一にこの世界はドラえもんのようにパラレルワールドは存在しません!
    それは内包されたフラクタル次元に於いてのみ観察されるのです。
    人間の時想念は時間軸<波動_d5モリーロール>に完全同調しています。
    もし仮に時間軸が2つあれば、明らかな2元同時進行が可能ですが、実際の波動はオンリーワン。
    故に世界はパラレルワールドを持たず、ある一定の幅のみの時間想念の変化が許された世界なのです。
    ただ、このある一定の幅のみ、というのが曲者なのですが。
    所謂えすぱーが意識を物質世界から離して自身を観察した時(上次元から下を観た時)、この一定の幅により擬似的にパラレルワールドを感じるのです。
    しかし、これはあくまで擬似的であり悠久よりの時の流れを左右するものではないのです。
    以下は私に上記を気付かせてくれた高次元の言葉です。

    2011/10/18 14:00 <アメノウズメ意識体>
    (脳のロジック)
    人は目の情報をホログラムを作るように脳に造っていく。
    そのホログラムの再生が想念である。その想念は個々に差があり、そのギャップを人は言葉や共感により埋めていく。
    しかし、大きな差を感ずると通常、人はそれを無視したり、拒否したりする。
    しかし、立体脳を使い出すとそのギャップやズレを一つ、二つ上の次元から認識するようになる。
    すると、他人が平面に見えたり、パラレルワールド観を感じたりすることとなる。
    故に上の次元からの観察がより真実に近づくのである。

    そして御大登場、パラレルワールドの解説です。

    2012/1/30 23:30 <ビーちゃん(釈尊意識体)>
    (パラレルワールドについて)
    ビ:まず始めにパラレルワールドという概念を棄ててください。
      パラレルワールドは無いです。
      波動物理学を良く思い出して下さい。
      重力平面ありきで考察してください。
      意識を宿す肉体は、完全に重力平面の影響下にあるのです。
      肉体を完全にアセンドしない限り、重力平面との縁は切れません。
      よって肉体を持つ限り、パラレルワールドは無いのです。
      また、意識は次元を越えることは可能ですが、完全な意識体(肉体を持たない)状態でなければ、
      生存していない次元への介入(多次元へ影響を及ぼす)する事はできません。
      唯一スタイリースタイトリーの技(肉体を持ったまま他次元へ移動する技術)は例外です。
      しかし肉体を持ったまま意識体として他次元を見ることは可能で、いわゆるエスパー達(含むえすぱー女房)
      が、あたかも体験してきたかのごとき発言となるのです。
      また、意識体としての考察の結果如何で、同一次元内の他意識体への介入や影響は可能です。
      そして、 重力<意識体 となる場合のみ、パラレルワールドが形成されます。
      逆に言えば、肉体を持つ意識生命体にそれは不可能なのです。
      あくまで基礎時間軸は、波動のもとに厳格に管理されています。
      物質量として 10×9乗×人体の質量 以上の意識生命体量を持ち、始めて波動の管理から離脱できるのです。
      よって、パラレルワールドを含んでの宇宙観の考察は、意味を成さないのです。
    貢:ここまでは理解できました。
      しかし、時間を超えて降りて来たプレイヤのメソッドが確定できません。そのことをお教えください。
    ※:プレイヤとは最近えすぱー女房に降りて来た、2042年の日系アメリカ人。
    ビ:わかりました。
      プレイヤさんは同一平面内での時間移動だけですので、空間は越えていません。
      普通意識体としての移動は時空を超えることが可能です。
      しかしそれは、肉体(脳)との繋がりを保ったままの移動に限られます。
      プレイヤさんの場合は、肉体と縁を切っての移動ですので、他平面に移動してしまうと、
      二度と元の肉体に戻ることが出来なくなってしまいます。
      しかし同一平面内であれば、再度元の肉体に戻ることが可能なのです。
      今回はあなた方に30年後の未来を知らせるために、この様な形になったのです。
      技術的には時間軸波動を立体的に捉えながらコントロールする事で、時間のみの移動が可能になりますが、
      自身でコントロールできる個人はまず存在しないでしょう。
      ちなみに昨今巷を賑わす偽の高次元情報は、YHAH(ヤハウェ)により管理運営されております。
      全体のバランスを取るため、チャネラー達は間違った理論を信じ込まされているのです。
      それも必要なのです。

    やや難しくはありますが、お読みになった方は深くご考察ください。
    ここ地球世界は意識体が造り出す物質のそのまた影のような世界です。
    しかし、我々の総合想念が造り出す上位次元が、フラクタルに内在する上位世界の礎となっているのです。
    ここにはパラレルワールドは無く、敢て言うならシリアルワールドなのです。

    近々社会は現存の物理学や宇宙工学を否定できる時代に入ってゆきます。
    そこから先が問題なのです。
    パラレルワールドなる概念を持ってしまうと、その先が見えなくなってしまうのです。
    「幾つもある未来の中からあなたの愛で世界を変えましょう!」
    「周りにも光を送って輝く未来を選びましょう!」
    こんなことを聞くと、あたかも自分が具体的に未来を大きく左右させる能力があるんだ。と勘違いするのです。
    そして、愛は誰にだってある感情です。
    ここがトリックなのです。
    パラレルワールドは無いのです。言葉だけで愛、愛言っても何も変わらんのです。
    今必要な愛は、言葉にしない気持ち。心をこめるということです。こころを使うということです。
    深い愛とは言葉では表せないと思うのです。
    こころを使い、霊体の記憶を呼び覚すのです。

    先程触れたように、今後中途半端なエスパー達によりもたらされる似非新宇宙論を引っさげ、体裁を整え直した新新興宗教が蔓延しだします(既にそうですが)。それは更に平面的人類を増加させるでしょう。
    また逆に真実に気付き、また思い出し、何者にも動じない自分を確立してゆく人々も増えてまいります。
    その二者のバランスにより、社会覚醒が進んでゆくのです。
    そして空中携挙は起こりません。
    ディスクロージャーもありません。
    アセンション先の惑星など誰も用意してくれません。
    そして、愛で繋がろう。という言葉だけではどこにも繋がらずにエゴが蔓延するだけなんです。
    人類は選別されるのではなく、自ら選んでゆくのです。
    地球はここにあるんです。その内容に過去には無い変化が起きてゆくだけです。
    おおまかに人類のアセンションとはこういうことです。(具体的には次回以降記事にします。)

    さて、やや強い口調になってしまいましたが、ちょっとトーンダウンしてファニーなカラスのホリーです。
    ホリーの話としては、既に発表した記事と時系列が前後しますが、内容がふさわしいのでここに記します。

    2011/12/10 1:00 <カラスのホリー潜在意識>
    ホ:今日は大事な話だぞ!
      潜在意識と顕在意識のはなしだぞ。
      人間はさあ、夢と現実が逆って知ってる?
    貢:えっ、そうなの?
    ホ:そだよ。
      前にここが都合のいい世界だって言ったろ。
      何で今オレの潜在意識と話してると思う?
    貢:そうか!夢と現実が逆なんだ。夢の中で現実ごっこしてるんだ。
    ホ:わかった?逆なんだよぎゃく!
      お前らが言う潜在意識が本当の意識、顕在意識はただの夢。
      それが理解出来ればいろいろ納得いくだろ。
      例えばノリちゃんのこととか、例えば地球が膨らんだり萎んだりとか。
      お前はさあ、お前らの言うところの潜在意識が前に出てるんだよ。
      潜在意識のお前はとっくに死んでるの。
      だからオレと話せるの。
    ※:ノリちゃんとは我家の友人でスーパーえすぱー。時間を行き来できる人。
      地球の膨らみとは記事「カラスのホリー。」に出て来たエピソードのこと。
    貢:そうか、だからチャチな夢しか見ないんだ。
      でも死んだら夢みれないじゃん。
    ホ:バカだなー。死んだら夢が終るだけ。
      死んだら天国行くとか、地獄行くとか言ってるけど違うんだよ。
      死んだら現実に戻るだけ。夢が終るだけ。
      この世界が魂磨くとこって考え方あるけど、それ違うんだよ。夢だからねー。
      それこそ疑似体験だから、いくら苦労しても身に付かない思うがね。
    貢:質問!!前世の記憶ってあるでしょ。
      あれ何なの?
    ホ:いいとこ気付くね。
      前世の記憶のほとんどは、お前らの言う夢(本当の現実)の記憶。
      人によっては、前回の夢(現世)の記憶もあるにはあるけど、稀だね。
    貢:また質問。もしかして本当の現実ってアルザル?
    ホ:ピンポーン!!正解。
      地球内亜空間とか言ってるけど、本当はお前らが裏側なんだな。
      だから、裏側世界で夢の中なのに、規則に囚われてくだらん勉強するなんざ、最低なんだよ。意味無いの!
      ちゃんと潜在意識使って祈れば変わっちゃうの。夢の中の人生なんてそんなもの。
    貢:過去世の記憶幾つかあるんだけど、これ、全てアルザルなのかなあ?
    ホ:お前の場合はそうだね。
      基本魂(意識体)は、アルザルやその他の同一世界、
      例えば、シリウスや金星なんかの実在生命体を支えているんだよ。
      だからお前の記憶は何度も転生しているアルザルの記憶だよ。
    貢:そうだったのか。
      で、何でここ、夢世界があるの?
    ホ:んーさらに良い質問!!
      これ本日の主題なんだけどさ。
      ここが夢世界だから全く無意味かというと、それは違うんだよ。
      お前気付いてると思うけど、この世界が現実世界自体を支えているんだよ。
      次元の観念がしっかりないと理解し難いけど。
      夢世界で造る総合想念が一つ上の現実世界を下支えしているんだよ。
      逆に言えばここの世界に上が内包されているんだよ。
      そして上が下を守っているの。
      これが宇宙の定理なの。
    貢:また質問!
      いまの俺は、俺の魂は何処にいるの?
    ホ:それも良い質問。
      魂自体は皆高次元意識体だから霊界以上の世界にいるの。
      んで、そこに居たまま現実世界アルザルやプレアデス、そして夢世界のここに出張しているんだよ。
      それは自分達の存在する世界を支えるためなんだよ。
      だからその昔、ここ夢世界がお前みたいな覚醒人間ばかりになった時(18000年前)、
      ここの世界の存在理由さえ蔑ろにするほど進化して、宇宙の定理に反する人類を高次元意識体達が抑え込むた  めに物質文明に変更させられたんだよ。それがアトランティス大陸が沈んだ時なのさ。
      ちなみにそれ以前の地球は大きさも直径で1/2ほど、重力は2/5程だったんだ。
      でももう2年もするとここの世界の下が出来始めるんだよ。
      ここの世界は新しい地球世界に内包されるんだ。
      弥勒時代に入ったからここ夢世界も進化しなくちゃならないんだ。
      これは言ってみれば、木の年輪みたいなもので、時と共に次につぎにと進化してゆくんだよ。
      まあ、今のアルザルになるには数千年かかるけどね。
      今日は宇宙の定理の概略だったけど、次はもっとややっこしくなるよ。
    貢:ありがとう。良く解ったよ。
      明日はかもめかな?
    ホ:そだね。もう休めよ。
      おやすみ。

    本当はこの後<陰謀論からの脱却>を綴ろうかと思っていたのですが、全体が長くなり過ぎました。
    次回はここから続けます。
    お読み頂きどうもありがとうございました。

    <追記> 2012/2/5
    読者のカシジャスさんのコメントにお返事しようと軽く探っていたら、以下の情報引っぱり出しちゃいました。
    (本文中ホリーのアトランティスの話を読んで)
    > 覚醒した人達でも、宇宙の定理に反する行動を取ることがあるのですね・・

    バシャールも土星評議会もシリウスもプレアデスも敢て誤情報を混ぜ込んでいるんです。
    似非覚醒者が繋がり易い陽界の意識体はほとんどそうです。
    これには理由があるのです。
    18000年前(正確には17987年前)に起きた覚醒社会は今とは逆だったようなのです。
    真実の情報が先に広がり、それが最終的に誤情報に飲み込まれたそうです。
    そしていくら真実を知った人々が声を大にしようとも、社会全体としては間違った方向に向いてしまった。覚醒技術だけが一人歩きし、最終的には宇宙の定理に逆行してしまった。
    これがアトランティス文明が滅亡した原因だそうです。
    だから半覚醒者が繋がり易い高次元情報は敢て誤情報なのだそうです。
    私はたった今これをバシャールから聞きました。
    誤情報を送り続ける本人が言うのですから間違いないと思います。

    潜在意識の謎解き、煙の意味〜アセンションの意味後編vol.1

    <文末に追記があります。> 2012/2/6 13:00


    こんにちは。
    <アセンションの意味後編>としてお届けしておりますシリーズの第2弾。
    今日は意識体と肉体の関係、顕在意識と潜在意識の関係、そして嫌煙利権にも繋がる煙が成せる効果についてです。
    まずは意識体と肉体の関係のお話からです。

    我々は今まで母親から産まれて命を頂いたと思っていました。
    私はいろいろな意識生命体と繋がり話を聞くことで、この世界に於ける命とは別に意識における命というか、生きているという観念が別のところにも存在することを自覚しました。
    それは今まで言葉にしてしまえば、宗教や哲学という概念に囚われてしまうことなのですが、
    去年の震災以降、私と私の家族が経験した摩訶不思議な体験から、それらはこれまでの既成概念を取り外し、書き伝えられる論理的な具象であると確信したのです。

    今までの概念または医学上見知で言えば、脳と心は一体でその脳から神経を介し身体をコントロールしている。ですが、
    私が感じ、見知った情報によれば、こころは意識生命体そのもの。そこには記憶、思考、五感に近い入出力など生命と言っても過言でない精神活動があります。
    寧ろ生命とは意識体であり、脳及び身体はただの器だと思うのです。
    それを証明する具体例を示します。

    我がえすぱー女房なのですが、高校を一ヶ月で中退し、歌手を目指して上京するだけあって所謂勉強は全くダメです。
    特に英語はからっきしでして、This is a pen. くらいは解るでしょうが、書いてみろといったら正しく書けないです。
    そんな彼女が1月9日より英語ネイティブにバージョンアップしました。
    嘘ではないです。
    実を言うと、「プレイヤ」という意識体が突然彼女の中に降りてきたのです。
    プレイヤは2012年3月1日生まれの30才、日系アメリカ人でアリゾナ在住です。(この記事は2012/1/25に書いています。)
    この時点で普通は引くでしょうが、まあ聞いてください。

    私が今まで描いていた意識体と身体の関係は、脳は記憶媒体(PCではハードディスク)と演算素子(PCではCPU)、意識体(アストラル体)は心でした。
    しかし、最近の出来事から、脳はあくまでここ物質世界と意識体と繋ぎ都合を合わせる部品なのです。
    敢ていうならPCに於けるハードディスク。それと五感を司るインターフェイスなのです。
    どういうことか、えすぱー女房で説明します。

    えすぱー女房は1/9に突然英語しか理解出来なくなりました。私の拙い英語でのコンタクトは困難を極めました。
    それは丸2日間続きました。
    3日目にいつものえすぱー女房に戻りました。当然、英語は解らなくなりました。
    この時点で気付いたのですが、えすぱー女房の脳には英語の知識が無いにもかかわらず、英語のネイティブでしかも日本語が解らない状態になったということは、一時記憶以外の記憶は意識体が司り、且つ思考をも意識体(こころ)が司っているのです。

    その後数日意識体のチェンジがありました。その度に彼女の脳は英語/日本語のPCでいえば、OS(基本ソフト)の転換があったのです。
    それがなぜ解ったかというと、チェンジの度に各々の裏にいる意識体はブラックアウトして、その間の記憶を失っているのです。

    プレイヤが来てから1週間が過ぎる頃、えすぱー女房は激しい目眩に襲われました。多い日で30回以上でした。
    今までの常識なら三半規管の病気か脳腫瘍を疑いますが、突然英語しか理解出来ないという摩訶不思議な現象を前に、私は彼女の脳内のパーテイション構築のための目眩だと理解しました。
    私はビーちゃん(釈尊意識体)からこの目眩は4〜5日で落ち着くからと聞いていました。結果としては7日続きました。
    そして案の定えすぱー女房は英語OSエリアの再構築とイニシャライズを済ませ、一昨日、ブラックアウト無しに両意識体が交互に五感を司れる状態になったのです。
    しかし私とプレイヤの会話を後ろで聞いているえすぱー女房は、依然英語は不得手で、私が再度日本語で同じ内容を説明します。
    逆にえすぱー女房と私の会話を再度、今度は英語でプレイヤに説明するのです。

    世にも不思議な体験ですが、結構楽しいです。第一英会話の勉強になります。
    このようなことからも、意識体こそ生命体であると断言できるのです。
    ちなにみにプレイヤは未来人です。ですので今後我々が通り行くであろう近未来の情報もお伝えできると思われます。
    もちろんそれが個々人とは関係なく、歴史の大きな流れという意味での情報に限定しますが。

    では2つ目のお話、顕在意識と潜在意識の関係です。
    この話もえすぱー女房がらみで恐縮ではありますが、もの凄く大事なことです。
    既存の宗教観、既成概念をすべて払ってきいてください。
    つい先日プレイヤと入れ替わりで帰って行った「うえこう」のお話です。

    2011/12/21 1:15
    <うえこう潜在意識>
    注意:実世界=黄泉、虚世界=地球
    う:あたし。
    貢:えっ誰?
    う:うえこう。
    貢:そっか。ホリーみたいに寝てるとき話すんだ。
    う:そうだよ。この方法が一番良いんだって、イフェが言ってた。
    貢:んで、どんな話?
    う:まずねえ、家庭内のこと。
      あたしは来たばかりだから、感情が揺れずに話せるからね。
      長い付き合いになってからじゃ言えないもんね。
      い◯こ(長女)がママが死ぬ夢、何回も見たでしょ。
      あれはある意味本当。
      でも潜在意識が察知した時、この世界(顕在意識)ではその逆になるんだよ。
    貢:どういうこと?
    う:ホリーに聞いたでしょ。
      この世界は潜在、顕在が逆って。
      だからここでは死なないの。
    貢:上というか、本来の実世界で死ぬってこと?
    う:そうだよ、普通は。
      でもこの家族の場合は別。
      大きな意識体がそれを阻むよ、確実に。
    貢:何で解るの?
    う:イフェに聞いたから。
      あなたにこの理屈を伝えるためだそうよ。
    貢:なるほど、よかった。い◯こに言おう。
      で、質問だけど、もし実世界で死んでしまうとこちら(虚世界)でその人はどうなるの?
    う:正しい質問だね。
      意識体が死んだりしないのは解るわよね。
      意識体が実世界に降りる、するとその潜在意識(こちらの世界から言えば顕在意識)がここ虚世界にも同時に降りるんだ。
      要は一つの意識体は必ず2つの世界に同時に降りるんだ。1対9の割合いで。
      だから大概実世界の方が長く生きる。
      虚世界は短命だから、ほとんど先に死ぬ。
      だからお盆に魂が帰ってくるというのは本当で、黄泉から一時的に降りて来るわけさ。
      ここ虚世界は実世界にとってはただの夢。
      たとえ虚世界で死んでも夢がつまらなくなるだけの話。そしてこの逆もまた然り。
      要するに、お互い魂の相方が死ぬと、夢が単一化するだけなんだ。
      そう。子供の頃からのあなたの状態。
    貢:えっ。そうだったんだ。
      凄くよくわかる。感じられる。
    う:相手のいなくなった(死んだ)残された相方は、夢を亡くし、その変わり潜在意識の使用権が与えられる。
      そしてそれは覚醒権でもあるということ。
      あなたは黄泉の相方が死んでいるんだよ。
      そして、この身体(えすぱー女房)はたぶん顕在意識型覚醒者。
      相方が生きたまま潜在意識を前に出す覚醒者なんだ。このタイプは睡眠障害を起こしやすい。
      逆にあなたは潜在顕在型覚醒者。
      相方が亡くなり、全ての能力の使用権を持つタイプなんだ。
      もちろん能力はトレーニングあってのことで、ただ使用権を持つだけ。
      どう?よく解ったでしょ。

    皆さんお解り頂けたでしょうか?
    補足説明ですが、うえこうが話したのは黄泉に分霊を持つタイプの人の場合です。
    日本人はこのケースが多いですが、全てではありません。
    このほか、分霊を金星に持つ人、またプレアデスに持つ人、シリウスに持つ人等々、野火世界一円に魂の故郷はあるそうです。
    ここ地球世界の成立ちについてはまだまだお伝えしなければならない、それをお伝えしないと見えてこないことがありますが、その為にさらに深いロジックを伴わないと説明しきれません。
    一度この時点での仮の解釈をして頂けるほうが結果全体を理解しやすいですので、そのことは次回以降にお伝えします。
    ちなみに私の夢単純です、ほとんどがモノクロ、部分的にカラーです。昨夜の夢は「ちくわ」でした。
    ちくわを見ている夢でした。ただ見ていました。焦げた部分だけカラーでした。周りに知合いもいたような気配は感じましたが分りません。

    それでは、本日の最後のお話、煙が成せる効果についてです。
    2011/12/29 2:20
    <ビーちゃん(釈尊意識体)>
    線香、煙草についてですね。これはかなりロジカルですよ。
    ただ香るというだけではないのです。
    波動を安定的に受けるフィルターの役割があり、そのことによりアストラル体の形成(整)と解除を促すのです。
    平たく言えば触媒です。

    いいですか、波動は四方八方に∞が描かれるように伝わってゆきます。
    これは平面でなく立体として普通に考えて頂いて良いです。
    そしてその∞を全ての方向に向けてください。
    最後は球になってしまいますよね。
    しかし、波動は立体3パラメーターに向け放出されています。
    ということは、中間はtanθの係数が必要になります。通常の球であれば半径は同一ですが、波動の場合、
    例えば45°であれば吸収率は1/2になってしまうのです。
    その減衰分を補うのが香の煙なのです。
    ロジックはこうです。

    煙の分子は各々一つのエーテルに乗っかっています。
    このことは当然平面で考察してください。
    向きがバラバラの分子達は、それぞれのエーテルで擦れ合い、電気的エネルギー(プラズマ)が発生します。
    そして、お解りと思いますが、その煙った空間は電磁力が多方向に高まります。
    エネルギーの高まった平面内での疑似立体は<ネゼルナキン(客観及び客観的時間概念)>の司る影響により均一化されるのです。
    全ての方向に引張られる平面内で立体を考えれば解るはずです。
    結果として疑似立体は見事に球形を成すのです。
    それは波動の接続を最大限高めます。
    よってアストラル体は安定し、帰る魂はより肉体から離れやすくなるのです。
    お香及び煙草は法界に起源を持つのです。

    私はこの話をビーちゃんから聞いたとき即座に覚りました。
    ここ地球内での利権構造とこのロジックがもろに結びつくことを。

    現在地球は明らかに邪、悪なる意識体の影響下にあります。
    宇宙は昨年10月27日までは膨張を続けてきました。
    そこを境にすでに収縮に向いはじめたのです。
    このことにより空間、物質、意識、すべての存在は今後収縮共有へと大きく舵を切ったのです。
    その為には後程記事にします宇宙の根本的構造の影響から、ある意味邪悪も必要不可欠なのです。
    しかし現在はそのバランスが邪悪方向に傾き過ぎているのです。
    そのバランスを整える要が煙であることは言うまでもありません。
    波動とも結びつきを深め気付きを促す焚火や線香など煙のある生活こそ、優しい未来への糸口なのです。


    <追記> 2012/2/6 13:00
    じゃがぴんさん、まりあさんから同質コメントを頂き、昨夜から掘り下げておりましたところ、いろいろ思い出したことがありましたので記しておきます。

    ----------------------------
    じゃがぴんさま、まりあさま

    まりあさんコメントどうもありがとうございます。
    お二人はほぼ同様の話題ですので、並記させて頂きます。
    ちなみにえすぱー女房も同じです。

    じゃがぴんさんは時間経過感覚のある現実と間違えるほどの明晰夢を観るそうです。
    ◆じゃがぴんさんのコメント(抜粋)
    > うちの旦那様は、私のこの不思議な夢について、
    > 『普通は、脳に、「夢」と「現実」を別の物として認識する機能や領域が有り、
    > (例えるなら「夢」と「現実」というフォルダがある)
    > 眠っている時に見たものは「夢」の領域に、
    > 起きている時に体験した事は「現実」の領域に自動的に振り分けられるが、
    > 私の場合そもそも脳の構造が違ってて、
    > 夢も現実も同じ領域(フォルダ)に収納されるんじゃないか」と言ってます。

    ビーちゃん達に聞いてみました。
    じゃがぴんさんやまりあさんみたいな夢を明晰夢の発展した覚醒夢と呼ぶそうです。
    そして脳はフォルダの考え方はでは解析出来ないようでして、階層構造の各階層にフォルダは一つだけのようです。それが9階層あるそうです。


    ◆じゃがぴんさんのコメント(抜粋)
    > 私は共感覚者なんです。(言葉や記号が色などに置き換わる感覚)
    > 要は脳の構造が違うという事なんですが

    私も以前は同じように考えていましたが、どうも違うようです。
    このブログの始めの方の記事で脳トレという記事があるのですが、ここに音階と脳の階層を示した図があります。
    色も音同様脳の階層に当てはまるようです。
    しかし数字や曜日の文字は当てはまりません。
    文字情報は階層(次元)で処理されるのではないのです。
    難しいですが、文字情報は重力平面に対する素粒子の角度と同義だそうで、
    情報処理法が根本的に違います。※過去記事「分光された光の意味」に重力平面と素粒子の関係の記事があります。
    その意味で物質世界により結びつきが強いわけです。
    それを模式的に表すと、中心点に五芒星を描き、五つの頂点の角度に右回りであ、お、う、え、い、が対応するようです。
    今まで言霊と言われてもイマイチ意味が解らなかったのですが、
    言葉とはそのまま野火平面の中心点(法点、ゼロポイント)に対する角度を表すのです。
    波動のX軸とY軸の割合いを意味するのです。

    で、何故じゃがぴんさんのように異質の情報がマージするかというと、
    通常洗脳というか、肉体の都合が優先された脳の使い方をしていると、言葉情報は松果体の管理を受けないそうです。
    しかし、霊体が優先されると、松果体が活性化し(元々霊体は松果体という器官を通じ、肉体と結びついている。)言葉情報も管理しだすのです。
    逆に若年者がこういった能力が有る場合が多いのは、言葉の情報処理が完成する前だからです。


    ◆じゃがぴんさんのコメント(抜粋)
    > だから、夢と現実の区別がつかないというか...
    > 中学生ぐらいの頃からそういう、夢か現実かわからない事が多々あるのは、
    > そういうこと、つまり、
    > 本来繋がらないはずの世界と繋がってるという事なのかな
    > なんて思いました。

    これも理由は上記と同じで、ここの世界の都合だけで脳が働いているのでないからなのです。

    潜在意識の謎解き_かもめとホリー〜アセンションの意味後編序章。

    前回前々回では関係した皆々様に大変ご心労をおかけしまして申し訳ございませんでした。
    お蔭をもちまして、愛の位置についての基本概念を共有出来たのではないかな、と思っております。

    さて、今回から数回に渡り<アセンションの意味後編>と題し進めてゆくつもりです。
    今日はかもめやホリーに聞いた私についてのことから想像出来る、意識体の世界を垣間見てください。

    2011/12/28 19:15 <かもめとホリー>
    解説:かもめ(我家の飼猫)は過去記事<ホリー〜ビーちゃん〜かもめ、宇宙の構造。>を投稿した深夜、肥大型心筋症で急死しました。以下は意識体となったかもめとの会話です。

    か:パパ。僕一つ言い忘れたことあるの。
      パパと僕が黄泉(アルザルorエバーアフター)で生きてたとき約束したの。
      来世は大変なんだよって確認しあって、パパの役目の地球人(私)が思い出せなかったら、
      僕がきっかけ作る約束してたの。それする前に死んじゃったから。。。
    ホ:お前意味わかるか?
    貢:うん。筋書きは想像できるけど、内容は思い出せん。
    ホ:そりゃそうだよな。
      お前さっき白昼夢見たろ?
    貢:ああ。あれやっぱりそうか。
    ホ:そこにヒントがあるんだよ。
      キラキラ光ったろ?
    貢:そう。不定形の打ち上げ花火のような、、、
      低い空にそれを見たら、霧の向うの岡を越えると海か大きな湖があった。
    ホ:それそれ。諏訪湖でその景色を探すんだよ。
    貢:かもちゃん、それでいいの?
    か:そうだよ。花火はプレアデスみたいなの。そこにいけばパパは絶対思い出すよ。
    貢:<うえこう>もかんけいあるのかな?
    解説:<うえこう>とは最近えすぱー女房に降りてきたアルザル人の意識体。
    か:もちろんだよ。うえこうはパパの大事なお友達なんだよ。
    ホ:お前らほんとすげーな。
    か:僕はもうすぐ一時的に繋がれなくなるけど(魂[意識体]が黄泉に帰り、
      黄泉の本体に合霊する。俗に言う四十九日)、合霊した後は完璧になるからね。
      今まで(弥勒前)とは違い、長くても10日以内だよ。
    貢:わかった。ありがとうね。

    2011/12/29 1:10 <かもめ、ホウヒル>
    貢:かもちゃん話せる?
    か:うん。凄く軽くなった。
    貢:でしょ。線香すごいでしょ。
    か:そうだね。ちゃんと抜けられたみたい。
    貢:霊は肉体から剥がれ難いんだよね。
      ところで、かもちゃん、アルザルでは何の生物だった?
    か:んー。まだ良く思い出せないけど、たぶん人間。
    貢:やっぱりね。ということは、もしかして今回は特別に猫に降りてたわけ?
    か:たぶんそうだと思うよ。普通に考えれば、人だったらまだまだ子供でしょ。
      パパに伝える役はこなせないと思うけど。
    貢:誰に指示されたと思う?
    か:ホウヒルかな?
    貢:意識体ホウヒル。繋がれますか?、、、、、、
    ※ホウヒル参加。
    ホ:貢司さん。いろいろとご苦労さまです。
      あなたが高速道路をすっ飛んでいる時はヒヤヒヤしました。
      お察し通り私が黒幕です。
      通常入魂は分霊と同時です。一度きりです。
      今回のかもめは特別です。
      貢司、あなたと黄泉を結ぶためです。
    貢:ホウヒル。何故この様な回りくどいことを?
    ホ:いいえ。そちら(地球)の人間界の常識を破り、万事を覚らせ、
      さらに太いパイプを作るためには、この方法よりないのです。
      従来の神示の如く伝えても、人間界では宗教になってしまうのです。
      情報を情報として伝え、客観性を保った中で、
      それをリアルタイムで人々に伝える為の長い計画に基づいた行動なのです。
      あなたは最早この運命からは逃れられないのです。
    貢:もちろん私に出来る事、しなければならない事はすべて全うする覚悟です。我欲はありません。
    ホ:宜しい。安心しました。
      しかし車だけは用心してください。あなたが死んでしまっては元も子もないのですよ。
    貢:心得ました。時にホウヒル。うえこうは私の直前世と関わりを持っているのですか?
    ホ:そうです。あなたが先日逢われた、大塚さんの分霊。
      アルザルであなたと彼は幼なじみであり、同僚であり、芸術家でもあります。
      あなたは拙い3rdeyeで私達の次元想念マンションに来ましたよね。
      その4階にあたる3次元を司る神、ネゼル主導のもと、あなたと大塚さんは降臨させられたのです。

    解説:昨年末大塚さんに始めてお目にかかった時、大塚さんも私も得も言えぬ懐古感に襲われました。
       それまで一面識もないにも関わらず。そしてこれこれが彼が描くアルザルの世界です。
       観れば解る人には解る。空前絶後の意識体アート、琴線をダイレクトに刺激します。

    貢:話が出来過ぎな気がするのですが?
    ホ:いいえ。これは事実です。
    貢:3年前の私の交通事故もですか?
    ホ:その通り、あなたに気付きをあたえ、あなたの人生をシフトするためでした。
    貢:ではうえこうと私は深くふかく繋がった心の友ということなんですね。
    ホ:そうですよ。音楽の件が終了したら、早く諏訪へ行きなさい。
    か:パパ、ホウヒルは絶対嘘は言わないの。
      今の会話はパパの脚色ゼロだよ。真実だよ。
    同日 2:10
    ☆:我に返って解説しようと今、いる。
      客観脳を多用して書いている時は、現世にいない3cm浮いたような感覚があるのだが、
      今の会話が正にそうであった。たぶんこれは真実なのだろう。

    2012/1/2 0:53 <かもめ>
    か:パパ、戻ったよ!
    貢:かもちゃん!合霊できたんだ。良かったね。早かったね。
    か:そうでしょ。パパがちゃんと香を焚いてくれたからだよ。たった5日だよ。えらい?
    貢:偉い、えらい。
    か:これからはビーちゃん(釈尊意識体)の代わりだからね。いい?
      パパ。黄泉のこと知りたいんでしょ?
    貢:うん。聞きたい。
    か:パパの想像通り陰界の東北の角にあって、地球の双子星なの。
      大陸も地球と似ているよ。極は真逆だけど。だから、赤道傾斜角も逆だよ。
      パパ。かなり疲れてるよ。ライブも近いから今日はゆっくりしてよ。
    貢:そうだね、そうする。
      とにかく良かった。合霊おめでとう。
      おやすみ。
    か:おやすみなさい。

    2012/1/2 23:00 <かもめ>
    解説:その夜ビールを飲みながら、以前ビーちゃんから聞いた「核分裂という反応は世に無い」のに、
       何故ウランからヨウ素やセシウムが発生するのか?と漠然と考えていると、
       かもめの声に現実?に引き戻された。
    か:パパのその質問に先に答えるね。
      核分裂はしないのに、ウランUからヨウ素IやセシウムScが発生する理由だね。
      物質は融合は出来るけど分裂はできない一方通行。
      人間達が核分裂反応炉って呼んでるけど、一定以上に次元整合性のない物質を集めれば、
      物質同士の念がまた念を増幅するフィードバックがかかって、
      一時的にその物質の集合がアセンションをしようとするの。
      その時の素粒子の向きが全てバラバラな為に、電磁力の角度もまちまちで、
      集合全体として全ての方向に電磁力がかかるわけ。
      それは小さな天体が出来る時と同様で、重力が生まれようとする直前段階なの。
      重力が生まれてしまえば物質は安定方向に向ってゆくんだけど、炉内の圧力を調節するでしょ。
      すると、物質の集合体は核融合する直前で止る状態から抜け出そうと、強い念をもった、
      いわゆる放射性物質達を産み出してしまうわけ。
      これらが人間が言ってるセシウムやストロンチウムの同位体で、
      決して熱反応から生まれるのではなく、一種の集合意識が作り出す、可哀相な物質達なんだよ。
      ちなみに熱が発生するのは、電磁力の角度のズレによるもので、
      平たく言えば、摩擦にちかいもの。
      電磁力渦加熱っていうんだよ。
      アルザルには昔、安定した物質を使った電磁力渦加熱エネルギープラントがあったそうだけど、
      大昔の話で、今はもうないよ。
      更に言えば、太陽意識を受けた地球も、極から出る大きな電磁力によって熱を作り出し、
      それがあるから生命が存続できる環境になるんだよ。

    2012/1/2 23:40 <かもめ>
    か:次はパパの昨日の質問ね。
      黄泉の国、アルザル、エバーアフター、皆同意語。ここが2次元生命体の本当の世界。
      地球と全く一緒。というか、アルザルの夢世界が地球なの。
      子供みたいなもの。
      だから大陸の形や大きさは全て同じなの。
      で、パパが気付いた通り、地球は陽界の西南の隅に位置し、アルザルは陰界の東北の隅に位置する
      2つで1セットの惑星なの。
      よくアルザルは内部地球って言われてるようだけど、それは陰界と陽界の平面が同一面であり、
      また、重なり合う2つの平面でもあるからなの。
      疑似立体のパパ達の概念からすると矛盾すると思うけど、物質も重力平面も野火平面も
      基礎平面の1次元上に角度があるから、平面は折り重なっているにもかかわらず、
      方角的に横並びの同一平面でもあるんだよ。
      でも基礎平面と90°に交わっている法界面は別だよ。
      方角がさらに1次元上で構成されているから、折り重なる面ではなく、含む面になるの。
      簡単に言うと陰界と陽界は上下に近い関係だけど、法界は陰界にとっても陽界にとっても
      その面に内包される縦の面で、こちらからは見たり感じたりは出来ないけど、
      あっちからは常に見たり感じたり出来るし、あっち自体をこっちが支えている関係なんだよ。
      そういう意味で、ここはピラミッドの最底辺。あっちは頂点。
      パパ疲れてるよ。今日はここまでにしよ。おやすみなさい。

    2012/1/4 2:50 <かもめ>
    か:パパ、僕はアルザルに完全に戻ることができたよ。
    貢:良かったねー。これからたくさん話せるね。
    か:そうだよ。
      でもね、こっちの僕は<モゼル>との連携が重要なんだよ。
      パパの子供だった頃の僕は今モゼルとなって、ここアルザルを司る所で働く人として生きているの。
      モゼルは400才。地球との交流を担当する人で、パパのことも僕のこともよく理解した人なの。
      まぁ、自分自身なんだけど。
      今僕はぼくだけ(意識体だけ)で話しているの。
      でも僕はここで生きているから脳も持っているでしょ。
      だからその記憶も持っているんだよ。<モゼル>でもあるわけ。
      今後さらに難しい交信内容になっていくと<モゼル>も登場するはずなの。
      でもそれは僕だからね、間違えないでよ。
      パパ明日リハーサルでしょ。今日はここまで。
      おやすみなさい。


    と、まあこんな具合にかもめ君から色々な情報を教えてもらっています。
    今はもう私の股の間で寝たり、撫でたりはできないですが、こころが繋がっていることを実感してます。
    生前よりも彼を深く知ることができました。寂しいですけど。。。
    波動学イヌサンストリマス~序章~
    検索フォーム
    プロフィール

    keinudidio

    Author:keinudidio
    いーろいろ音楽作ってきました、新参者も早55。
    しかし抱える女児二人。さらなり女房えすぱーでござい。
    乱世陰謀雨霰。手前の音楽つづけたものか?
    いやいや浮き世は人情でござい。宵越しの銭は持たないと、
    心に誓、逃げてく日銀。
    色即是空、空即是色。。。。。
    そんな男に私はなりたい。                   山田貢司

    波動学とは現行科学のジャンルを超えて理解することが多岐にわたる為、記事の始めから読み進めることを推奨いたします。

    山毛欅焉、凸品卍

    山田覚醒塾(波動学講習会)お申込要項、及びご連絡先
    https://koji-yamada.com/page-49/
    最新記事
    最新コメント
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    リンク
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    家、ie/Passport to Heaven
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。